※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2005年 10月 19日
風習って、こんなに違うのね。
”五稜郭にて”b0032921_2292289.jpg
 いざ葬儀が始まるとの事で、葬儀場へ行く前にダンナ様の実家へ。行ってみて、葬儀の手順らしき紙が壁に貼ってあったので、ざっと見てみると、ビックリしてしまった。北海道(特に函館)では、何と仮通夜の段階で、火葬してしまうのだった。普通は(アタシが知ってる葬儀だと)、火葬って告別式が終わってホントに最後の最後で火葬場に行って、お骨にするものと思ってたんだけど、まさかこんなに早い段階で火葬にするなんてとは、思ってもみなかった。アタシが驚くのは分かるけど、ダンナ様も全然知らなかったみたいで、自分でビックリしてた。こんなに早くにお骨にしてしまったら、仮通夜に間に合わない人は、亡きがらにすら会えないという事よね?

 ダンナ様も自分でビックリしたので、思わず聞いていたくらいだった。「普通はさ、最後に火葬場に行って、お骨にするんじゃないのか?」ッて。その答えに義理の母は、「函館では昔、天災があったらしくて、その時に大量の遺体を焼かなくてはいけなくなって、早くお骨にしなくちゃいけなかったから、今ではそれが風習になってスグにお骨にしてしまうのよー。」と言っていた。なるほどねー、そんな理由でこんなに早くにお骨にしてしまうのね。とまぁ、それはそれで納得した。

 でも更にまだ、ビックリする事があった。今度はお骨にして、お通夜が始まった時だった。アタシとダンナ様で受付をするよう言われたので、やり方を説明されてまたビックリ。香典を頂く時に、何とその場で香典袋を開けて、中に入っている金額を確かめて、更に「香典供物領収書」とやらを書いて渡すのだった。これにもアタシとダンナ様はビックリ!またしてもダンナ様は納得がいかずに、質問してた。「普通さー、香典とかって気持ちのモンだろうよ?なのに何で、こんな目の前で香典袋を開けて、中に入ってる金額を確かめて、領収書なんて渡すワケ?こんなのいちいち1人1人に手渡してたら、スッゲー並んで時間掛かって仕方ねーじゃん。来てくれた人にだって、失礼だろうよ。」と言うと、義理の母は、「何で?お金の事だもん。領収書渡すのは、当然でしょ。」と、当たり前のように言っていた。これにもアタシとダンナ様は、目が点になってしまった。北海道では、結婚式が会費制というのは知ってたんだけど(←結婚式を挙げる時も、コレが一時、問題になってモメたくらいだった。)、まさか葬儀までこんな風だとは、流石に思ってもいなかった。風習の違いって、恐るべし。

 でも、まだまだ驚く事は待っていた。葬儀の時って、白黒の幕を付けてると思ってたらそうじゃないし、お焼香も普通は順番に祭壇のところにいってするものだと思ってたら、カラコロと何やら小さいワゴンのような台が登場してきて、「???」と思ってたら、参列して座ってる人の前にお焼香の台が回ってくるのですよ。コレにもまたまたまたのビックリ。

 最後のビックリは、次の日に何とか無事、告別式まで終わったと思ってると、祭壇の周りを飾っていた生花を引っこ抜いて、お持ち帰りしたのです。もう最後の最後まで、驚きの連続で、長男の長男のヨメは、ほとほとに疲れました。前の日の夜も、お線香を絶やさないように寝ずの番をするのは常識的に知ってたけど、親族全員でそれを行い、義理の母が寝るまで、ヨメのアタシが寝るワケにはいかん!と思い、親族の皆さんが飲んだお酒や食べ物の片付けをしたり、洗い物をしたり、脱ぎ散らばった大量のスリッパを全部綺麗に直したりと、地味〜で目立たない作業をほぼ一晩中してたので、告別式の頃には既に、疲労の限界でした。更に、あまり会った事のないダンナ様の親族の方たちに囲まれていたので、緊張もかなりしていたのもあり、余計に疲れてしまいました。

 長男の長男のヨメとして、自分なりに目立たないところで頑張ってきたつもりですが、どうだったのでしょうか?ダンナ様の実家に戻って、着替えている時に、「ねぇ、アタシ大丈夫だった?チャンとやれてた?どう思う?」と聞くアタシに、「大丈夫だよ、チャンとやれてたよ。」と言ってくれたので、やっと安心出来た感じです。育った場所が違う人と結婚すると、こんなにも風習が違うものかと、改めて実感しましたよ。ダンナ様に、「ねぇ。あなたが死んだ時に、こんなお葬式をしなくちゃいけないの?アタシ。」って聞いたら流石に、「オレが死んだ時?しなくていいよ、こんなのは。大変過ぎる。オレは普通のでいいよ。」だって。普通のってどんなのだ?函館ではコレが普通なんでしょ?この普通なのかしら。考えるだけで、今は疲労が増すようです、ヨメは。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-19 09:30 | 「私的」語り言
<< 流行ってるからって...。 | ページトップ | 澄み切った空って、コレ? >>