※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 12月 07日
期待と裏腹のお宿の全貌 〜その2〜
 仙石原にある、金乃竹に泊まった夜。お風呂の次の楽しみと言えば、ヤッパリ食事!ですよね!? コチラの食事は、朝夕食とどちらも部屋で頂けます。部屋で食事が取れるのは、お風呂と同様に、他の人に気兼ねなく自分たちのペースで出来るのは良いです。

 ちょうど12月に入ったばかりだったので、献立も師走のモノに。夕食の前から既にメオトで(←珍しくダンナ様も。)ホロ酔いになっている為、デジカメの画像がブレてます(^^;。

b0032921_16121559.jpgb0032921_16122424.jpg
先附...才巻海老・菜種・尾羽毛・帆立焼目・樋湯葉・酢味噌(左)
碗物...鶉茶巾・青味大根・松葉柚子(右)

b0032921_16133075.jpgb0032921_16134497.jpgb0032921_16135453.jpg造里...由良産ズワイ蟹・高知産伊佐木・本鮪背トロ・人参・大根・水前寺・山葵(左上)
土佐醤油のカプチーノ仕立てと雪塩(右上)
お凌...近江牛ロース炙り寿司・酢取生姜・山葵(左下)

 と、まずは前半。碗物の中に入っている鶉茶巾は、見た目では分からないのですが、軟骨が入っていて、口の中に入れるとコリコリっとしっかりとした歯応えがあって、不思議な食感です。お造りは好みで、ふわっとカプチーノ風に泡立てられた土佐醤油か雪塩を付けて頂きます。アタシは本鮪をこのお醤油で、他は雪塩で食べてみましたが、いずれもサッパリとした味わいで、旨味と甘さが感じられて美味しかったです。近江牛のお寿司は柔らかくて、脂が適度にあり、メオトでもう1皿おかわりしたかったです。

b0032921_16292723.jpgb0032921_1653306.jpgb0032921_16535667.jpgb0032921_16541534.jpgb0032921_16543089.jpgb0032921_16544613.jpg取肴...鰤テキ・叩き長芋(上列右)
  ...焼雲子・酢立・茗荷・慈姑煎餅(中列左)
  ...舞茸・水菜・チリ酢和へ(中列右)
  ...助子旨煮・海老芋含煮(下列左)
  ...サーモン砧巻・黄味酢(下列右)

 前のお凌まではスムーズに出て来ていたのですが、ココになって急に出て来るまでの時間が長くなってきました。(笑) アタシ達が食べるのが早かったのか、それとも他のお部屋でも食事するのが多くなってきたのでしょうか?食べ終わってから、間がありました。メオトもお酒がいい具合にまた回ってきたのもあって、会話が少なくなってきましたねぇ。食事の間はビールに梅酒と、まだ飲んでます。取肴は、小皿に盛られていて、それらが1つの大きい盆に飾られてやって来ました。ココに来て、ダンナ様の食べられない食材が出て来て、鰤の上にあった長芋と雲子は、アタシの胃袋へと。更にはキノコ類がダメな人なので、和え物もアタシに充てられました。どうしてこうも、食べられないモノが多いんでしょうね。ホントに、勿体ない。

b0032921_17151076.jpgb0032921_17153083.jpgb0032921_17154879.jpgb0032921_1716618.jpgb0032921_17253437.jpg鍋物...川千鳥柳川もどき・白葱・牛蒡(上列左)
蒸物...甘鯛蕪蒸・雲丹・鼈甲餡・山葵・海苔(上列右)
油物...銀杏豆腐垣餅揚・まながつお・メ葱・喰い出汁(中列左)
飯、汁...蟹御飯・赤出汁(中列右)
水物...旬果色々と柑橘アイス・ワインゼリー(下列左)

 河豚は食べた事があるけど、実はスッポンって食べた事が無かったアタシ。鍋物の川千鳥と書いて、スッポンと読むらしい。(爆) で、肝心の初めてのスッポンのお味はと言うと、牛蒡の味が勝ち過ぎて、全然分かりませんでしたッ!! スッポンの味を知っているダンナ様は分かったそうですが、アタシには味どころか、どれがスッポンなのかすら分かりませんでした(^^;。またスッポンを食べる機会があるまで、お預けです。(←あるのか?その機会は。) と、ココでまた、ダンナ様の食べられない食材である雲丹が蒸物の中にあったので、アタシの方へとやって来たのですが、どう見ても生姜。「コレは、生姜だってば。」と言っても雲丹と聞かず、アタシの蒸物は、完全に生姜味に変わってました。油物のまながつおが、ホロっとした口当たりで、お出汁が利いていて、コレが1番美味しかったです。

 夕食が食べ終わって思ったのは、一皿一皿は確かに量が少なめに盛られていましたが、最後まで美味しく食べられる量と品数でした。ただ、食べる事をメインにして考えているようであれば、確かに量が少ないと感じるかも知れませんね。でも、アタシ達には、実にちょうど良い量の懐石でした。ご馳走様でした。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-12-07 15:49 | goes out to eat
<< 期待と裏腹のお宿の全貌 〜その3〜 | ページトップ | 期待と裏腹のお宿の全貌 〜その1〜 >>