※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2005年 02月 24日
スッキリしたいッ!
 午後から、「ある作業」をしていたら、持病?の頭痛がスタートを切った。やっぱり天気予報通り、雨が降りそうだな。今日は注文していたブツが届く予定だった。で、ウチに着いて開けてみたら、「?」。何じゃコリャ〜〜〜〜ッ?全然違う商品が入ってるじゃないか!こんなの初めて。即、お店に電話しましたヨ。「あのぅ...、注文したのと全然違う商品が入ってるんですけどぉ。」てなワケで、間違った商品が入っていたので、着払いで送り返す事に...。残念ッ!せっかく今日は、コレをUPしようと思ってたんだけどなー。また明日にでも☆。

 送り返そうと、コンビニへ。外に出てみたら、ヤッパリ雨、雨、雨...。ガ〜ンッ!雨じゃんかよー。増々頭痛は酷くなる傾向。荷物を出し終えて、ウチにスグ帰る。

 ネット友達の1人から、お礼(?)と称して、幾つかお茶を送って頂いたのだ。その中に、工藝茶が入っていた。それを見て、アタシはまた思い出した。そういや、ウチにも工藝茶あったなと。(←沢山あって、忘れるバカ。)で、コレを淹れる事にした。b0032921_2047421.jpg


遊茶から購入

まりいってんこう
茉莉一点紅

5個入り   ¥1260



 
 しかし、中国人はスゴい。お茶にジャスミンの香りを付けるトコまでは分かるけど、コレを糸で結っていって、中に仕掛けを潜ませるんだから。日本人はこんな事、考えないでしょー。b0032921_205489.jpg糸で結んでいって、形がこんなに丸ッこい。形だけ見たら、不思議なお茶だよね。味は緑茶にジャスミンの香り付けをしている、中国茶の中での、いわゆるフレーバーティーだ。

 頭痛がしたきたので、香りで痛みが和らげばと思ったからだ。でも久々に気付いて淹れる工藝茶なんで、その変貌ブリを見届ける事に。
b0032921_21591651.jpg
 ガラスのポットに、茉莉一点紅を落とす。一応、緑茶なので、少し冷ましたお湯で(90℃くらいのモノ。)、直接お湯が当たらないように、周りから静かに、円を描くようにお湯を回し淹れる。静かに空気の泡が、ポツリポツリと浮かんでは消えていく。

b0032921_21592667.jpg ずっと眺めている間、瞬きするのも忘れそうになる。あー、目が乾くッ!(笑。)でも少しずつ、開いてくるのが分かる。コレがアタシにとっては、何とも不思議な感じ。だって手も触れてないのに、開いちゃうんだよ。あ!でも考えてみれば、普通に丸まった茶葉も、お湯を注ぐと開くか。あー、また墓穴!

b0032921_21593484.jpg もう正しく、定点観測状態です。ソレでも片側が開いてきた。何か、花が蕾から咲き始める時の、早送り映像みたいだー。開いてくると同時に、片側が重くなってきているのか、チョット沈んできたね。千日紅も、見えてきたッ!



b0032921_21595961.jpg 両側も開いてきたね。ココまで開くのに、所要時間は2分くらいかな?結構、短い時間で開いちゃうので、瞬きしてると、アッという間に満開になっちゃうから、ココはドライアイ覚悟で(と言っても、スグだけど。)、じっと我慢です☆。ソレにしても外、シャカシャカ音するなー。


b0032921_220684.jpg おッ!外見たら、みぞれがッ!春一番が吹いて、ポッカポカ陽気だった昨日とは、全然差があり過ぎッ!ソレに寒いよ。みなさん、風邪とか引かない様にして下さいね。インフエンザが猛威を奮っているらしいので...。



 と、ツマラない事言ってるうちに、満開になりました!茉莉一点紅。こんな風に開くんですよ。かなりグルグル巻に、糸が巻かれているのが分かりますでしょうか?ふんわりとジャスミン(茉莉花)の香りがしてきます。大きく、吸ってぇー、吐いてぇー。リラックスしてやる〜。あー、この甘い香りで、スッキリするぞ!

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。

b0032921_0524840.jpg
#イヤ、寒いと思って外見たら、こんなになってましたッ!東京は雪が降ってるよー☆。昨日は春一番が吹いて、ポカポカ陽気だったのに、何なの?今日は。雪が積もり始めてるの、分かるかなー?

人気blogランキング参加中!
 
そしてもう1クリック!押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-24 23:03 | 「お茶」と
<< 酔っぱらった勢いの果て。 | ページトップ | Break time >>