※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2006年 08月 14日
思い立ったら、開けてみよう!
 この間は、実家に帰っているので、順々に公開しております(^^;。開けていない緑茶の封を、どんどん!?切っております。前日に公開していた敬亭緑雪に続き、一緒に買ってきた緑茶を飲んでみました。

b0032921_426476.jpg


遊茶から購入

ごくひんこうなんしゅん
極品膠南春 [限定]

20グラム ¥1890




 この膠南春。全く以て、どういうお茶なのかとかいう知識はないお茶。何せ閉店間際だったので、どこのお茶だとか聞かずに買ってきてしまったからだ。茶葉を見た第一印象は、産毛のない碧螺春みたいなお茶だなと...。前にもこんな感じのお茶を見たような、飲んだような気もするんだけど、何だったか思い出せない(笑)。後でゆっくり、探してみようっと。

 HPからでも普段は注文の出来る遊茶なのですが、敬亭緑雪も、この膠南春も、基本的には店頭のみの販売になっているお茶のようです。(←場合によっては、メールオーダーも出来るみたいですが。)全く予備知識もないお茶だったので、買った時には、「後でメールで教えてもらおう!」と思っていたのに、スッカリそんな事も忘れてしまってました。

b0032921_4382458.jpg 淹れ方は、蓋碗を使って、碧螺春のように上投法でやってみました。碧螺春ほどは産毛も無くて、緑の濃い色をしています。茶葉も若干しっかりした形です。少し冷ましたお湯で淹れた1煎目は、まさしく碧螺春!と見紛う程の味わいです。碧螺春独特の、あのFruityな甘味が感じられて、ゆるく喉を通っていきます。産毛の少ない分、茶漉しに残骸は残りませんが、その代わり喉越しは軽く感じるみたいです。

b0032921_4445421.jpg 1煎目の水色は、こんな感じでした。淡い山吹色で、この色合いも碧螺春に非常に似ていると思いました。茶葉を少し多めに使って淹れたのですが、碧螺春のように渋味はあまり出ません。2煎目は試しに高温で淹れてみたのですが、渋味はほんの少しだけというぐらい。碧螺春のとっても飲みやすい版、といったお茶かな? 名前も何となく、碧螺春に似ているし、何処かで真似て作られたお茶なのでしょうか? 出所が、とっても気になる緑茶です!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-08-14 09:17 | 「お茶」と
<< 帰省 | ページトップ | 飲んでいないお茶を、今こそ試そう! >>