※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 08月 04日
Laugh.
 体調がウンザリなだけに、気分も下降気味なアタシ。夕方から気分転換(←いや、気を紛らわせる為)にDVDを借りてきた。少しでも、楽しい気分になりたかったのでねぇ...。

b0032921_20144891.jpg
















 公開中の時から、面白そうだと思ってた映画『ナイト ミュージアム』。主役を演じるBen Stillerの映画を、なぜかよく見ているアタシである。現代人らしからぬ顔立ちが、妙に気になるのもあるかも知れないが、コメディー・タッチのこの人の映画は、自然に黙ってても笑えるのが楽だ。無論、『メリーに首ったけ』や『ミート・ザ・ペアレンツ』、『僕たちのアナ・バナナ』等々も、しっかりと見ていたりする。

 人気作だったからか、借りに行くと、残っているDVDが1本も無かったんだけど、タイミング良く最後の1本を手に取っていた人が戻した瞬間を目の当たりにしていたので、空かさずキャッチ!してみた。チョットした激戦を勝ち得た気分だ。(笑)

 ストーリーは、Ben Stillerの演じているバツ1で職を転々としているダメ男のラリーが、元妻の再婚を機に、愛する息子との縁が稀薄になりそうな事態を、何とかして阻止しようと思い、自然史博物館の夜間警備員の仕事を見つけてきた。初日にたった1人で夜の博物館を警備してたのだが、ついウトウトと寝てしまった後、目が覚めると、目の前に展示されていたはずの、ティラノサウルスの骨格標本が無くなってる事に気付く。前任の老警備員の仕業かと思って呼んでみるものの、一向に返事は無い。それもそのはずで、ティラノサウルスは館内を動き回っていたのだ。それも、寂しがりなティラノサウルスのようで、自分の骨を、まるで犬のように投げては拾いに走るの大好きなティラノサウルスに蘇るワケだ。その他展示物全てが、夜になると動き出し、ラリーは驚き、呆然とした。

 どうして館内の展示物が夜になると動き出すのかの理由を知ると、エジプト関連の展示室にある石盤が、命を与えているようだと。そして、それを狙って、ある企みをしている人物達との戦い(!?)が繰り広げられ、それを防ごうとラリーと博物館の展示物との必死の攻防が繰り広げられるのだ。

 子供の頃には、誰でも1度は想像したと思う、「夜の博物館や美術館では、何かがいて動いてる。」的な発想から、この映画は生まれたんだろう。そんな誰もが思ったはずの事だからこそ、ボーっとしてても楽しく笑える内容になってるんだと思った。夜中に動き回る動物の剥製の中に、猿がいるんだけど、この猿とのやり取りがおかしくて、猿に一本取られてしまうのだけど、次の夜にはリベンジをしようと、一生懸命に猿の特徴を調べてみたり、他の展示物に対しても、ネットで歴史の背景を調べてみたりと、学んでしまうのが面白いところだと思う。まるで、夏休みの子供の自由研究みたいだって。

 大人になった今でも、子供の頃の夏休みの思い出を再び思い出させるような、そんな映画なのだ。何度か笑ってしまってる自分がいて、その度に体調の悪さは紛れていた。笑いって、ヤッパリ大事よねえ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-08-04 20:11 | 「私的」語り言
<< さすがに...。 | ページトップ | 熱帯夜 >>