※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 10月 06日
深夜のMovie Show。
 公開中の頃から気になっていた映画のDVDが出たので、ダンナ様が借りてきた。また3連休だから、その間に見ればいいものを、なぜか夜も更けた深夜になって見出した。いつもお風呂に入ったら即寝てしまうダンナ様には、珍しい光景だった。

b0032921_1223823.jpg
















 深夜に観るのはどうか...!?と言った作品だけど、見始めたから仕方ない。(笑) ストーリーは、いかにも男子がスキそうな感じの戦いもの。男としてこの世に生を受けたならば、最強の戦士にならなければいけないという宿命的な生物、古代スパルタの男達。その王が、大帝国オエルシアからの使者を殺してしまうところから、スパルタ王・レオニダスを筆頭にした300人の戦士達が、100万人もの戦士を持つペルシア軍との戦いが始まる。

 ペルシア軍の司・クセルクセスの姿と言うか、顔ったら、何だか「ゲイじゃないの?」って思って、軽く失笑。それでもってクセルクセスが、やたらにムダにデカい!一体、何メートルあるんじゃい!身長って感じ。眉なんか、ものスゴく整えられたカットをしてて、顔中に今で言う、ピアスしちゃって(^^;。その姿に、ウケるメオト。

 話題だった戦闘シーンは、結構リアルな印象。剣で敵を刺せば、血が噴き出すし、首を切られれば、『北斗の拳』みたいに立ったままで、首がポトリ...って具合。戦闘シーンを見ていて、ペルシア軍が様々な国からの援軍を連れてきているのだけど、千葉真一が昔やっていた『影の軍団』かよ!ってツッコみたくなるような面を被った忍者みたいなヤツとか、今度は『STAR WARS』かって言いたくなるような、ダースベイダーみたいなヤツとか、スパルタ軍以外のヤツらは、みんな未来から来た人達ですか?って聞きたくなった。

 スパルタ軍の戦士達の装いは、あの時代に1番近い格好かと思うんだけど、最も軽装備。鉄で作ったような兜に盾と、そして剣。プロレスパンツ1丁で、相手に刺されたら、一貫の終わり。そんな軽装備なのにも関わらず、ものスゴいのが、戦士が持っている盾。「天が矢で埋まる」と表現された数え切れない程の無数の矢が飛んできて刺さっても、1本足りとも盾を貫通しない強健さ。あの盾は、何で作っているんだろう?って思ってしまった。

 観る前は、最後まで飽きずに終えられるかと思ったけど、意外にすんなりと観られた。スパルタ軍は勝ったのか?と言えば、まぁ見て下さいって言っておきますが、記憶に残ったのは、スパルタ軍の隊長の息子が目の前で殺られてしまい、「どれだけ愛していたのか、伝えておきたかった。」というセリフ。戦う為に生まれてきたスパルタの男の、哀しい性を感じた。この『300』が、どんな作品かとひと言で表せば、スーパーCG劇画の実写版...かなぁ。でも、映画を観てるというよりも、ゲームしてる気分になった。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-10-06 05:05 | 「私的」語り言
<< 飾りじゃないのよ。 | ページトップ | Returns. >>