※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 08月 12日
真夏の北海道の旅 @芦別
“Married couple waterfall.”
b0032921_133438.jpg




















 今年のお盆には、ダンナ様のご先祖供養の為に、初めてまともにゆっくりと(←ッて、実際はそうでもなかったけど。)、北海道に行って来ました。何せウチのダンナ様は、お墓参りに30数年行っていないという、不届き者だったのですよ。(汗) 「お盆は必ずお墓参りに行くもの」という、アタシの人生生きてきた中では、想像もつかない程の感覚なのですが、お墓が実家から遠い所にあるというのが原因のようです。さすがに30代も半ばになって、自分のウチのお墓がドコにあるのか、というのを知らなくてはいけないという想いに駆られ、行って来た次第です。

 上の写真は、お墓参りを済ませた後に、義父母に連れて行ってもらった夫婦滝という所。途中から舗装されていない砂利道を通り、山深い所にひっそりとある滝でして、アタシ達に見せたかった場所みたいです。北海道に行っていた間は、毎日とても良い天気で、東京とそんなに変わらないくらいの暑さ。ただ、この滝のある場所は、空気も少しヒンヤリとしていて、滝の水は冷たくて気持ちが良かったです。

b0032921_1485091.jpg その後も、ダンナ様のルーツみたいな場所を転々と車で見て回り、ある神社へ。この神社の狛犬を、ひいお爺さんが寄贈したというので、それを見に行きました。神社を歩いていると、ずっと辺りから、「ジーーー。」と音がするので、何か電気のモーターとかの音が聞こえるのかと思っていたら義母が、「hanacha3さん、この音は機械とかの音じゃなくて、蝉の鳴き声よ。エゾゼミよぉ。」と教えてくれ、関東のアブラゼミとかミンミンゼミとかの聞き慣れた蝉の鳴き声じゃなかったので、ビックリしました。義母もアタシが初めて聞いた蝉の鳴き声だというのに驚いていて、「逆に私は、この蝉の鳴き声しかしらないわぁ。」と言って、ビックリしてました。日向にいると暑かったのですが、ちょうど鳥居の下から吹いてくる風は涼しくて、アタシはずっとココから動かないでおりました。(笑)

b0032921_241742.jpg 行きは千歳空港だったのですが、車を走らせていると、左の写真にも写っている白い花が、窓から沢山咲いている風景が見えたので、ずっと「何の花だろう?あの花かな?」と考えながらいたのですが、義母に聞いてみたら、ヤッパリ蕎麦の花でした。ジャガイモやとうもろこし、米などと一緒に、この白い蕎麦の花が畑一面にある所もあり、風に吹かれて揺れている光景は、なかなか素敵でした。東京と違って、高層ビルなんか無いですから、空もこんなに高く大きく見えます。そして遮る物のない、遥か遠くまで見渡せる大地。今まで3度北海道に来ましたが、1番「北海道だなぁ...。」と実感出来た時でした。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-08-12 14:28 | 「私的」語り言
<< 真夏の北海道の旅 @富良野 | ページトップ | 暑過ぎ!! >>