※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 07月 09日
変わらないこと、忘れないこと。
 ふっと頭の中に、ある曲が流れた。ずっとその曲が流れ続けていて、止まらなかった。曲のタイトルは憶えていた。その曲が入ったカセットテープ(←もう、中学生くらいの時に聴いていたと思うもの。)が、ウチのどこかにあるはずなんだけど、探すのも面倒だったから、TSUTAYAに借りに行ってきた。

b0032921_19503074.jpg その曲が入っているアルバムは、山下達郎の『僕の中の少年』で、頭の中を流れていたのは、『蒼氓』。この曲のラストのあたりのコーラスの部分が特にずっと流れていてた。コーラスの部分というのは、山下達郎の奥様でもある竹内まりやに、桑田圭祐・原由子夫妻が参加しているのだ。別に何て事無い、”Lalalalalala lalalala..."といモノだけど、よく聴いていると、桑田圭祐の少し嗄れた声が分かる。桑田圭祐の声だけでなく、竹内まりあの声も、原由子の声も、それぞれがチャンと聴こえるのだ。もう、このアルバムを聴かなくなって、10年以上は経ってると思うのだけど、不思議と10代に聴いていた音楽というのは、なぜか忘れないで憶えている。歌詞も割と同じように憶えていて、口ずさむ事が出来る。

 山下達郎は、テレビにはほとんど出ないというポリシーなのか、デビューして何十年か経った今でも滅多にというか、一切に出ていない。この人の変わらない信条だと思う。

 最近、松任谷由実と寺岡呼人、ゆずで作った、Golden Circle feat.『ミュージック』という曲が出た。確かイベントがきっかけで作られた曲だと思うけど、この曲の歌詞に、”忘れられぬミュージック....”あるのを思い出して、何だか妙に納得してしまった。昔に聴いていた音楽なのに、今聴いている音楽よりも遥かに憶えているのは何故だろう?と。それは聴いていたその時のシーンや思い出が頭の中に強烈に残っている場合もあるけど、特にそんな事がなくて、歌詞を憶えていて口ずさめる事が、少しばかり嬉しかったりする。

 変わらないでいることと、忘れられないことは、何だか大切な事のように感じてしまった。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-07-09 20:12 | 「私的」語り言
<< 夜更かし気味です。 | ページトップ | 七夕になっても頑張ってる。 >>