※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2008年 11月 09日
Do you remenber?
 誕生日の前日の夜。誰も何にも来ないであろうという時間に突然、それはやって来た...。
b0032921_19354211.jpg




 ダンボールの箱に入っていたのは、数ある北海道土産の中でも手に入りにくい物の上位に挙がるじゃがポックルと、トマトを使った太陽いっぱいの真っ赤なゼリーだった。

 だいぶ前になるけど、北海道の義母と電話で話していた時に、じゃがポックルの事を言ったら、「じゃ今度、空港に行った時にでも見てみますね。」と言っていたのだが、もうそれから結構な時間が経っていたので、天然な義母の事だから、多分もう忘れてしまっているだろうと思っていたのだ。で、そんな風に思っていたら、突然に送られてきてビックリした。去年辺りから、義母はアタシの誕生日近くになると、お祝いの電話やメール、そしてこんな風にプレゼントを送って来るようになった。そして、今年送ってくれたのが、じゃがポックル。いかにも義母らしいと言うか。お礼の電話をすると、「遅くなってゴメンなさいねぇ。じゃがポックルは空港で見つけたんだけど、そのトマトのゼリーは珍しいし、面白そうだからぁ♪。」とまたもや義母らしいお言葉。

 じゃがポックルは、前に北海道に行った時にはドコにも無くて買えなくて、仕方なくまだ東京では売ってなかったじゃがビーを買って帰ってきた。やっと本物のじゃがポックルと対面出来たので、早速食べてみると、やっぱりじゃがポックルの方が油っぽくなくて軽いし、ホクホクとしたじゃがいもの食感が出てるなぁと思いました。じゃがポックルを味わっていて、徐にパッケージの箱に印刷されてる製造日と賞味期限を見てみたら...。11月の今で、製造日が9月の賞味期限が来月の12月。明らかに賞味期限の方が近いのだ。想像してみよう。多分義母は、9月に空港でじゃがポックルを見つけて買ってきた→「やっと見つけたわぁ。コレをhanacha3さんの誕生日のプレゼントにしましょう♪」→....、そして11月まで、ウチで保管。なかなか普段空港でお目に掛かれないこのじゃがポックルが、9月の製造日で売れ残り、この11月まで店頭にあるはずが無い。この間、11月のアタシの誕生日が近くなるまで、義母の“るんるん感”がアタシには想像出来て、面白過ぎた。義母は、そういう人なのだ。天然というか、大自然の中で伸び伸びと育ったというか、そんな人なのですよ。

 一緒に送ってくれた太陽いっぱいの真っ赤なゼリーは、素のトマトだと思い、一瞬怯んだのですが、一口食べてみたら、確かにトマトの味はするけれど青臭さはあまりしなくて、トマトジュースっぽい中に甘味と酸味が凝縮されたゆるゆるのゼリーでした。それに、美味しい。これなら生のトマトが苦手なアタシでも、美味しく食べられます。

 思わぬ義母からの誕生日プレゼントでしたが、じゃがポックルとゼリーをやっと食べられたので、幸せでした(↑∇↑)。



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆
Top▲ | by hanacha3 | 2008-11-09 14:59 | 「私的」語り言
<< やっぱり無いのね、グスン。@学芸大学 | ページトップ | 芝浦違いで。@駒沢 >>