※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2009年 01月 28日
いきなりでした。
b0032921_15164567.jpg









 朝起きたら、体がダルかったので、「はて??」と思って念の為と体温を測ってみたら、38℃超えでした!ビックリ!!! 結構前から確かに喉の調子が良くないとは感じていたけれど、腫れてるなぁと思ってたら、次の日の朝には発熱。アタシの場合、風邪を引いても熱を出す事は殆ど無くて、出たとしたら結構ヤバイ時なのです。

 なので、「インフルエンザかも!?」と時間が経つごとに体に倦怠感を覚え、寒気と暑いのが交互にやってくる中を、頑張って駅まで行って電車で掛り付けの病院へ。もう病院に着く頃には、汗だくで頭は痛くなるわ、熱はやっぱり38℃超えてるわで、頭がボーっとしてきました。

 「この時期、混んでるだろうなぁ...。待つだろうなぁ...。」と覚悟して廊下で椅子に座って診察の順番を待っていると、意外にも早くに診てもらえました。待ってる間に、問診票に症状を書いていたのですが、『倦怠感』を間違えて『怠体感』と書き、自分でもおかしい、間違ってると分かっていながらも、頭がボーッとして直さないまま受付に渡してしまい、それがずーっと気になって、診察時にドクターが、「えーっと。hanacha3さん。頭痛がして、熱も38℃。『けんたいかん』があるんですね。」と、何度も怠体感と書いてあるのを『けんたいかん』と読んでくれるドクターに、アタシは心の中で1人、『あー!絶対に、アタシの事バカだと思ってる〜〜!コイツ、漢字間違えてるよ〜。』と思われてると叫んでおりました。でも、もう頭が痛いやら、体はダルいわで、どうにも抵抗出来ず、インフルエンザの検査をする事に。

 鼻の穴の奥の方まで細い棒で粘膜を採取され、幸いインフルエンザではなく、普通に風邪だったので、薬を飲んで安静にして下さいと言われ、ウチに帰ったのでした。それからは、無理矢理に食事を摂り、薬を飲んでひたすらにベッドで眠るアタシ。こんなに始めから、熱を出したのは初めてでした。珍しい。確かに、この2〜3日、夜寝ている間に、暑くなって汗をかいている感覚があったので、熱を出していたのかも知れません。年を取ったのか、たまたま抵抗力が落ちていた時に。風邪を引いたのか...。

 皆さんも、気を付けましょう。っていうか、飲む薬が5種類って...。多くないかぁ...!?





にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2009-01-28 12:15 | 「私的」語り言
<< ゴホゴホ。 | ページトップ | もふもふ。 >>