※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2005年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2005年 02月 28日
Enjoy Tasting Time!
 ダンナ様のBirthday Presentとして献上した、シャトー・オーブリオンのセカンド、ル・バーン デュ オーブリオン。早速飲もうと、ダンナ様がおっしゃるので、ワイングラスやらチーズやらの脇役達の準備をする。調べたところ、このオーブリオンのセカンドは、ボルドーのセカンドラベルの中でも、ベストな銘柄らしい。

 コルクを抜き、静かにワイングラスへ注ぐ。ぶどうから産まれたワインの雫たちが、b0032921_1995410.jpg一斉に放たれた。グラスに注がれたワインの色は、レンガがかった、濃い赤。ボディはミディアムなんだけど、熟成が進み始めているようで、フルとの中間ぐらいな感じ。鼻を近付けると、アルコールが強く突く。少なめに口に含めると、アルコールが鼻から一気に抜けて行った。あー、まだ若いのかなーとも思った。でも後から微かにチェリーのような香りがしてくる。

 グラスを回して空気に触れさせると、若干アルコールが柔らかくなり、味がしっかりしてきた。フラワリーな香りとぶどう本来の味がする。濃く搾った果汁のようで、カシスみたいな味の酸味がある。それが徐々に変化してきて、そこにスパイスとハーブのようなブーケが現われてくるようになってきた。コレは少し時間を置いて、デキャンティングしてた方が、より早く美味しく飲めたかもねと、話していた。

 時間が経つ程、傾けたグラスの中を流れて行く脚は、速度を落としてゆっくりと足跡を残すようになってきた。b0032921_19365100.jpg写真はその様子を撮ってみたモノなんだけど、チョット分かりずらいかな?もしかしたら、コッチの右側の写真の方が、分かりやすいかなー?どっちもドッチかな。微妙〜〜〜ッ。まぁ、コレを見て、何となくこんな感じだろうとイメージして下さい(^^;。
b0032921_2031524.jpg
 でもさぁ、アレだよね。この脚の流れを見てると、ワインってすっごい美味しそうに思えてこない?何か上手く言えないけど、とってもMellowな雰囲気と時間の流れとか、飲み干した時に感じる余韻とかが、とっても晴れやかな感覚になってくるような気になってくるんだよね。そんな事と同時進行していって、味にも更に変化して、セージとかローズマリーみたいなハーブ的要素の香りになる。同じのが2本あると、イイね。ウチの秘蔵ッコ達と違って、飲む事に余裕が出てくるもン♪。

b0032921_20241974.jpg ちなみに今回は、色々チーズをクラッカーに乗せて、ブルーチーズには例のお気に入りワインジュレのソーテルヌを、白っぽく見えるチーズ、ロワールにはワインの色に合わせてブルゴーニュ・ルージュのジュレをかけて頂きました。このワインジュレは美味しいと、ダンナ様から太鼓判(?)を貰いました。b0032921_20414970.jpg
 もう一皿の方は、ダンナ様のリクエストでペッパーサラミと生ハムです。生ハムと言えば、あの最高峰とも讃えられるイベリコ豚のヤツ。ネットで注文出来るトコを、たまたま発見してしまった!今度、買ってみよーッと☆。(無論、言うまでもなく、この生ハムはイベリコではない。)

 ワイン飲みながら、このくらいのモノと量でちょうど良いと話していた。それに2本あるから安心だともね。ワインの知識なんて持ってないけど、あーだこーだ言って、蘊蓄にもなっていない感想を述べながら、日々の事を話す休日の夜は、なかなか乙な時間でした。

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-28 20:50 | 「私的」語り言
2005年 02月 27日
只今、修行中です。
 中国茶から始まったアタシのお茶への興味は、そこから広がりを見せ、最近は紅茶にも走り出している。こうなる前は、紅茶にはお砂糖を入れないと飲めなかったんだけど(何となく、紅茶の渋さみたいなのが苦手だったような。)、ココのところは何にも入れない、ストレートティーでイケるようになってきた。最初に買って来て、自分で淹れた時は、中国茶のクセなのか、茶葉を多めに入れてしまって、渋さが際立ってしまって、失敗しちゃったんだけども、何でもやり続ければ「継続は力なり。」で、段々と、微々たる程度だけど、上手く美味しく(?)淹れられるようになってきた。それはやっぱり嬉しい♪。

 そうなってくると、必然的に紅茶の茶葉のストックは増えるワケで...。こんな自分が怖くなるぅーーッ!ココ1ヶ月くらいで買った、紅茶のラインナップは、数えて6種類程か。分からない。自分でも数えるのが怖い。ホントはもっとあるのかも?中国紅茶は前から好きだったんだけども、何て言うかなー?スモーキー感があまり感じなくて、ふんわりと柔らかく、軽い。そして喉元から鼻腔を抜けていく香りが、キャンディみたいに甘いのだ。もうこの、中国紅茶の味わいを知ってからは、紅茶への興味がフツフツと湧いて来てしまい、飽くなき紅茶の世界へようこそ!状態になってしまった。

 だけどなかなか中国紅茶ッて、祁門とかシ眞紅、ライチ紅茶に九曲紅梅ぐらいしかお目に掛かる事はなく、アタシが飲んでみたいモノは無い。そんな中、今月一杯で営業を終えてしまう、写真家の菊池和男さんがやってらっしゃる楽人居さんに、中国紅茶試茶セットなるモノが売っていた。もう中の紅茶のラインナップを見たら、興奮しますよ。白淋工夫に坦洋工夫等など、もう目に懐に毒なモノばかり。でも、もう買わずにはいられないッ!だって楽人居さんは終わってしまうんだもの。ホントに短いお付き合いで、寂し過ぎる。なので意を決して注文しちゃいましたよ。あー、我が家に来るのが待ち遠しいワ♡。

 待っている間も、アタシはせっせと修行中の身なので、紅茶を淹れる。今日淹れたのは、リーフルで買ったSUNGMA農園モノのセカンドフラッシュ。b0032921_419675.jpg


リーフルから購入

SUNGMA農園  S/F
Clonal Wonder DJ-215
50グラム   ¥2625



 

 今までに買って来たリーフルのダージリンの中で、「オヤッ?」と思った。茶葉を見てみると、前に買ったOKAYTI農園のMuscatel DJ-181のように細く揉捻されてはおらず、フルリーフの茶葉を半分にカットしたような状態だったからだ。おぉ、農園が違うと味はもちろんだけど、茶葉のスタイルも違うのねーと、そんな紅茶の作りの違いを垣間見た気がした。ある意味、アタシの記憶の中で、Wonderだった。

b0032921_436577.jpg そんな事してる間に、お湯が沸騰したので、ダーッと茶葉目掛けて注ぎ入れる。頃合の時間になったので、カップに入れる。深いトコロで(って、ドコだよ。)広がる香り。前のDJ-181よりもMuscatelな重みを感じる。でも強すぎず、丁度良い加減だ。飲んでいくと、ほっくりとした焼き栗みたいな味を覚える。杯が多くなっても、胃を壊す事も無くなって来た。スンナリと堪能、満喫出来る様になってきたぞ。喉元を通っていくと、繊細な感触がする。コレも美味しいけど、今のトコ、アタシのNo.1はTHURBO農園のA/N、YUMEKO TEAかな?

 紅茶にも目覚め出したけど、チャンと本来の中国茶も飲んでます。昨日、竹里館で買って来た東方美人を淹れてみたよ。b0032921_4555291.jpg



竹里館から購入

とうほうびじん
東方美人

10グラム   ¥630




 このコはまた、今まで飲んだ東方美人とは一線を画す味。ズッシリとした貫禄と凄みがある。高めの温度で淹れてみたんだけど、口に入れるとまずガツンと来る。おッ!ヤル気か?とケンカを売られたみたいに。だけどスグに、1歩引き下がって、物腰が弱くなり、女性的な味に変わる。そしてまた、飲み干す時には、渋いメンソールの味と香りが立ってくる。何かね、楽人居さんから買った、舞色みたいなDandy味がする。特に後からくるメンソールなトコが似てる。

b0032921_554083.jpg 茶葉はしっかりしたモノで大きい。白毫も多め。紅・白・茶の3色の色合いも発色されて、鮮やかだ。煎は結構効く。7〜8煎淹れてもまだ大丈夫。今回は様子見で、明日また続けて淹れてみようと思う。飲み終えた茶葉は、舞色にソックリ!全体的に見ても、見間違うぐらいに似てる。茎のあたりなんかは硬くて、全然ヘコたれていない。コレは凄いワ。負けそうな感じ。明日また、どんな風にして飲もうかと思考してます。低めの温度がオススメみたいに書いてあるから、コレで淹れてみよう。

 あー、ホント修行中ッて、大変。目で見るモノ、手に取るモノ、全部飲みたくなる。でも、頑張って続けていこうと思う。身と懐が許す限りは。行けッ!果て無き探究心の先へ!


人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-27 04:08 | 「お茶」と
2005年 02月 26日
Happy Birthday! 
 今日は愛しい(?)ダンナ様の誕生日です。結局、プレゼントは昨日の記事に出した、シャトー・オーブリオンのセカンド、ハーフボトルにしてしまいましたッ!だってソレでいいって、ダンナ様が言うものですから...。まー、例年に無く、低予算で助かりました。心からお祝申し上げますよ、ダンナ様♪。

 という事で、本日は凝りもせずにまた、玉川高島屋へ行っちゃいましたッ!ダンナ様がバイクの免許取得の為、先週から教習所へ通い出したので、その予約が夕方遅くだったから、「今日のゴハンはどうしましょうか?誕生日ですけどぉ?」と聞いたところ、今日は教習所が終わるのが8時過ぎになるので、玉川高島屋で待ち合わせをして、そのまま誕生日ゴハン(Dinnerではない。決して。)を食べる事にしたのだ。そんなに高級なゴハンは食べませんでしたが、まー、また明日と言う事で...。(^^;。

 で、ダンナ様との時間までの間、アタシ1人で手短に1時間程、ブラブラと探訪する。と言うものの、出掛ける前にHPを見てたら、な、なんとッ!またもやメゾンカイザーが限定出店してるではないかーッ!そしてオマケに、こちらのブログの方からの情報で、麻布十番にある竹里館が昨日、2/25から店鋪を出されたとの事で、「コレは是非、覗いてみなければッ!」と、メラメラと行かねば精神に火が着いたのでした。

 そんな感じで、そそくさと電車でお出掛け♪。そして、まずはドコから攻め入ろうかと考えて、「やっぱり限定出店のメゾンカイザーだろー!」となり、ドコだー、ドコだーと1人ブツブツと念仏を唱えるように、彷徨い歩く。しかし、見付けたんだけど時間が遅かったので、買うにはめぼしいラインナップしか無く...。グヤジぃーーーッ!まッ、仕方ない。(←立ち直りが早い今日。)取り敢えずある物だけ買ってみました。そして次ーッ!と言わんばかりに、今度は竹里館へGO!ドコなんだー、ドコなんだー?とまた、ブツブツ言いながら探すアタシ♡。そして視界に入るやいなや、小走りになり辿り着く。ココでは試飲を少しさせてもらって美味しかった凍頂烏龍と、ウチに在庫が無くなった東方美人を買う事に。麻布では無かった、お試し飲み切り10グラムパックを買ってしまう。b0032921_1301774.jpg店員さんの、とっても一生懸命さが伝わってしまい、見るだけのつもりが.....!まー、いいでしょう。(ヤケに開き直る。)

 そして次は(←まだドコかで買うのかよ!)、お決まりのキルフェボンとリーフルへ。キルフェボン混み過ぎッ!なので通過して、リーフルへと向う。そしてまた、買うアタシ。も〜ッ、バカバカッ!アタシのバカッ!と、心の中で、1人つぶやくのであった...。

 そんな感じで暴走して帰ったアタシは、ウチに着いて竹里館で買ったばかりの凍頂烏龍をまず淹れる。

b0032921_1362414.jpg

竹里館から購入

とうちょううーろん
凍頂烏龍

10グラム   ¥550




 
 なかなか粒揃いのコ。茎が多めに残されています。試飲した時は、甘く濃厚な蜂蜜と熟れた果実香がした。ウチで淹れてみても、その香りと中火の焙煎香がして、バランス良く出来ている感じ。味わいは、中焙煎の香ばしさが適度に出ているけど、割合アッサリと飲める軽いモノ。b0032921_1474425.jpg
 
 ただチョット残念なのは、煎が弱いかな?って思った事かな。4〜5煎目くらいから、茶水の色は出るけれど、味が殆どしなくなるような気がした。もしかしたら感覚がいつもと違うかも?と不審に感じたりもしたアタシは、もう1度、改めて飲んでみようと思ってみた。

 そして誕生日と言えばケーキなので、リーフルから買ったダージリンを淹れてみた。
b0032921_153081.jpg

リーフルから購入

MARGARET'S HOPE農園 
S/F  Delight
50グラム   ¥4000





 同じくリーフルで買った、THURBO農園 DJ-413のYUMEKO TEAと同様に、白毫が目立つリーフ。淹れる前から、香りがとても良い。飲んでみるといつまでも、シツコくないのに、なぜか濃厚な甘さが残る。そしてソレが、そのまま体に吸収されていくのが分かる。憂いのようか。ゆっくりと時間が過ぎていって、溶けていくような感嘆。コレもまた、アタシ好みのモノでした。何となく紅茶の好みが分かってきた。(気がするだけかも?)

b0032921_217850.jpg ケーキが何だか、侘びしく見えたりするけど、今が旬だから大抵のお店では、イチゴフェアみたいな事をやってる。コレもそう。苺のモンブランだって。アタシ、モンブランってダメ。甘過ぎて、アタシには。あ!でも、アンジェリーナのモンブランは食べれるよ☆。アソコのは好きッ♪。だってあんまり甘くないし、クリームの加減は絶妙。たまに食べたくなって、買っちゃうんだけどもね。でも今回は、キルフェボンを筆頭に、ケーキ類をやたらと食べている気がして、適当に買ったワケだ。(ダンナ様の誕生日なのにか?)それに、ゴハン食べて来たばっかりで、お腹は限界なのだ。ダンナ様も教習所に行ったので、睡魔が襲ってきてて、ムリらしい。「別にオレの誕生日は、特にいいからしなくても。」だってサ。そうとは言え、一応、形だけでもしたがるのが妻の務めと思ったりするワケで...。あー、夫婦ッて難しい...。なんて言ったりするんだ、アタシも。(笑。)

 ちなみに、明日も出掛けるので...。何か買うね、きっと!(←ちっとも学ばないアタシ。)

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-26 00:11 | 「お茶」と
2005年 02月 25日
酔っぱらった勢いの果て。
 この前、無性にワインが飲みたくなって、明け方まで1人、ワインを飲んだ話をしたけど、覚えてますでしょうか?目が覚めた時には、かなりグロッキーな状態になってたヤツです。その時に、酔った勢いで(?)で、注文したワインがやっと、無事に届いたんだよ。で、ソレがこのコたち。b0032921_16235522.jpg フランス5大シャトーの1つ、シャトー・オーブリオンのセカンド、ル・バーン デュ・オーブリオンなのだ。フルボトルだと、飲み切れなかったりするから、今回はハーフボトルで。これなら飲みきれる事、間違いナシッ!ソレに2本あるもンね〜♪。1本飲んでも、安心、安心☆。

 本家のシャトー・オーブリオンは、実は、アタシが飲みたいワインの1つなんだよねー。何度か買おうとしてるんだけど、いつの間にか、断念してる。あのボトルのカーブと言うか、曲線と言うか(どっちも同じだっつ〜の!)、何となく惹かれている代物。そんなんで、いつも飲めないアタシは、お手頃で売られていたこのセカンドのハーフを買ってしまったのだ!ソレに、コレを明日のダンナ様のバースデープレゼントにしてもいいかッ?! などと、企んでいたりする。

 今日は待ちに待ったお給料日ーッ♪。しかーし、ダンナ様、仕事が忙しいらしくて、逆切れ気味に電話してきた。「忙しくて、銀行行ってるヒマはない!」だって。え〜、困るんですけどぉーーーーッ!だって、今日までに振り込まないと、注文がキャンセルになるのがあるしーーーッ!って言ったら、怒られた。「お前なー、お前を食わせる為に働いてるんだぞ、オレは。こんなに疲れて忙しいのに、文句言うなー!」だってサ。ハイ。ソレもそうでした。スミマセンでした...。誠にごもっともです。1からやり直します、人生を。

 そんなんで今日は、コレを作りました。ダンナ様大好きパスタ。
b0032921_17162671.jpgほうれん草とツナのクリームパスタだ。フェットチーネを使おうと思ったら無かったので、仕方なくリングイネを使った。まー、これでもパスタにソースが絡まるから、いいんだけどもね。生クリームと牛乳に、コンソメなどを混ぜて、パルメザンチーズを加えて、塩・コショウで味を整えて、完成!です。簡単で、激ウマです♡。

 後、こんなのも一緒に作りやしたッ!
b0032921_17202919.jpgカレーのルーが余っていたので、有効活用してみました。パッと見は、カレーライス?だけども、カレーのルーに一手間加えて、固形ブイヨンをお湯で溶かして、ソレでカレーのルーを少し伸ばして、ソースにしてみました。トロトロのチーズが入った卵で包んで、カレーソースのオムライスの完成です。ライスはちなみにシーフードピラフ。あっさりしている中、カレーソースがなかなか合います。こんなに食べたら、ハッキリ言って、苦しいです。

 なので、もう既に準備O.K.! なので、早く帰って来ーーいッ!と、PCの画面に向って呼んでみる、おバカな三十路過ぎ女なのであった。


人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-25 17:57 | 「私的」Cooking
2005年 02月 24日
スッキリしたいッ!
 午後から、「ある作業」をしていたら、持病?の頭痛がスタートを切った。やっぱり天気予報通り、雨が降りそうだな。今日は注文していたブツが届く予定だった。で、ウチに着いて開けてみたら、「?」。何じゃコリャ〜〜〜〜ッ?全然違う商品が入ってるじゃないか!こんなの初めて。即、お店に電話しましたヨ。「あのぅ...、注文したのと全然違う商品が入ってるんですけどぉ。」てなワケで、間違った商品が入っていたので、着払いで送り返す事に...。残念ッ!せっかく今日は、コレをUPしようと思ってたんだけどなー。また明日にでも☆。

 送り返そうと、コンビニへ。外に出てみたら、ヤッパリ雨、雨、雨...。ガ〜ンッ!雨じゃんかよー。増々頭痛は酷くなる傾向。荷物を出し終えて、ウチにスグ帰る。

 ネット友達の1人から、お礼(?)と称して、幾つかお茶を送って頂いたのだ。その中に、工藝茶が入っていた。それを見て、アタシはまた思い出した。そういや、ウチにも工藝茶あったなと。(←沢山あって、忘れるバカ。)で、コレを淹れる事にした。b0032921_2047421.jpg


遊茶から購入

まりいってんこう
茉莉一点紅

5個入り   ¥1260



 
 しかし、中国人はスゴい。お茶にジャスミンの香りを付けるトコまでは分かるけど、コレを糸で結っていって、中に仕掛けを潜ませるんだから。日本人はこんな事、考えないでしょー。b0032921_205489.jpg糸で結んでいって、形がこんなに丸ッこい。形だけ見たら、不思議なお茶だよね。味は緑茶にジャスミンの香り付けをしている、中国茶の中での、いわゆるフレーバーティーだ。

 頭痛がしたきたので、香りで痛みが和らげばと思ったからだ。でも久々に気付いて淹れる工藝茶なんで、その変貌ブリを見届ける事に。
b0032921_21591651.jpg
 ガラスのポットに、茉莉一点紅を落とす。一応、緑茶なので、少し冷ましたお湯で(90℃くらいのモノ。)、直接お湯が当たらないように、周りから静かに、円を描くようにお湯を回し淹れる。静かに空気の泡が、ポツリポツリと浮かんでは消えていく。

b0032921_21592667.jpg ずっと眺めている間、瞬きするのも忘れそうになる。あー、目が乾くッ!(笑。)でも少しずつ、開いてくるのが分かる。コレがアタシにとっては、何とも不思議な感じ。だって手も触れてないのに、開いちゃうんだよ。あ!でも考えてみれば、普通に丸まった茶葉も、お湯を注ぐと開くか。あー、また墓穴!

b0032921_21593484.jpg もう正しく、定点観測状態です。ソレでも片側が開いてきた。何か、花が蕾から咲き始める時の、早送り映像みたいだー。開いてくると同時に、片側が重くなってきているのか、チョット沈んできたね。千日紅も、見えてきたッ!



b0032921_21595961.jpg 両側も開いてきたね。ココまで開くのに、所要時間は2分くらいかな?結構、短い時間で開いちゃうので、瞬きしてると、アッという間に満開になっちゃうから、ココはドライアイ覚悟で(と言っても、スグだけど。)、じっと我慢です☆。ソレにしても外、シャカシャカ音するなー。


b0032921_220684.jpg おッ!外見たら、みぞれがッ!春一番が吹いて、ポッカポカ陽気だった昨日とは、全然差があり過ぎッ!ソレに寒いよ。みなさん、風邪とか引かない様にして下さいね。インフエンザが猛威を奮っているらしいので...。



 と、ツマラない事言ってるうちに、満開になりました!茉莉一点紅。こんな風に開くんですよ。かなりグルグル巻に、糸が巻かれているのが分かりますでしょうか?ふんわりとジャスミン(茉莉花)の香りがしてきます。大きく、吸ってぇー、吐いてぇー。リラックスしてやる〜。あー、この甘い香りで、スッキリするぞ!

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。

b0032921_0524840.jpg
#イヤ、寒いと思って外見たら、こんなになってましたッ!東京は雪が降ってるよー☆。昨日は春一番が吹いて、ポカポカ陽気だったのに、何なの?今日は。雪が積もり始めてるの、分かるかなー?

人気blogランキング参加中!
 
そしてもう1クリック!押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-24 23:03 | 「お茶」と
2005年 02月 23日
Break time
 さてさて、今日は暖かいですねー。起きたらヤタラと風が強くて、ガラス越しの隙き間から、ビュービューと音が聞こえました。どうやら春一番が吹いたようですね。去年より9日遅いとの事。気温が17℃。3月下旬から4月上旬の気温だって。今日だけ春みたい。でも明日にはまた、いつもの寒い日に戻るって。明後日はもしかしたら雨か雪?だってサ。差、あり過ぎッ!

 こんなに暖かい時間をただ、ボーッと過ごすには勿体無いと、久々にコーヒーをドリップする。ヤカンでお湯を沸かして、コーヒーをフィルターに入れる。そしてレーズンがこれでもかッ!ってくらいに入っているパンを切ってダイニングへ。いいタイミングで沸騰したので、コーヒーにじっくりと馴染ませるように淹れる。コーヒーから立ち上がる香りを深く吸い込み、脳を刺激する。
b0032921_1705037.jpg
 このコーヒーの香りって、いいらしいよね。何にいいかは忘れちゃったけど。最近、巷で結構、コーヒーについての事が書かれていたりするの目にする。香りもそうだけど、飲む事に対しても、色々と効能があるようだ。コーヒーを全然飲まない人よりも、1日1杯程度飲む人の方が、ガンになる確率が低いらしい。今まで何かと、カフェインがどうとか、ノンカフェインのデュカフェみたいのがお洒落だか何だか知らないけど、悪名高めな感じで言われてきたコーヒーだけど、子供の頃から飲んでいたアタシにとっては、自然にソコにあるもの。そしてウマイ飲み物なんだ。コーヒーだけは何故か、幾ら飲んでも、体に負担を感じずに飲める。完全に「コーヒー漬けの胃」なのか?だったら笑える。

 春一番が吹いている中、陽射しも絶好調。エアコンもいらないから切っちゃえッ!そして一口、「ウマい。」

b0032921_18174979.jpg
 # またタイミング良く、こんなのが送られてきた。当たったらしい。当たったと言っても、30万人だけど。でもヤッパリ嬉しい♪。

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-23 17:03 | 「私的」語り言
2005年 02月 22日
茶楽、買いました!
 時々コメントを下さる平田さんのブログにも書かれていましたが、やっと「茶楽 No.2 中国茶の真実  ワールドムック533」を買いました。いつも行く書店で、一頻り探して見つからなかったので、店員さんに聞いてみたら、「申し訳ございません。こちらでは品切れしてしまったようです。」と言われてしまった。アタシの住んでるトコは、ソコソコ賑わいのある所ではあるんだけど、大きい書店というのがあまり存在してない。なので、「果て、じゃドコの書店に行こうか?」と考えて、渋々別の書店に向った。スグに買えると思っていて、ウチの電気とかエアコンとか付けっぱなしで出て来たんだけどなー。

 で、何とか2軒目の書店で2冊置いてあったのを発見!あ〜、良かった!早くウチに帰らねば、と思いつつも、せっかくだからと和菓子系のお茶請けを買ってしまう。もう時間も夕刻過ぎだったから、あんまり品数も無くて、取り敢えずある品から選ぶ。アタシでも食べれる芋羊羹を買って帰った。コレならほとんど、サツマイモの味しかしないもんね。

 早速ウチに着いて、読んでみる。「おー、平田さん!Andyさんと写ってる!」久々にお顔を拝見しましたよ、平田さん!(←勝手に中国茶の師匠と崇め奉っている。)前に納富さんのブログで見た写真の時より、幾分ふっくら?されましたでしょうか。そんな疑問を抱きながら、茶を点てる。

 そう、今日は点てたのだ。茶を。初めて適当に点ててみた。(苦。)
b0032921_22255889.jpg
 自分で初めて抹茶を点てた。たまに飲む事はあっても、茶道とかやっていなければ、自分で点てる人はあまりいないだろう。まともに抹茶を飲んだのは、ごく最近。一昨年だったか、アタシの母親が遊びに来て、鎌倉へ妹とアタシと3人でいった時だったと思う。北鎌倉の方まで歩いて、ソコでお茶屋さんに入り、抹茶を和菓子か何かのセットみたいなのを頼んだんだ。で、その時に母親も妹も、抹茶を飲む前に付いてきた和菓子を全部食べてしまったのを見て、「何お茶飲む前に、全部お菓子食べちゃって。」と言ったら、「お抹茶はね、先にお菓子を頂いてからお茶を飲むの。」と言われた。そんな事、初めて知った時だった。

 てなワケで、その教えから先にお菓子を食べてから、抹茶を飲む。なるほど。(←分かったような振りをしてみる。)口の中に微かに残る甘さと、抹茶の苦味が溶け合うように感じる。その感覚は日本古来より受け継がれ、語り継がれたモノなのだろう。この抹茶碗に使ったのも、ある意味そう。アタシの母親が作ったモノ。陶芸をやっていて、その作品の中から、アタシが何個か持ち帰って来たモノなのだ。それにしても、初めて点てた抹茶、少しダマになったよ(^^;。

b0032921_23243560.jpg

        緑碧茶園から購入

        極品抹茶 THE JADE
        20グラム  ¥1800



 こうやって抹茶を見ると、ホントに抹茶色ッ!(当たり前)目にも鮮やかとはこういう事を言うのか。抹茶の粉をそのまま口に入れると、苦さを十分に感じる。その苦味もイヤなモノではなく、心地良く思えるのが不思議だ。しかし、幾ら美味しいと思っても、程々に。またそんな事をしたら、胃がキリキリしちゃいそうだ。どんなに美味しいモノでも、腹八分に。そう肝に命じながら、茶楽に読みふけるのであった。


人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-22 23:35 | 「お茶」と
2005年 02月 21日
時を経たモノ
 何ヶ月か振りに、このお茶を淹れてみた。買ったのは約1年前。それからずっと、密かに寝かしていたようなものだった。

b0032921_22405835.jpg

老地方茶坊から購入

みつらんこうこうたんそう
蜜蘭香皇単叢

50グラム   ¥2004
(実際価格は¥2600)




 これは新年の企画で、2004年にちなんで¥2004セールで売られていた時に注文したモノだ。あれから早1年。時が過ぎるのは早いものだ。初めて飲んだ時は、単叢にありがちな収斂味があまり無くて、とても飲み易い単叢だと思って、感激した。それだけでもアタシにとっては、かなりヒットした味だった。

 そして1年経った今。再びその味に触れてみると、とても良い感じに変わっていた。蜜蘭香の味や香りによく例えられる、ライチのようなお茶に変わっていたのだ。これには我ながら驚いた。こんなにいい具合に変化を遂げるとは...。

 味はまろやかになり、収斂味は全くと言って無い。飲み干した後の回甘が、たまらなくフルーティー。吐いた息からは、マスカットの香りがする。あぁ、やっと言われる由縁が分かったような気がする。こんな風に変化するなら、また買わなくてはと思ったくらいだ。買っておいて、寝かせておこうと。茶葉を見ても、その姿は麗しく、艶やかに変貌している。幾分か色も深みを増し、年月の色気すら感じる。

b0032921_22501654.jpg
 茶杯も、基本的な紫砂土のモノを使ってみた。コレは最初に中国茶にハマるキッカケになったプレゼントに入っていたモノ。言わば、アタシが持っている1番古い茶杯。最近は滅多に使う事は無くなってしまったけど、なぜか今日はコレを手に取っていた。

 
 すっかりご無沙汰になっていた両者。時を経たモノとは、こんなにも日々変わっていくのだと実感した。飲んでいく度に、毎回味が違って感じる。もちろん体調等によっても感じ方は異なるが、今日は明らかな変化をしている。
b0032921_2259625.jpg
 人間もそうだ。年を取っていくと、「あの人は丸くなった。」などという言葉を聞いたりする。この蜜蘭香も然り。以前と違って、丸くなっている。強さは影を潜めたが、本来の蜜蘭香の力みたいなものが、いかんなく発揮されていると思う。なぜか不思議と懐かしくさえ思ったりする。そして思い出したりもする。買ったばかりの頃の味の感想とか書き込んだメモがあって、「ふーン。こんなだったんだ。」みたいな...。その感想を書き込んだ時と比べ、明らかに変化した蜜蘭香の生命力に触れたような気がした。日々刻々と変化しつつ、生き長らえる。同じ日は1日としてない。生命あるモノへの、警告なのだろうか。


人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-21 23:16 | 「お茶」と
2005年 02月 20日
チョット優雅に。
 実は今日もアタシは、玉川高島屋へ行った。コレで3日連続!こんなのは珍しい。特に用があったワケではないんだけども、ダンナ様が今、バイクの免許を取得する為に、昨日から何年か振りに教習所へ通い出して、ヘルメットとかグローブとかが必要とかで、それらを買いに行ったついでに寄ったのだった。

 時間的にも地下の食料品売場は混雑してて、キルフェボンも昨日・一昨日とは違ってスンゴい混雑振りだった。で、とても買えそうになかったので、別のモノを買おうと考えた。ソコでアタシは思い出した。「ウチにシャンパンがあったな。」と。正確に言うと、シャンパンではなくて、スパークリングワインなのだが、まァいいでしょ。じゃー、今日はチョット優雅に、シャンパンと言えばイチゴでしょー!となり、キルフェボンでも今、あまおうのタルトとかも売ってるし、旬だしと思って、この際、美味しいあまおうでも買ってしまえッ!という考えに至ったのだ。
b0032921_2014171.jpg
 美味しいあまおうを買おうと、色んなトコを物色。いやーアルアル!美味しそうで大きいあまおう達がッ!値段はドレも似たり寄ったり。だいたい¥1000〜1500前後。粒は小さいモノもあったけど、取り敢えず程々に大きいモノを買ってみました!そんなんで選んで買ったのがコレ! どうですか〜?程々に大きいでしょ?1粒が手の平のくぼみに入るくらいの大きさです。もっと大きくてスゴいのもあったけど、このくらいの大きさがいいかなー?と思って。よ〜く見てみると、あまおうって、イチゴの花びらが残ったままのが多いなーと気付いた。花が咲いてそんなに時間が経たないうちに、こんなに大きくなるんだなッて。b0032921_20191063.jpg

 あまおうを準備して、いざ飲むのを待っていた冷え冷えのシャンパンを開ける。ホントは甘いイチゴを考えて、ブリュットの方が良かったんだろうけど、ドゥーぐらいの甘口のタイプで頂く。b0032921_20254873.jpg あまおうッて、ホント大きい!一口じゃ、とても入りませんよ、1粒が。1粒食べるのに、3〜4口程かかります。そして甘くてホント、美味しい♡。アイベリーって手もあったけど、アイベリーはもうチョット値段も高くて、大きい。でも、あまおうで十分です。大きいのに、しっかり味も濃くて、甘いし。上に被さっているセロハンを取っただけで、甘〜い香りがします。シャンパンがブリュットの方だったらもっと、甘さが際立ったかも知れませんね。ソコがチョット失敗?かなー。コレを書いている今、ダンナ様はどうやら気分が良くなってしまったのか、パクパクあまおうを食べてしまい、「チョットお昼寝する。」と言い、ベッドへ行ってしまいました♪。(お昼寝じゃないだろー、この時間!)

 まぁ、そんなんでチョット贅沢で優雅な感じで、シャンパンとイチゴを堪能してみました。(だってバイク用品屋さん、退屈だったんだもの。)バブルの頃には、高級ホテルのバスルームで、バブルバスに入りながら、シャンパンとイチゴみたいなシーンがあったりしたけど、今もあんな風な事、してる人っているのかなぁ?アタシもまだ働いてた頃とかって、女友達とレディースプランとかで結構色んなホテルに泊まりに行ったけど、そんな事しようだなんて、考えた事もなかったなー。b0032921_2044569.jpg

 でも、こういうのって、たまにするからいいんじゃないかな?毎日やってたら多分ツマらないし、飽きちゃうヨ。こういう風に気まぐれにやった方が、何か楽しいし、嬉しい気がする。「あー、贅沢!」とか「優雅よねー。」みたいな。(まぁソレでもウチは、他人から見れば贅沢に思われる事もあるけど...。2人しかいないしサ。)こんな時間が過ごせるのも、一重にダンナ様のお陰ですワ☆。チョット感謝!でも、ダンナ様がバイクの免許資金に使うお金の分、アタシも何か買ってもらわなきゃ!(←全然感謝してない?)

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-20 20:53 | 「私的」語り言
2005年 02月 19日
紅茶には紅茶で。
 昨日は午後から、久し振りに1人で車を運転して、玉川高島屋へ。さすがに平日の午後、駐車場スンナリと入れました。何となくキルフェボンのタルトが食べたくなり、ほとんどソレだけを買いに出掛けたようなものだ。だから滞在時間約30分!車を運転してる時間の方が、長かったかも?だって246、混んでたんだもん、往復とも。

 で、着いて早速目的地のキルフェボンへ一目散!ちょうど今、マンゴーフェアなるものをやっているらしく、マンゴー!マンゴー!マンゴー!にショーケースが埋まってました。その中に今が旬の、あまおうのタルトなんかもあったけど、1ピースが高ッ!そんなに手持ちのお金を持って来てなかったので(お金を持って、買い物に行きましょう!)、別の獲物にする事にした。でもチョット待ちそうだったので、近くにあるリーフルダージリンハウスへと移動。こちらもちょうど、オータムナルが入荷してたので、茶葉鑑賞のつもりで見てみる。しか〜しッ!やっぱり鑑賞だけでは済む事は無く、ついつい真剣に選び始めるハメに。そういや、この前買ったオカイティS/F DJ-181も残り少なくなり、1回分あるか微妙だなーと気付いてしまって...。

 レジのトコロに、「タルボ農園  YUMEKO TEA入荷しました。」のポップが。あ〜あ〜、見付けちゃったよ。茶葉を見てみると、中国茶の白牡丹みたいに見える。こういう姿を見ちゃうと、ダメなんだよねぇ。茶葉を直に見せてもらって、香りを嗅いでみると、なかなか良い香りがするじゃないですか。穏やかに甘く、ふんわりと包み込むような香り。そして微妙に爽やか。ハイ!そんなんでご購入決定ですッ!ついでに、持っていなかったティーコゼ等も買ってしまいましたぅッ!あー自爆。

b0032921_9552121.jpg
リーフルから購入

THURBO農園 A/N
YUMEKO TEA
(FTGFOP1/'04年9月摘み)
50グラム  ¥2625





b0032921_9584776.jpg えーえー、自爆ですよ、どーせ。(開き直り)そして最近お決まりのショットで披露!しっかりとした大きめの茶葉に、これまたビッシリ産毛の生えたシルバーティップス。所々グリーニッシュな部分もある。茶葉を触ってみると、フカフカした絨毯みたいな感触がした。飲むのが楽しみになっていた。

 自爆した後、再びキルフェボンへ。何にしようかなー?と左から右、右から左へと何度となく目線を往復して選んだのが、ニルギリ紅茶のタルトとペリカンマンゴーのババロアだっけ?を買った。でも危うく、またヤッチまうトコだった。店員さんに勧められた別のマンゴーのヤツにして呼ばれるのを待ってたら、スグに店員さんが戻って来て、「あのー、コチラ1ピースが¥1200になりますが宜しいですか?」と言ってきた。なぬッ?! 1ピースが¥1200?! ムリです、今のアタシの全財産では。片方のタルトが¥600くらいなのに、こっちが倍?そんな1ピースの格差があってはなりませぬ。¥1200も出したらケーキセットとか食べれるぜッ!ドリンク付きで!とかバカな事を考えつつ、「スミマセン。今日のアタシにゃムリだわー。じゃ、コッチにしてくらはい。」とオ安い方のマンゴーババロアへ変更。いや、それにしても店員さん、御親切にお値段の事を伝えて(忠告か?)くれて。間違いを犯さなくて済みました。

 無事に目的の買い物を終え、また駐車場へ直行!スゴいアタシ!って言うか、何しに来たんだ?とさえ思ってしまった。あまりにも呆気無く帰宅する自分を振り返っていた。

 夕ご飯を食べ終えて、早速買って来た紅茶とタルトを頂く。ダンナ様に「コレじゃない方のマンゴーのがさ、1ピース¥1200だったんだよ。スゴくない?ソレ。」と言うと、ダンナ様も「1ピース¥1200?高いねー、今のお前には。」と言われた。えーえー、そうですよ。お給料日前の一番キツい時ですからねぇ。早く来〜いッ、給料日!
b0032921_10261182.jpg


←ペリカンマンゴーのババロア




b0032921_10262995.jpg





→ニルギリ紅茶のタルトとTHURBO農園 YUMEKO TEA



 
 どっちがどっちを食べるかを決める時、ダンナ様は紅茶のタルトがいいッて言ったんだけど、アタシがこっちがいいんじゃない?と、なかば無理矢理マンゴーの方へ変えさせる。だってアタシが紅茶のタルト食べたかったんだもン♪。ま、後でダンナ様はアタシの方も一口食べて、「こっちで良かった。」ッて言ったからいいんだけど。

 紅茶には紅茶で今回は頂いてみた。お初のTHURBO農園モノ。オータムナルって甘味が強くて、コクがあるってイメージなんだけど、コレはA/Nな感じもありながら、F/Fのような清く爽やかな香味がする。喉を通っていく感覚も実に軽い。飲み終えたカップからは、蜜のような香しい余韻が。紅茶のタルトもサクサクしたタルトの生地の中に、茶葉が混ぜられていて噛む度に香りが口の中を漂う。タルトと紅茶がお互いの良い所を引き出し合ってる感じ。紅茶には紅茶の魅力に惹かれながら、程よい甘さのお二人に完敗しちゃいました。

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してね♪。
Top▲ | by hanacha3 | 2005-02-19 11:00 | 「お茶」と
| ページトップ |