※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2014年 04月 26日
何しに行くのか、知らぬまま。
 

 さてさて、みなさんが待ちに待ったG.W初日。(←とは言っても、ウチはダンナ様は暦通りでお仕事ですので、毎年『連休感』は、特に感じず。) そー言えば、ダンナ様が、何か前から、何かを見に行きたいとか言ってたな〜くらいの記憶しか無いのですが、それが何なのか分からぬまま、教えてもらえぬままに、久々に恵比寿まで連れて来られました。(笑) 



 何を見に行くのかを聞いても、「どうせ、お前に言っても知らないよ。だから、教えない。」って言われて、アタシの頭の中ではグルグルと、先日ザキヤマがやっていたカンニング竹山のモノマネ口調で、「だから、ドコ行くんだよッ!!」とか、「教えねえって、何なんだよッ!!」って、自分で言ってるのが回ってるのでした。それが、人知れず面白くて、1人でおかしくて堪らなかったのです。でもって、結局全然教えてもらえず、連れて行かれたのがコレでした。

b0032921_1592414.jpg
 『101年目のロバート・キャパ〜誰もがキャパに憧れた』で、東京都写真美術館で来月の11日まで展示している写真展。えーえー確かに。アタシに何を見に行くのかを言っても、誰の事だがサッパリ知りませんでしたよ、ってなアタシの芸術認知度レベル。「キャパって誰なんだよッ!!」ってまた、頭の中で、カンニング竹山口調で言ってる自分がグルグルと想像していて、そっちの方が面白くて笑いが込み上げてしまうのだった。

 ロバート・キャパは、スペイン戦争を含め、幾つかの戦場へ赴き、戦場の最前線からだけでなく、時には兵士の一時の休息の姿や、敵に背中を見せてのノルマンディー上陸の正にその瞬間と言った、様々な切り口にカメラを向けた写真家。一時はイングリッド・バーグマンとも付き合っていたらしい。ダンナ様に、「お前に言っても分からないと思うけど、お前にも分かるように言えば、『戦場カメラマン」だな。」と言われ、またもや頭の中で、今度は「どうも、戦場カメラマンの渡辺陽一です。」と、あの口調で言っている自分を想像してしまい、堪え切れず1人爆笑してしまった。(←アタシの脳レベルは、小学生だと思った。) そして、ダンナ様にアホ扱いされたのは、言うまでもない。

 行ってみると、かなり盛況らしく、老若男女黙々とキャパの写真を間近で見てる。ウチのダンナ様、こういうの結構好きで、アタシはまるでトンチンカン。知ってたのは、「崩れ落ちる兵士」って写真くらいかなー。ウチのダンナ様、こういう芸術?的なのが好きで、たまに写真展やら絵画やらを見に連れて行かれます。アタシには、ほとんど興味の無いものですが、嫌いではないので、一応見に行きます。

 アタシはと言えば、その日の夜に、ウチに帰ってからCSで放送していた堀北真希ちゃんの舞台、『9days Queen 〜九日間の女王〜』の方が楽しみで、1ヶ月くらい前から、視聴予約してた程。疲れてた分15分くらい寝ちゃってたけど、面白かった。実は結構、イギリスの王族、女王関係の話が好きで、これの他にも『ブーリン家の姉妹』とか、『エリザベス』『エリザベス ゴールデンエイジ』とか見てたくち。この話、ジェーン・グレイから王位が繋がってる話なので、面白いのです。

 ダンナ様にどこへ行くとも何をするのかも告げられずな、連休初日のお出掛け。もう行って帰ってきたらお疲れなアタシ。あ、まだ連休ってあるんだっけ?



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へにほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
最後まで読んだら、ポチっと☆ 
Top▲ | by hanacha3 | 2014-04-26 23:49 | 「私的」語り言
<< そして、散財。 | ページトップ | 桜も見納め。 >>