※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 08月 12日
真夏の北海道の旅 @美瑛
“親子の木”
b0032921_373481.jpg


















(今回のBest shot。)

 富良野を後にして、更に美瑛へと車を走らせました。美瑛には、CMに使われていた木があり、それをまた見て回るのが楽しみだったりします。駅の近くでレンタサイクルを借りて見て回るというのが出来るので、自転車で見て回っている人を見ましたが、この天気の良さで、かなり暑く、また日光を遮ってくれる建物などが無いので、何処にいても直射日光が当たります。(泣) それに緩やかですが、道路のアップダウンが多いので、結構キツそうでしたよ。若い女のコなんて、スカート履いて、ヒールのある靴なんで履いて自転車漕いでたら、相当だと思います。車で走っていて、見てて可哀想でした。

 さて、上の写真は、今回アタシ的に1番綺麗に撮れたと思っている、親子の木の写真です。行く前に下調べした本を見ていた限りでは、普通に木があって、という感じでいたのですが、行く先々の木の近くに、チャンと車を停められる駐車スペースが確保されていて、ちょっと驚きましたが、迷惑駐車を心配しないでじっくりと眺める事が出来るので、とても良かったです。

b0032921_3213867.jpg コチラは、セブンスターの木。周りに何十人もの人がいて、やはりココにも中国人が!日本人も顔負けしそうな高価な一眼レフのカメラを片手に、なかなか退いてくれなくて...。(泣) しばらく待って、やっと撮れた1枚です。木の前には親切に、「セブンスターの木」と看板が立っています。大型の観光バスが停まっていて、こんな場所にもバスが停まれるのが、東京じゃ有り得ないなぁって、つくづく北海道の広さを感じてみたり。車の量が少ないのもありますが、土地があるってのを、妙に感じるものですね(^^;。

b0032921_3324389.jpg 続いては、ケンとメリーの木。細長く、高く上へと真っ直ぐに伸びたポプラの木です。道路沿いにあって、スグ近くに同じ名前のペンションがありました。道路を写さないように撮りたかったのですが、生憎ムリな環境だったので、これが最もいい感じに撮れるポジションでした。ココは少し坂を上った辺りにあるので、自転車で上って来たコたちが、ヘトヘトになって来てましたね。カップルで来てた女のコなんて、彼に向かって「木の何がいいの!?」みたいな風な文句を言っているのが聞こえたりして。(笑) 春だったら、気持ち良く来れたのかもねって。

b0032921_344124.jpg そして、マイルドセブンの丘のカラマツの防風林を、正面から撮ったもの。やっと強い日射しにも、陰りが出て来た頃。手前にはジャガイモ畑だったかな?トラクターが畑の中を走っていました。風が吹き抜けると暑さが和らいで、とっても爽やかでした。ココにもやはり、沢山の観光客がいて、なぜか上半身裸の男性が。よっぽど暑かったんでしょうね。えぇ、ホントに暑かったですからね。周りにある畑が、ちょうどこの時期には、緑一色になってしまったので、よく見る写真のようには撮れませんが、冬に雪が積もった頃だと、また違った雰囲気の景色なんでしょう。もしまた来る時があったら、そんな季節に行きたいですね。

 メオトで後で話してたのですが、美瑛に来る前はそんなに...な感じだったのですが、ドコが1番良かったかと思うと、この美瑛でしたね。確かに畑や木ぐらいしかない場所なのですが、実際に行って見てみると、これが結構楽しいんですよ。周り見渡すと、何処までも続く大地があって、本当にパッチワークみたいに見える畑が存在してて。今回は時間の関係で、パッチワークの路方面には行けなかったので、今度はそっちに行ってみたいねと話してます。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-08-12 17:06 | 「私的」語り言
<< 真夏の北海道の旅 @旭川 1日目の夜 | ページトップ | 真夏の北海道の旅 @富良野 >>