※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2006年 02月 27日
春を探しに行ってきた...。
“えッ、雨かよ!?”
b0032921_20424437.jpg 週末を利用して、久々に箱根に行ってきた。突然ダンナ様が、「あーーーッ!! もう仕事イヤだ!疲れたッ!温泉行きてぇ〜ッ!」と言い出し、何度となくこんな事を言い出しては、「泊まる所は、お前に任せる。」と勝手に決めては、色々と探すハメになるアタシ。で、泊まってみたい旅館を決めては結局のトコロ、尽くダンナ様の仕事が忙しくなり、アタシの努力は虚しくもムダになってきた。なので今回は、「言い出しては毎回、結局行けなくなるんだから、泊まる所は自分で探して予約を入れて下さい。」と、突き放してみた。週末はドコも満室で、なかなか泊まりたい旅館の予約が取れなかったんだけど、何とか泊まってもいい!?旅館に予約を入れる事が出来た。

b0032921_2052043.jpg 宿泊プランを、露天風呂付きの朝夕食部屋出しにして、このところダンナ様の実家である函館に行ったりと、何かとバタバタと忙しくしていたので、取り敢えずのんびりと過ごす事にした。源泉掛け流しの露天風呂は24時間、誰に気兼ねする事もなくゆっくりとお風呂に入れるので、夕食の前と朝の起きがけに入った。朝は生憎の雨になってしまったけど、それでも外の空気を吸い込みながら入る温泉はまた、格別に気持ちが良かった。お湯をコレでもかッ!というくらいに使えるのは、普段の生活からすれば、贅沢にも思えた。それでも折角、露天風呂が付いてる部屋を自分で選んだにも関わらず、共同の大浴場に入りたがるダンナ様は相変わらずだなとも思ったりした。(←どうも、泳ぎたいらしいのだ!?)

b0032921_2121044.jpg 箱根に着いてから、ダラダラと目的を持たずに散歩に出た。温泉が多いからか、川や滝が多く見られた。水が流れる音を聞いていると、やはり心が和んでくるようだ。空気も幾分、軽く感じるし、気分も晴れやかな感じになってくる。沸き水も出ていて、ポリタンクに水を汲みに来ている人も大勢見掛けた。泊まっていた旅館でも、夕食を終えた後に、沸き水を汲み上げたのを部屋に置いてくれたんだけど、とても柔らかくて美味しかった。冬の冷たく冷えた水は、お風呂上がりの渇いた喉を、優しく潤してくれた。

b0032921_2192437.jpg 箱根に行ったので、冬の富士山を見たかったんだけど、天気は雨。遠くにぼんやりと霞んで見えるくらいしか、富士山を見る事が出来なかった。で、仕方なく、ダンナ様が行った事がない箱根彫刻の森美術館に行ってきた。アタシは美術に興味が全く無いワケではないけれど、何気にダンナ様はこの類いのモノが好きで、絵画集とかいったのを持ってたりする。色々と作品を見ては、誰々とか口に出してはじっくりと楽しんでいたようだった。毎日仕事に追われて、何かとイライラとした時間を過ごしているダンナ様の、心と気持ちの洗濯が出来たのであれば、それで十分に良かったのではと、天気の事なんて忘れて楽しく過ごせた時間だった。

b0032921_21245778.jpg 「露天風呂付きの部屋って、実際泊まるまでは『そんなにいいか?』って思ってたけど、部屋でのんびりと過ごせるから結構良いかもね。」と、ゆっくり休みに来てても貧乏性のダンナ様はいつも、ドコに行っても忙しく外に出掛けたがるの性格。半ば、半強制的に出掛けなくなるような環境だったから、また外に出たがるのでは?と思ってたけど、たまのお休みぐらいは、体をキチンと休ませて頂かないと、逆にアタシも疲れるものです(^^;。今度もまた、ゆっくり過ごせる時間が取れれば良いのですがね(^^。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-27 21:23 | 「私的」語り言
<< アラ?来てたのね。 | ページトップ | 春を探しに。 >>