※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 10月 13日
癒された1日
“それなりに大漁!?”
b0032921_115041.jpg













金曜日の夜。
ダンナ様が仕事から帰って来てから、深夜になってひと言。
「あッ、そうだ。明日さあ、Nんトコの家族と一緒に、釣りしに行こうとってなったんだけど、行かない?」と相談。
相談とは言っても、ほぼ決定事項なんだけどね。アタシの返事次第という事らしかったので、行ってもいいよと返事をしたら、相手方に電話。
前夜のいきなりのお誘いだったので、急いで寝る。なんせ、現地集合で、朝早くに仕度をしなくてはならなかったので(^^;。

東京郊外の秋川渓谷にある、マス釣り場にお出掛け。どんどん都会の喧騒から離れて、山の緑の景色へと変わっていく。時間通りに、マス釣り場に到着すると、ダンナ様の友達家族がちょうど荷物を持って、歩いているところだった。

N家とは、バーベキューや花火やら釣りと、家族ぐるみでよく遊びに出掛ける。ココの姉妹、MとRは、今どき珍しいくらいに子供らしい子供で、赤ちゃんの頃から遊んでいる。それぞれ会う度に、成長しているのが分かり、アタシにとっては、それも楽しみの1つ。上のコのMちゃんは、会う度に「hanacha3ちゃんの事、覚えてる?」って聞くと、一瞬は忘れられていて、遊んでいるうちに、「hanacha3さ〜ん!」って呼ぶようになってたんだけど、昨日は嬉しいひと言を言ってくれた。
「あのねえ、Mちゃんねえ。 hanacha3さんの事、もう覚えたよ。」って。
あーー、何て嬉しいのぉッ♪。嬉しくて、可愛さ倍増で、メチャメチャいいコいいコしてあげちゃった。下のRちゃんは、また下のコらしく要領がいいというか、話していて面白い。女の子の姉妹というのは、アタシもそうだったからある程度は分かるんだけど、この小学校に上がる前くらいまでは、2人で2人ならではの世界観を持っていて、その中での会話や遊び方が独特。上のコのMちゃんに、「釣りは楽しい?」って聞くと、「んとねぇ、昨日からMちゃんねぇ。釣りに行くってパパから聞いてから、もうドキドキワクワクしてたの〜!」って笑いながら言う姿が、また可愛い。下のRちゃんは突然に、「めぐみさんとRちゃんで、一緒に探険に行くの。」と言って来て、みんなで「!? めぐみさんて、誰?」と子供にしか見えない(笑)人の事かと思ってたら、どうもソレはアタシの事を指していたらしい。こんな会話も、メチャメチャ可愛い姉妹でした。

b0032921_711573.jpg
 大人4人で、釣ったばかりのマスを、早速さばいて炭で塩焼きに。まだ小さい子供なのに、「美味しいね、美味しいね。釣ったばかりのお魚は、食べると美味しいね。」と言って食べる我が子を見て、父親のNは、「何だか、ある意味残酷な言葉やなぁ...。」と笑いながら言うけれど、確かに美味しかった。子供連れで出掛けると、色んな発見があるものですね。釣ったマスが食べ終わるとまた、「ねぇねぇ。またお魚釣って食べようよー。」と言う子供達。ホントに子供は正直で、いるだけで癒された1日なのでした。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-10-13 13:48 | 「私的」語り言
<< Therefore, it i... | ページトップ | 急降下 >>