※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2008年 02月 19日
茶一服にて。
“人生、この先を考える夜。”
b0032921_438464.jpg

















 どうも先週末当たりから、ダンナ様の様子がおかしいなとは感じていたのだけど、機嫌が悪いのかと思ってたアタシ。別に悪い事をした憶えもなく、いよいよアタシに愛想をついて、三行半の離婚でもされるのかと、念の為に「アタシ、何か悪い事した?機嫌でも悪いの?」と聞けば、どうも週末に高校卒業以来会っていなかった地元の同級生と飲んだ事が、発端らしい。

 その同級生は東京で生活しており、ウチと同じ家族構成でいて、奥さんは派遣社員で働いているとの事だった。それでこの先、これからもずっと、アタシはウチにいて、専業主婦でいいのだろうか?と考えたらしい。日曜日に渋谷に行く途中から、車の中でそんな話をし始めて、たまたまアタシも「アタシってさぁ、ふと思ったんだけど、人に教えるの上手じゃない?」と唐突に言い出したもんだから、そこから話が急スピードで進む。人に教えるのが上手というのは、結婚前にしていたBAの仕事で、オフィスのトレーナーから「このコ、大丈夫?」っていう新人BAを、1から叩き上げ(!?)でもないけど、製品の事から接客の仕方、etc...を教え直し、リトレーニングの時には同期のBAの中でもかなりいいBA知識を持たせたコにして、上司を通じてお褒めの言葉を頂いたという話。そのコ以外にも、アタシの下に入社してきたコは、ほとんど見込まれて、その後の異動では、来客数の多い店舗へ行ったコが結構多かったのだ。

 で、その話を知っているダンナ様が、今まで聞いた事のない言葉を、昨日の夜にアタシに言った。「俺がお前の生き甲斐だった仕事を辞めてくれってお願いして、その事で、お前の良い所を今、使えなくしてダメにしてると思うんだよ。」って。結婚してから7年くらい経った今、ウチの中にいる完全な専業主婦になって、社会から外れている時間が長くなってく一方で、それは何度となく考えてた事だけど、急にそれに触れられると、少々キツい。これまでに、幾つかお誘い頂いたトコにお願いしてみたら?って言われても、もうかれこれだいぶ前に、1度断った仕事の話をするのもどうかと思うし、誘ってくれた方々も、既にいなくなってるし、それを断った理由は、ダンナ様だったしさぁ...。これから先もこのままで、ずーっとお前はウチの中にいるのか?そんなのつまらなくないか、飽きるんじゃないのか?と。そんな言葉を聞いてたら、何だか遠回しに、“離婚”したいのかなぁ?なんて思えてきて、ダンナ様が遠くに感じ、他人に見えてきた。本人は離婚するなんて、これっぽちも考えには無いらしいけど。

 ダンナ様が考えてる意味は分かるのだけど、アタシも実は今年に入るに至って、頭の中では『弱』くらいのレベルで考えてたトコ。だけど具体的には、まだまだ薮の中。五里霧中な感じ。「何か、将来的に資格とか取るのに、お金が掛かるんだったら、別にその資金は出したって構わないよ。」って、それも今までアタシが思って口に出しても、やんわり聞き流してたのに、今急に言われると、若干淋しくなった。

 これからアタシ、何しよう?って考えてたら、何時間も過ぎてる。Formosa Tea Connection翠巒烏龍茶を、ずーっと飲みながら、ぐるぐると考えを廻らせてる。うーん、どうしよう?? 急に自分からじゃなくて、ダンナ様から言われると、ペースが狂う。やっぱり、他人なのよね。人生の岐路に、再び立った気分だ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2008-02-19 03:35 | 「私的」語り言
<< 横取り | ページトップ | 冬だからこそ。@渋谷 Del... >>