※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2011年 01月 01日
明けましておめでとうございます。
b0032921_4104217.jpg

 明けまして、おめでとうございます。「今年こそ、平穏な1年が過ごせますように。」とお願いした2010年でしたが、年が明ける直前に体調を崩して、お正月の間は何にも出来なかったアタシ。ここぞとばかりに、今年は朝からお雑煮食べて、お酒を飲んで、お正月らしいお正月を過ごしています。今年も変わらぬご愛顧を、よろしく御願い致します。





 その後、何とか復調したものの、やっぱり色々とあって、最終的には新たな能力!?まで芽生えちゃって(笑)、目には見えない何かに憑かれるという経験までし、クリスマスを過ぎて、新年を迎える準備やら買い出しで忙しいのに、朝起きたら前触れもなく喉が痛くなって、風邪っぴきに...(^^;。大晦日には、ゴミの収集は終わったけど、これからなんだよね大掃除、で黒豆を作りながら掃除や片付けをして、やっと迎えた新年 2011年でした。

 実家に新年の挨拶の電話をして、その後は恒例の初詣に行ったのですが、今年は叔父のアドバイスにより、神社に行った方がいいよと言われたのもあって、この近辺の氏神様を祀っている神社へ行きました。いつもは散歩の途中で行ったりしていた神社なのですが、普段は人もほとんどいなくて、ひっそりとした神社。近くまで行っても人と会わなくて、「誰もいなかったりして??」なんて、ダンナ様と話していたのですが、意外や意外、ホントに近くまで行ったら、初詣に来ている人の列が階段の下まであるじゃないですか。やっぱり氏神様なのですね、侮ってはいけませんでした。

 後から後から、どんどん近隣に住んでいる人が来るわ来るわで、どんどん列が長くなってました。初めてこちらの神社に初詣に来たのですが、列に並んでお参りする途中で、「お祓いしますので、4列に並んで下さい。」なとど、キチンとしております。(←失礼な見方をしておりました!スミマセン。) やっと順番が回ってきたら、自分の後ろに沢山人が待っていると思ったら、ちゃんとお参り出来なくて。(汗) 同じ敷地内にあった別の所で、改めて詣でちゃいました。(←大丈夫かなぁ??)

 それからメオトでいつものお神籤を引いたのですが、ダンナ様は久々の大吉を大喜び、アタシはと言うと、まーまーの吉。努力を怠らず、人の言う事に振り回されたり、耳を傾けていれば程よく幸せ...って感じかな。ついでにダンナ様は今年前厄なので、厄の恐ろしさをイヤと言う程知っているアタシが言うのもなんですが、一応前厄だしなと破魔矢とお守り購入してました。「御神酒ををどうぞ。」と勧められたので、風邪薬飲んでたけど、ちょっとだし御神酒だしと頂き、帰宅。普段はひっそりとしている神社だけど、こういう時や場で、きちんと詣で来る近隣の方達の姿を見ていたら、メオト共々ちょっと神聖な気分に。なかなか良い気持ちになりましたね。

 とまぁ。明けて新年2011年。今年初のお茶は、人には言えない私蔵茶。(爆) とあるお茶屋さんの記念で、プレゼントされた物なのです。だから、今は内緒♪。それと一緒に、まだ仕上がり途中な黒豆を。まだ味が染みてなくて、あんまり甘くないんだけど。でも、程々の出来かと...。

 久々にお花を買って、お正月用のアレンジメント。最初は、アマリリスをメインにイメージが湧いてたんだけど、店頭になかったので、無難なマムを使って。パープルピンクのマムとスイートピーに、グリーンのピンポンマムをアクセントにして、カーネーションでバランス。後は若松などのお正月アイテムで。

 大晦日には喉の他に鼻水が止まらなくて、じゅるじゅるしちゃってティッシュを両方の鼻に詰めちゃって準備してたくらい。(←息吸えないじゃん。) まー、それでも何とかイソジンと風邪薬で少し楽になってきてるので、少しの辛抱をしつつ、去年は味わえなかったお正月を過ごしております。

 2011年も、みなさんの益々の繁栄、ご多幸を御祈りつつ、本年もどうぞ宜しく御願い致します。
hanacha3

PCは相変わらず「今夜がヤマダ」状態なので、いつブッ飛ぶのかビビリながら書きました。(笑)



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2011-01-01 02:09 | 「私的」語り言
<< 飲んだくれ | ページトップ | Last night of C... >>