※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 04月 03日
花の命は短し。@駒沢公園
“美人薄命”
b0032921_221522.jpg















 休日の午後に、金曜日に満開になった桜を、既に散らせる風が吹いていたので、急いで見に行く。近所の駒沢公園まで、自転車を走らせてみた。

 駒沢公園の入口まで来ると、ちょうど昼間に家族連れなどでお花見をやっていた人達と、これから夜までやる学生達などの人達とが入れ替わるような時間だった。

 金曜日に中野サンプラザから出てくると、満開になった桜が既に強風で散り始めていて、その日の夜には音を立てて一晩中、風は吹き付けていた。今年の桜は、何と満開の寿命が短いんだろうか。去年はもう少し、長く咲いていたような気がしたのだけど。

 駒沢公園には、数年振りに行ったのだけど、最近じゃスッカリ、犬連れの人のメッカみたいになっている。周りにあるカフェなどは、看板に「DOG O.K.」の言葉が乱立していて、わざわざ遠くからも犬を連れてやって来る程らしい。

 園内に入っていくと、お花見をする人、ジョギングをする人、子供と遊ぶ人、犬の散歩に来てる人達など、多種多様である。この時期にココにお花見に来ている人も、人種多様だった。日本人はもとより、インド系の人達も沢山見受けられた。夕方になると、近所にある駒大や日体大の学生たちが、大学とクラブ名の入ったジャージを着て、桜の木の下に大きなシートを敷いて、場所取りをしているのを見た。時間が経つと、後輩と思われるコ達が、カートごと飲み物と食べ物を入れて持って来ていた。

 殆どの桜は、既に前日の強風で満開から遠ざかりつつある状態だったけど、場所によっては風を受けずに綺麗なままを保っている木もあり、その木の下は激戦っぽくも見えた。多くの桜の花は散り、青葉を覗かせ始めていた。風が吹く度に、桜の花は空に舞い、それと同時に香りだけを人に残していく。帰る頃には、雨が降り始めてきて、また桜にとっては受難な天候。風が結構吹いていたので、三脚無しで撮るのも一苦労だった。

 後少しだけ、ゆっくりと桜の中を見ていたかったな。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-04-03 02:00 | 「お花」と
<< SA・KU・RA @目黒川 | ページトップ | しみじみと。 >>