※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2004年 12月 18日
ほっこりと中国茶の季節。  鳳凰単叢杏仁香編
 すっかり中国茶ネタが続いてしまってるけれど、今週一杯はコレで。他のネタが読みたい人もいるかも知れませんが、夜更かし万々歳の金曜日の夜。もうチョットお付き合いを。と言うのは大ウソで、何をどう血迷ったのか、UP 出来てたはずなのに、削除してしまったのだ!それも2回も!! もう焼けクソの3回目の投稿なのだ!前のを読んだ人、文章が違ってて、ゴメンナサイ!

 何がキッカケで、アタシが中国茶にハマったのか?(唐突に、何だ!)

 結婚して、大好きだった美容部員(略してBA)の仕事を辞め、生き甲斐を無くし、全ての事に戦意喪失していた頃。友達の1人が誕生日のプレゼントに、中国茶のセット一式をくれた。最初は、どう使っていいのか分からない道具が入ってたり、(今見れば、それは茶船。)日本茶を入れる急須よりも、はるかに小さい茶壺を見て、”可愛い”というのとは異なる感情と興味が湧いた。しかし、もらったのはいいけど、使い方が全然分からず、チンプンカンプン。中に同梱されていた使い方マニュアルみたいなのを読んでみた。それがココ、中国茶と茶器のチンシャン QING XIANGのモノだった。

 プレゼントをくれた友達も、別に中国茶が好きなワケでは無かっただろう。デパートとかを回ってて、不意に見つけて買ったんだと思う。仕事が趣味だったアタシは、それ以外の事に、ほとんど興味を覚えるような人間ではなかった。ただ、一度興味を持った事に対しては、自分がある程度のトコまで理解出来ないと、飽きる事は無い。何でもかんでも手を出す性格ではないからだ。(ウチのダンナ様とは正反対。)

 それからしばらくの間、中国茶の事を知らなかったアタシは、中国茶関連の本を読んだり、中国茶と茶器のチンシャン QING XIANGのHPを見たり、インターネットとかを駆使して、段々と理解するようになっていった。でも、知れば知る程、分からない事も出て来て、気が付いたらドップリとハマっていた。それが一昨年の秋。

 中国茶と茶器のチンシャン QING XIANGに企画モノで、『My 茶壺』というのがあった。まだ中国茶にハマリ出したばかりの時は、この企画モノには、タイミングが悪かったのか、ありつけなかった。中国茶では、「お茶の種類ごとに、茶壺を使い分けた方が良い。」って、よく書いてある。それを知ったアタシは、飲んでいるお茶の種類も増えていったから、自然と茶壺の数も必要になっていった。

 去年も、この『My 茶壺』の企画があった。それを見たアタシは、どう気が狂ったのか、3コもオーダーしてしまった。その3コのうちの1コがコレ。鳳凰単叢用に使ってる。アタシの中で、鳳凰単叢は色的に緑のイメージがあって、緑泥でオーダーしたんだ。今となっては、サイズに誤算が出てしまったけれど、(大きめのでオーダーすればヨカッタ。←外国人かッ!)アタシには使い易い形なのだ。b0032921_6595395.jpg ソレで今日飲んでるのは、遊茶で買った鳳凰単叢杏仁香。中国茶にハマり出した頃には、巌茶と同様、自分の好みの入れ方が出来ずに、よく、「渋〜〜〜ッ!」と言いながら、単叢を飲んでたっけ。でも、慣れは怖い。いつの間にか、イッチョ前に好みに入れられるようになってやがる。入れ方のマニュアルみたいのを読んで、「これくらいの量の茶葉を入れて下さい。」の通りにやって、美味しく入れられなかった自分に、腹が立ったりもしたのが、懐かしい。b0032921_70368.jpg



遊茶から購入        
ほうおうたんそうあんにんこう
鳳凰単叢杏仁香

50グラム  ¥2205 




 中華のデザートの王道、杏仁豆腐。この杏仁のような香りが、この鳳凰単叢杏仁香でもするのか?と言えば、微妙だ。(笑。)嗅覚は人それぞれ、違うしね。香りはアタシが感じるには、単叢特有の香り高い、フルーティーさはあると思う。ただ、「杏」はどうだろう。飲み続けていて、しばらく経った時に、「杏か?」と少しばかりするような...。味は渋さを通り抜けた後に、甘さが覗く。まあ最終的には、好きか嫌いか、飲むか飲まないかの違いだけど。

 今年の中国茶と茶器のチンシャン QING XIANGの『My 茶壺』は、オーダーしようかどうか悩んだ挙げ句、結局1コだけオーダーした。今年は大きめで、台湾高山茶用に使う予定だ。来週ぐらいには、届くんだろうな。

 どうも、お茶を飲み過ぎたらしい。お茶請け無しで、何煎飲んだんだろう。何でも「過ぎ」はイケナイ。単叢は飲み過ぎると、茶酔いなのか、胃腸が荒れるのか....。みなさん、気を付けましょう!



追記:来週中に、コスメのネタを1コUP決定!また、コスメの事で、疑問に思う事なんかがあったら、リクエストしてみて下さい。「おおッ!」と思ったモノがあったら、記事りたいと思ってます☆。




人気blogランキング参加中!
 
押してみてね♪
Top▲ | by hanacha3 | 2004-12-18 07:18 | 「お茶」と
<< ほっこりと中国茶の季節。鳳凰単... | ページトップ | ほっこりと中国茶の季節。(弱・... >>