※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2005年 10月 26日
それでも朝はやって来る
b0032921_12545499.jpg 北海道からの疲れも、何とか軽減されつつある。先週1週間はそんな事もあり、バタバタと過ごしてきたワケだが、東京に戻ってきてからは、自分の生活リズムがなかなか元に戻らなくて、居心地が悪かった。ホントは疲れてて早く寝たいのに、妙な興奮状態が続いてて、眠いのに眠れない感じだった。だから朝まで寝付けなくて、気が付けば陽が昇ってたりする事もあった。空気が澄んできて、朝の風景も夏のそれとは違ってきてた。陽の当たる所はポカポカと温かく感じるけども、当たらない所では逆に冷えすら感じる。こんな日々を繰り返し、また冬が近付いて来るのだ。

b0032921_1335625.jpg 夏の時よりも、新宿の高層ビル群がクリアに見える。周りをずーっと見渡すと、これだけ高いビルが立ち並んでるのに、まだ足りないのか、クレーンをあちらこちらに見る事が出来る。そんなに作ってどうるすんだ?羽田からウチに帰って来る途中、品川周辺を通ってきたけど、あの辺りの高層ビルの数も相当だなと思った。

 新宿のビル群を見ていると、つい昔の事を思い出す。「あの辺りによく、飲みに行ってたっけ。」ッて。ついでに言うと、東京に来たばかりの頃は、漠然とアタシは新宿とか丸の内のOLになるものと思ってた。何か普通で格好いいように思ってたらしい。でもそんな想像は、スグに消えて無くなり、「アタシにはOLなんて向かない。」という考えに変わってた。まー、そんな考えの前には教職でも取って、ガッコの先生にでもなろうかと思ってたワケだが、その思いも「ヤッパリ、アタシには向かないや。」となり、親にムダなお金を払わせてしまった。教員になると親には言っていたのに、何が悲しいのか化粧品のおねーちゃんになってしまったしねぇ(^^;。「大学まで出してやったのに、何で化粧品のおねーちゃんになるんだ。」って何度言われた事か...。それも懐かしい思い出というヤツには違いない。

 そんな昔も今も、変わらずにこうして朝はやって来るのだ。あの頃と今とでは、アタシの中のドコかは変わったのだろうか。クラス会とかで昔の友達に会っても、「お前は全然変わってないな〜。」と言われるアタシ。そう、多分あんまり変わってないと思う。学生の頃に、色んな考えを持っている人達に沢山会って、朝まで飲んで話して、色んな考え方があるんだと知った。そんな事もあったから、今のアタシがある。毎日大した違いのない時間を送ってるけど、毎日同じなワケじゃなし。思った事感じた事、してみた事、備忘録感覚で始めたブログ。やり始めたら1年が過ぎた。この先には、何があるのか。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-26 13:39 | 「私的」語り言
<< 若輩者です | ページトップ | 素敵な時間 >>