※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2006年 12月 01日
Billy Joelが聴きたくて。 @東京ドーム
 ダンナ様の、「1回ぐらいは見に行ってみたい。」というご希望により、だいぶ前に取っていたチケット。でも内心では、U2の方が見たいと思ってたらしいのだが、「埼玉は遠い...。」って事らしい。既に2度ほど、この日の事を忘れており、別の予定を入れる時があったぐらい、前に取っていたのだ。あまり洋楽に詳しくないアタシだが、何曲かは一応知っている程度なので、どれだけ会場で楽しめるのかは、微妙であった。(←ファンの方、スミマセン。)

 久々に来た東京ドームは、すっかりクリスマスのイルミネーションで飾られていた。冬の澄んだ空気の下だと、こういう明かりは一層華やいで見える。先日の耳鳴りの影響で、「また変な風にならなければいいけど...。」と、俄な心配をしてみたりする。後は、東京ドームのような施設は、キャパ優先であまり音響が良くないので、(←ムダに音がデカくて、響きまくって、何歌ってんだかサッパリ分からない環境。)今回もそんなんだろうって思ってた。それに海外のアーティストって、開演になっても前座が長くて、コ1時間ぐらい経ってから出てくる時がほとんどだから、コヤツもそうだろうとタカをくくっていた。

b0032921_1057318.jpg しかし、だ。コイツはエライよ。チャ〜んと、開演時間になったら、本人が出てきたんだもん。出だしは、「Prelude」という曲だったらしい(^^;。その次は、日本の「さくらさくら」をイントロで弾き、そのままアタシでも知ってる、「My Life」と「Honesty」と続いた。更に曲は続くのだが、アタシは彼の曲とか歌声をさておき、彼のバックバンドが奏でる音の心地良さに惹かれてました。ペットやサックスの音がとっても滑らかで、聴いてて雑なトコがなく、すっと自然に耳に運ばれてくるような、ホントに良い音楽だった。音響も心配してた程は悪くなく、ムダに音だけが一人歩きして響くような感じでも無かった。どう言葉を言っているのかも理解出来たし、どう歌っているのかもチャンと分かった。席もアリーナだったからかも知れないけど、今までダンナ様に連れられて行った、どのアーティストよりも良かったと思った。

 彼をまともに見たのは初めてだけど、パっと見は正に、メタボリックな体型だった。チョット心配。(←自分の事は棚に置き、余計なお世話。)聴いてて、歌は上手いなあと率直に感じた。音程も外れなかったし、チャンと聴き取れるし。こういう感じのモノだったら、また行っても良いかと...。(笑) 驚いたのは、彼は矢沢の永ちゃんバリのマイクパフォーマンスをするって事。こういう事、する人なんだぁ(^^。

 その後、曲はどんどん進み。いつもアタシは、こういう場に来て思うのだけど、周りを気にせず、我を忘れて体をリズムに合わせてノリまくる人達を見ると、尊敬の眼差しを送ってしまう。なんせアタシは、自分がスキで行くゴスペラーズのライヴでさえ、その行動に躊躇と恥じらいを覚えてしまうからだ。今回も、周りを見渡すと、Billy Joelに会えたからなのか、目に涙を浮かべている人さえいたし、アタシよりも年上な人でさえ、体を激しくリズムに合わせて動かしていたのを見て、とてつもなく客観的に見てしまうアタシ。いい意味で、ホントに尊敬かつ、羨ましい。

 一通りライヴが終わった後は、恒例のアンコールを促す拍手の波。ダンナ様曰く、『「Piano Man」歌ってない。』らしかった。そして、最後の最後に、その「Piano Man」が流れた。イントロではまた、日本に合わせてなのか、「上を向いて歩こう」所謂、「スキヤキ」を弾く。彼がこの曲を歌いだすと、会場の人達から、歌を一緒に歌う大合唱が響いてきた。チョットこれには、意味も無く感動した。彼がマイクから外れ、観客の歌声に頼ると、更に大きくそれがドームに響いた。それについて、アタシなりのひと言。

〜日本人は、彼の「Piano Man」が好きらしい。〜

 聴いてきた感想と言えば、今まで連れて行かれたどの海外アーティストよりも良かった。曲はあまり知らなかったけど、それなりに楽しめた気がしたし、何を歌ってるのかが、チャンと心地良く聴けたのも良かった。

 後は今月の、ゴスペラーズのライヴに賛歌するのが楽しみになったという事♪。早くチケット、来ないかなー!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-12-01 10:47 | 「私的」語り言
<< 師走の始まり | ページトップ | White. >>