※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2009年 11月 02日
藝術の秋
“変わりゆく横浜 みなとみらい”
b0032921_262080.jpg














 ダンナ様が久し振りに行きたいと言っていたので、一緒に行ってみました。曇り空で生憎の天気だったけど、それでも少し蒸し暑くて、周りは半袖の人が多かった横浜みなとみらい。



 久し振りに行った先は、みなとみらいにある横浜美術館。美術館になんて行くのは、いつ以来だろう?記憶があるのは、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムに何かを見に行ったのだけは覚えてるんだけど...。

b0032921_2255650.jpg 『篤姫』を見てたからじゃないんだけど、男の人の性みたいなのか、幕末とか戦国とかあの辺りが好きらしく、ベッドの横にはその手の本とか山積みになってるダンナ様である。今回見に行った『大・開港展 徳川将軍家と幕末明治の美術』の展示の中に、篤姫とか和宮の愛用した調度品や、教科書に出ていた徳川慶喜像やペリー来航の図があったりして楽しかった。篤姫が持っていた薩摩切子の香水瓶はモダンで懐かしい感じで、今の女性とあまり変わらないんだなと思ったり、和宮が使っていた枕とか見てると、春夏用と秋冬用で使い分けてたりして、汚れが付かないように、和紙を枕に巻いて寝てたって書いてあって。今みたいに毎日シャンプーしてたわけじゃないから、それは分かるんだけど、あの高い枕で寝てて疲れないのかっていう事の方が、アタシは気になってたりして。入れ替えで既に展示が終わってたんだけど、薩州桜島真景図は見たかったなぁ。『篤姫』が故郷の薩摩を思い出す時に眺めていた、あの絵。

 他にも色んなのを見ていたら、それなりに時間は過ぎ、外を見てみたら雲行きかなり怪し気。美術館を出て、みなとみらいを少し散策。アタシが東京に済み始めた頃は、この美術館とランドマークタワーにインターコンチネンタルホテル、横浜そごうが東洋一の売場面積だって賑わっていて、みなとみらいにはまだまだ空き地ばかりだったっけって。今じゃタワーマンションが建ち並んで、企業の入る商業ビルもいつの間にか増えて、空き地はかなり減った。昔からの横浜は、大きくは変わってないように見えるけど、ココだけは違う。来る度に何かが出来上がってる。次は何が出来てるんだろう。

 前の日から頭痛が微かにしてたので、多少の雨は降りそうだなって分かってたけど、やっぱり帰る途中の車の中で雨に遭遇。蒸し暑さも当然って納得。今年って暖冬?もう11月なのに、まだ半袖てイケる。季節感、難解になってきた。



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2009-11-02 02:04 | 「私的」語り言
<< 急過ぎます。 | ページトップ | 手抜きと飲んだくれ >>