※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2011年 03月 18日
東日本大震災において。
 こんにちは、hanacha3です。変わらずPC環境の悪い中、久し振りにブログのUPをしています。

 先週の今頃、想像もしていなかった、いえ想像以上の地震が関東、東北地方の広範囲で起こってしまいました。私はその頃、ちょうど近所に所用で外に出ていて、信号待ちの時、首都高の真下で地震に遭いました。ゆらゆらと揺れを感じ始め、最初は私の目眩かと思っていたのも束の間、その揺れは大きいなものへと変わり、頭上の首都高が見た事もないくらいに大きく上下左右に揺れ、聞いた事のない音を出していました。

 一体、今自分に何が起こっているのか、考えられなかった。立っている事も出来なくて、歩道にある車止めのポールに掴まって、体を支えるだけで精一杯。周りにいた人の叫び声。いつもならほんの数秒数分なのに、ものすごく長い時間だったように感じました。ただ目の前には、経験した事がないくらいに揺れている地面と、頭上から聞こえてくる首都高のきしむ大きな音。1つだけ想像が出来たのが、阪神大震災の時にTVに映った高速道路の橋脚が折れて倒れていた、あの映像でした。

 そして何とか揺れも収まってきて、立ち上がる事が出来るようになった頃。一瞬、放心状態だったけど、私の周りにいた見知らぬ人同士で、「大丈夫?大丈夫ですか?」と声を掛け合いました。ふと周りを見渡すと、幹線道路を走っていた車は全て停まり、建物の中にいた人たちも、みんな外に出てきました。今、何があったのかと。

 何とか立てるようになって、大急ぎで自転車を走らせて家へ戻りました。その間も、自分に今何があったのか考えられない、まるで夢の中にでもいるみたいな、そんな感覚で。すぐ近くの家に帰る途中でも家に着いた後でも、まだ余震はあり、その度に立ち止まり。そんな中でも頭の中に浮かんだのは、家族や友達のこと。

 主人の携帯は繋がらず、その次に掛けたのは実家。実家の固定電話は繋がらず、急いで父親の携帯に掛けてみると、「津波が来るぞ!って近所で言って来て。今、すぐ後ろに津波が来てるから。逃げてるから!」という声でした。驚いて私も「分かったから、早く逃げて!」と言って、電話を切りました。

 気が気でなかった。何が何だか分からなかった。状況が理解出来なかったので、1時間程経ったでしょうか。TVを取り敢えず点けてみると、地震の後に津波が来たと。

 私の実家は、関東の海沿いの町にあります。実家から海も見え、歩いて10分も掛からずに海岸へ行ける距離。子供の頃には、低い土地のせいで台風で何度か浸水に遭ったのを憶えています。床下床上の浸水になって、近所で各々の家の中に入った雨水をバケツで外に汲み出していた光景を、数十年振りに思い出しました。そんな経験もあったので、実家を建て替える時には洪水が来た時に、少しでも大丈夫なようにと1Fを盛り立てて建てたので、それからは浸水する事も無く、また堤防の建設等もあって無くなりました。

 が、そんな環境になった実家で、今起きているのは台風で起きる洪水などではなく、津波。大地震による津波なんて、それこそ海外で起きたことで、蚊帳の外みたいな感じで、まさか自分の家族があんな事に遭うなんて考えてなかった。父親の携帯と連絡が取れない中、逃げられただろうか?ちゃんと避難出来たのか?それより何より、生きているだろうか?と、気が気でなかったです。

 地震から数時間後、何度掛けても掛けても繋がらなかった父親の携帯がやっと繋がって、体育館のある高台に避難していると。着の身着のままでとにかく逃げてきたので、何にも持ってない状態で、たまたま実家に来ていた東京に住んでいる叔父と東海の叔母と一緒に避難しているとの事でした。これからどうなるんだろう、一体何が起こったんだろうと、情報が取れない中、不安な時間を過ごしていました。津波が来るとの声で外に飛び出した時には、既に自分たちの後ろに津波が来ていて、とにかく大急ぎで走っで逃げたと聞かされました。唯一の連絡手段だっった父親の携帯も、充電がもう無くなるからと、2〜3日は連絡もほとんど取れませんでした。

 この1週間。実家の両親が心配で、気が気でなく、笑う事も何かをする事もほとんど出来ない状態でした。一昨日くらいにやっと水道が通り、電気も復旧したので、取り敢えず父親と携帯での連絡が可能になりましたが、まだ余震もあり不安なのもあり、実家と避難所を行き来して過ごしていました。昨晩からは、まだ不安ながらも実家で1日を過ごし始め、地震で家具等が倒れてしまったりして、家の中がグチャグチャになり、足の踏み場もない状態になっていたのを少しずつ片付けて、何とか1部屋2部屋の中でスペースが出来てきたと聞いて、私も少しずつホッとしています。

 でも、水道と電気が復旧したのですが、両親が住んでいる3F部分に水道を汲み上げる事が出来ない状態になっていて、未だに実家では水が使えない生活をしています。それでも近所や知り合いの方達が助けて下さって、お水を分けて頂いたり、お風呂も入れさせて頂いたりして、何とか実家での暮らしを始めています。完全に復旧するまでには、まだまだ時間を要すると思います。両親や親戚にケガもなく、こうして無事でいてくれたし、家も実際どこまで大丈夫なのかは調べてみないと分かりませんが残っているだけでも幸いで、それだけが本当に嬉しくて。

 私の実家でも、これだけの状態でしたが、同じ町内でも状況は異なり、家も何かもかも流され
壊滅している地区もあります。ローカル局が無いせいなのか、TVではほとんど報道されず、物資も届いていない、届いていたとしても不足している地区もまだまだあります。

 東北地方の方が、間違いなく甚大な被害を受けたと思います。それは事実です。どこが大きな被害を被ったのかで優先順位で救助の順番が決まるなら、それは当然です。だけど、公平に迅速に行って欲しいというのが本音。最も情報を取り易いTVが東北地方の大きな津波の映像を、何度も何度も放送されているのに、両親の住んでいる私の故郷を含め、関東でも被害の大きかった千葉県の状況は、ほとんど取材される事も報道される事もありませんでした。同じ被災を受けているのに。

 地元が一体、どんな状況になっているのかが全くというくらいに分からないまま過ごしていた間、私は出来る限りの情報を集めようと思い、インターネット上のmixiを始めとするSNSやTwitterを何時間と見ていました。そこで知ったのは、このデジタル時代の中、ラジオ放送でした。インターネットで聞けるラジオ放送。こんな時代になっても、ラジオで地元の被害の状況を知る事が出来たのです。私の出身地は前に何かの調査で、愛国心ではないけど故郷愛の無い都道府県のワースト2位になっているのを知りました。私も、自分が住んでいた頃から、どんどん廃れていってるように見える町を、そして変わっているようで変わらない町を、良いようにも悪いようにも思っていた1人でした。多分、周りの人も同じように思っているとみていました。地元に帰る度に、寂しくなっていく町を悲しくも思い、ただ時代に流されない町を、ある意味良いようにも。そして、東京という都会と較べてしまって変わっていかない故郷を、私と同じように心の片隅に捨てたかの様にしまい込んでる人が多いということ。

 そんな風に思っていた同郷の人間が、mixiやTwitterで見てみると、今回の報道や情報の少なさをもの凄く強く訴えているのを知りました。「みんなでテレビ局に訴えましょう。」「情報が全然ありません。」「避難が出来て助かった命も、このままでは水も電気もガスも無く、食べ物もありません。1分でも早く、届けてくれるよう拡散して下さい!」と数え切れない程の言葉を聞きました。私も全く同じ気持ちでした。同じ気持ちでいてれる、顔も名前も知らない人たちが、こんなにいるんだという現実。今すぐに家に行きたいのに行く術のない自分を、どんなに責めたか。今この時に、刻一刻と変化していく地元の状況を知りたいのに、どの局も伝えてくれない虚しさ。ローカル局を持たない唯一の県を、特にこれまで問題視する事はありませんでしたが、こんな風にされるなら、作った方が良いと初めて感じ、情報のトリアージだと思いました。被害の大きい、画になる映像が撮れない被害地以外は、報道する意味が無いのかと。交通手段が無い私たちを知ってか知らずか、報道に携わる人たちは、ヘリコプターやら何やらとで遠くの被災地に自ら向かっているのに、東京から近い同じ関東の被災地を素通りしていきました。

 そんな声には発しない言葉が伝わり始めたのか、一昨日くらいから、今度は原発の不安もあって、やたらと報道されるようになってきました。今まで見た事もないのに、ピンポイントで伝える市の天気予報や被害の状況。一安心な気持ちもあるけれど、調子がいいような都合がいいような風にも思いました。

 故郷愛の無い県民だと思っていたけれど、それでもこういう時には、みんな自分の故郷を心配して1つになろうとする。力を合わせて伝えようとするんだと知った時、胸が熱くなりました。この1週間、私は笑えなかった。夜、眠ろうとしても、実家にいる両親は今、どんななんだろうと考えてしまい、心配で眠れなかった。やっと今日、地震後初めて実家で夜を過ごした両親と電話で話をして、母親と一緒に笑った。地震が来る前の、何もなかった時に話すみたいに、取り留めの無い会話で。

 まだまだ実家だけでなく、大きな被害を受けた地方地域の復興はこれからです。何日掛かるのか、何年掛かるのか先は見えないけれど、命が助かっただけでも奇跡。家が残ってるのは幸い。もっともっと辛い悲しい思いをしている方が沢山います。どうかこの人たちに、今以上の不安や悲しみを与えないで。家を残して避難している所へ、盗難等の犯罪を起こさないで。既に私の実家近辺でも、そういった被害や知らない顔の人間が夜に徘徊しており、避難所で不安な時を過ごしている人に連絡が入り、疲れ切った身体を起こして家まで戻ってたりしています。只でさえ失ったものが多いのに、これ以上大切な物を奪わないで。被害の少なかった東京では、不要不急な買い占めが問題になっています。本当に必要な人に、必要な物を届けて。あなたが今手にしている物は、今本当にあなたに必要な物ですか?人は、1人じゃ絶対に生きていけません。1秒でいいから、冷静になって考えてみて下さい。あなたにいつか、優しさは返って来ます。

 長くなってしまいましたが、今回の大震災で被災された方々、亡くなってしまった方々に、心からお見舞いとご冥福を申し上げます。1日でも、いえ1秒でも1分でも早い復旧復興を願わずにはいられません。


hanacha3


追記:引っ越しですが、虫の知らせだったのか、主人がヘルニアになってしまい、1ヶ月延期にしておりました。もしあのまま引っ越しをしていたら、地震の次の日で出来なかったし、被害に遭った両親の事もあって無理でした。引っ越しが延期になった分、幸か不幸か住めるマンションが2ヶ所あるので(引っ越し先のマンションの貸主さんには、引っ越しするまでのご厚意でお家賃を無しにして頂いてるので)、地震でまだ生活が侭ならない実家の問題や原発の心配があるので、少しでもいいから東京に来ればと言っているのですが、やはり自分たちが建てた家ですから、なかなかうんとは...。でも、助かっただけで、それだけで良かったです。
Top▲ | by hanacha3 | 2011-03-18 15:57 | 「私的」語り言
<< 最後の桜 | ページトップ | 地道に、着実に。 >>