※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2005年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2005年 04月 30日
ココが好きッ!
 ココ1週間、春の眠気に誘われるがまま、爆睡しているアタシ(^^。昨日も夜ゴハンを食べ終わって本を読んでいたら、そのままzzzz.........。多分、午後10時前だったような?お陰で今日も、早起きした。まッ、ダンナ様がサーフィンに行く準備を始めていたので、その音で目が覚めたと言うのが正しいのかも知れない。

b0032921_8492363.jpg お腹が空いてきたので、今日は1人で朝食。簡単にチーズトーストと、昨日買ってきたブルーマウンテンNo.1を。ウチにあったブルーマウンテンが無くなって、買ってきたのだ。近所に出来たコーヒーのお店で、生豆をローストしてもらった。ローストしてもらってる間、店内がコーヒーの香しい香りで満たされた。ダンナ様と、「いい香りだねー。」と話していた。

b0032921_8534332.jpg 起きがけのコーヒーは、体に良いように感じる。買った後に、バッグに入れて買い物をしていたら、ローストしたばかりのコーヒーの香りが自然に込み上げてきて、ソレだけでも気分が満たされていく気がした。チョット奮発して、ブルーマウンテンNo.1を買ったので、十分に楽しめるのは間違いない。香りを嗅いでいるだけで、ストレスを一緒に吐き出す感じがする。(←ストレスなんか、あるのか?!)
b0032921_8581458.jpg
 風が強かったのも、だいぶ落ち着いてきたみたい。今日は昨日より良い天気になるらしい。バルコニーに出て、お決まりの花たちを観察してみた。ERのスノー・グースにも沢山の蕾が上がってきた。ウチで唯一、オベリスクに誘引しているバラ。このコは、小さく白い花が房になって咲く。去年の「国際バラとガーデニングショウ」で、ウチにお迎えしたバラだ。苗を選んでいる時に、近くにいたオバさま達が、「このバラはねぇ〜、ホントに丈夫よ〜。放ったらかしにしてても、冬までず〜ッと咲いてるのよ〜。」と、一緒に来ていた人たちに話しているのが聞こえた。確かにそう。丈夫だし、沢山花が咲いて、病虫害にも強い。香りはほとんどしないけれど、あちらこちらに咲いている白い可憐な花は、見慣れているERの中でも意表をつく可愛さがある。1ケ所の蕾から、5〜6輪は裕に咲くので、ソレがまた可愛いのだ。

b0032921_975524.jpg←写真をクリック!
 コレは八重咲きチューリップの、マウントタコマの後ろ姿。もうかなり満開になっているんだ。この後ろに入っているグリーンのラインが、タマらなく好きッ♡。一重咲きのスプリンググリーンっていうのも、こんな風にグリーンのラインがある。白地にこのグリーンのラインが、何とも爽やかさをアピールしている。正面からみるのも勿論好きだけど、なぜか後ろ姿だけアタシは目で追っている。
               写真をクリック!→b0032921_914529.jpg  
 コレは同じく八重咲きチューリップのアンジェリケ。この薄いピンクのマーブルになっているトコロも、タマらなく好きッ♡。全体的にも柔らかいピンク色をしているんだけども、このチョット濃くなっているのに、心を奪われてしまう。水彩の絵の具を筆でスーッと引いたように見えるけど、ソレが自然と織り成したモノだから、また不思議と思って見入ってしまう。

b0032921_9252978.jpg 昨日、蕾が折れてしまっていた、ERのアブラハム・ダービー。その次に大きく育っているのがこの蕾。下の部分が風で擦れてしまって、チョット黒ずんでしまっている。ERのエブリンも、香りの良いバラとして人気があるけれども、このアブラハム・ダービーも香りがまたイイッ!密に花弁が折り重なって、濃厚なバラの香りを放つのだ。たった1輪だけでも、グラスに挿しておくと、部屋中がバラの香りに満たされるくらい。それぐらい強香な香りのバラなんだ。バラの香りが、アタシはタマらなく好き。今、ウチで使っているボディソープもバラだし、よく使うフレグランスもバラの香りのモノ。

 最近は花屋さんでも、ERの切り花を扱うトコロが多くなってきて、ソレを見付けてしまうと、見境無く手に取って、お持ち帰りしてしまう事が多い。バラは1輪だけでも、幸せな気持ちにさせてくれる。花屋さんで買うバラは、ERは勿論として、市川バラ園さんで作られているバラなんかは、特に見事で美しい。決して安くはないけれど、その花の魅力と香りに癒される。前に奮発して、市川バラ園さんのバラを20本程購入した時があって、その時はもう、ウチにあるだけで正にバラ色♪な気分になれた。何度も鼻を近付けては、香りを確かめてた。バラの香りをまた、気絶(?)する程、楽しみたい。早く、「国際バラとガーデニングショウ」始まらないかなぁ☆。今年は、隠れた銘園でもある、駒場バラ園さんも出るらしいし。老主人さんもいらっしゃるんだろうな。お元気なのだろう。あの場所に踏み込んでしまうと、アタシはウチに帰りたくなくなる。だってもう、バラの香りがこれでもかッ!ってくらいに、押し寄せてくるんだもン♪。あー、行きたいッ!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-30 09:45 | 「お花」と
2005年 04月 29日
のんびりとスタート
 昨日は風がスゴかった!もうバラがワサワサと風に揺らされて、せっかく大きくほころびかけた、ERのアブラハム・ダービーの蕾がポッキリと折れてしまった。ショックだーッ!まぁ、仕方ないね。あの強風だもの。次があるし、我慢しましょッ。

 で、今日からG.W.が始まりましたね。アタシは昨日の夜に、ソレに気付いた。(←遅いッ!)何せ、働いていた時から、曜日だの祝祭日だの、連休だのって関係のない仕事だったから、そういう事には疎いのである。ウチは連休だからと言って、出掛けるという事はあまり無い。ダンナ様の仕事があるからだ。そういう今日も、午後から仕事に行った。でも、世間は連休なので、帰りは早いんだけどね。

b0032921_14241184.jpg  そんな中、アタシは何をしているかというと、ウチのバルコニーで1人のんびりとお茶&読書(?)をしてました。昨日フラリと本屋に立ち寄り、何かお茶関係の見掛けない本があったので、買ってきたのだ。お茶と言いつつ、コーヒーまで書いてある。コーヒーもある意味、お茶か。b0032921_14255930.jpg 今日は暑いくらいの陽気なので、冷茶を淹れてみました。淹れたのは、この前サンプルが美味しかったので、楽工房さんから買った不知春。コレを、氷を沢山入れたグラスへ一気に注いでみた。少し前に、バラやその他のコたちに水遣り等の世話をしていたら、スッカリ汗をかいてしまったので、シャワーを浴びた。この冷たさは効く〜〜〜ッ!って感じ?でもソレがウマいのだ♪。

b0032921_14331575.jpg←写真をクリック!
 昨日の強風で、バラたちはチョット傷み気味になってしまった。防風ネットみたいなのが貼れないので、仕方ないっちゃ仕方ない。でも、思っていたよりはまだ、大丈夫だったみたい。今日も暖かいからか、だいぶ蕾も大きく膨らんできた。コレは今ウチで、1番大きく膨らんでいる、ERのアンブリッジ・ローズの蕾。もうガクから花びらが見えてきている。薄いアプリコット色の花びらだ。この位の大きさに膨らんでいる蕾が後、2〜3コ程ある。1週間位経ったら咲いてるかもね(^^。あー、楽しみ♡。
b0032921_14393484.jpg
                   写真をクリック!→ 
 コッチは同じく、ERのグラハム・トーマスくん☆。中央の蕾の周りに、小さい蕾が3コ付いてる!ホントはこういうのって、取らなくちゃいけないんだけど(摘蕾という。)、勿体無いのでアタシは敢えてそのままにしちゃってる。このコもかなり、優秀なコなんだよ。病気もほとんどしないしね☆。初心者には育て易いERの1つ。ウチでは1番大きい10号鉢で育ててるんだ。
b0032921_14464958.jpg 
 このコは、ERのメアリー・マグダレン。蕾が下にうつむいているの。去年は一気に10輪程咲いてくれたんだけど、剪定していったら若い太いシュートが伸びてきて、古い枝はカットしちゃったんだ。だからその若い枝がスゴい勢いで伸びちゃって、その伸び方が十字のようになってしまった。お陰で枝振りがオカシな格好になっちゃったんだよねぇ(^^;。全体を見たら、スゴい変。また仕立て直ししなくちゃいけないバラなんだ。
b0032921_1453217.jpg
              写真をクリック!→   
 このコもERの、チャールズ・レニー・マッキントッシュ。この蕾も膨らんできて、中のピンク色した花びらを覗かせている。マキマキしてたのが、少しずつ解けてきている。
b0032921_1501456.jpg←写真をクリック!
 このコは生育にチョット難があった、ERのタモラの蕾。グラハム・トーマスくんと同じ様に、脇にも蕾が出来ている。基本的に野放し状態で育てているアタシは、あまり摘蕾はしない。この脇の蕾がキチンと咲くなら、咲かせてあげたいし...。ダメそうになったら、摘む程度にしているの。初めてこのコが咲くのを見るから、どうにも咲かせてあげたい親心みたいな気持ちなんだ。今のトコロは健康に育っているみたいなので、ダメになったらその時に...、ぐらいの感じで観察しているのサ。
b0032921_1572730.jpg 
 ラベンダーもかなり咲いてきたヨ。彩りもより一層、華やかな感じになってきた。こうなってくると、早くバラが咲かないかなーと思う気持ちが高まる一方。チューリップは昨日の強風で、花が散っちゃったヨ。寂しいわン。でも、次に待ち構えるバラやクレマチスがあるから、ソレを楽しむつもり。のんびりとした中で、アタシのG.W.は始まったけれど、この連休の間に久々にダンナ様と一緒に、辻堂へ行こうと計画中♪。日焼け止めを塗って、紫外線防止のテントを張って、帰りに珊瑚礁(本店)のカレーが食べたいッ!さてとッ!今年のG.W.は、のんびりと楽しく過ごすゾッ!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-29 15:13 | 「私的」語り言
2005年 04月 28日
Before dawn.
 夕べは夜ゴハンを食べた後に(ッていうか、もう午前0時を回っていたけど。)、未だに春眠暁を覚えずなアタシは、寝ちゃってた。そうしたら、朝早くに目が覚めてサ。起きてみたら午前5時。早ーッ!いつも寝る時間じゃん。(←一体、何時に寝とんねんッ!)まだ陽が昇る前だった。最近はもう、5時くらいになると空が白み始めてくる。何かチョット前までは、まだ5時っていうと暗かったような...。ホントに時の過ぎる速度が早く感じるようになった。b0032921_7224914.jpg寝起きにPC覗いてたら、ある曲が聴きたくなって、CDをPCに挿入する。アタシのお気に入りなアルバム、StingTEN SUMMONER'S TALESだ。思い返せば、このアルバムとの付き合いも長くなったモノだ。だってまだ、アタシが学生だった頃だもの。今のこの夜明け前の時間に合っているような気がした。起きてしばらくしていたら、コーヒーが飲みたくなった。で、早速ヤカンでお湯を沸かす。淹れたてのブルーマウンテンの香りは、また格別に心地良く感じる。
b0032921_7333490.jpg
 新聞を見てみると、まだ例の電車脱線事故の記事が1面に掲載されている。もう何日経っているのか。未だに運転士を含めた数人が、車内に取り残されているって夕べのニュースで言ってたっけ。1日も早く助け出して欲しいと、切に願うばかりだ。こんなに電車に乗っていて、亡くなってしまう人が多い事故になるなんて、誰がその時に思うだろうか。いつものように駅に向い、いつものように電車に乗り、それぞれの目的地に向っただけなのに。何の代わり映えのない日々を過ごす事が、人にとって幸福と感じる事だろうに、そんな事すら悲劇を招く行動になるなんて、誰が思うのだろう。

 今、聴いているStingのアルバムに、こんな曲が入っている。"If I ever lose my faith in you." 直訳すると、「私があなたに対する信頼を失うなら。」となる。あなたという部分が、この人に対するモノでなくて、自分が持っている幸福感や思考、国や企業倫理などに変えてみたら、何となくこの歌詞に当てはまるような気になってきた。この先、人は何を信じて生きていくべきなのか。答えのない、永遠の「謎」であろうか。

b0032921_7524020.jpg Stingの曲を聴いているうちに、"Fields of gold."が掛かった。東京の空は金色に見えるのだろうかと思い、外に出てみた。太陽は辛うじて金色に輝いて見えるけど、東京は遠くグレーに霞んで見える。コレが今の東京の姿を映しているんだろう。東京だけじゃくて、日本がこうなんだと思う。こんな時代が来るなんて、過去の人は予想してたのか。ただ生きていくというだけで、人は今、喜びなんて感じなくなってきているのも事実だ。

b0032921_815323.jpg 向きを変えたら、新宿副都心の高層ビル群。働いていた頃、仕事で辛い事があった時、よくこの新宿の高層ビルの1つにあったバーに飲みに行ってたな。高いトコロから周りの景色を望むと、行き交う電車が見えて、沢山の人がいて、それぞれに帰る家があって、働く場所があって、考えたり悩んだりしてるんだなと思っていた。そう思う事で、妙に元気になったりしてた。

b0032921_81244100.jpg アタシは今、何に感謝しているかと考えた。今ココに、自分という存在があるという事に。確かに育ててくれた両親や家族に対して、感謝している。言葉や態度には示さないのが多いけれど。ソレにダンナ様に対しても勿論、今は特に感じている。こんなアタシをヨメに貰ってくれたのだから。こんなアタシを、無償で食べさせてくれてるのだから。(笑。)知り合ってきた友人・知人にも、持っている。それと...、何だろう?

 あ、花たちにも感謝。花はアタシに喜びをくれるから。今朝もアンジェリケが、群れになって咲いていた。ソレを見ていると、普通に笑顔になれる。花が咲き終わったら、アタシはいつも、「ありがとう。」と言う。切り花の時なんか、特にそう。だってその後は、捨てられてしまう運命だから。せっかく生まれてきて、最後にアタシたちを精一杯、喜ばせてくれたから。そんな花たちに、感謝の言葉を送るようにしている。何でもいい、何の変哲のない物・事・人に対して、少しでもいいから感謝する事を忘れずにいたい。


人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-28 08:27 | 「私的」語り言
2005年 04月 27日
A sudden driving rain.
 1日なぜか気分が乗らず(←いつもじゃない?ソレって。)、ボーッと過ごしていた。それでも午後には買い物に出掛けようと、頃合を見計らっていた。そんな風にしていたら、外が段々と暗くなってきて、「?」と思ってたらイキナリ、「ゴロゴロゴロゴロ.....、ドーンッ!」と雷が鳴って驚いた。驚いて外に出てみた
b0032921_3515563.jpgら、正にバケツをひっくり返したようなドシャ降りの雨!わー、何ぃ?ッて感じ。アスファルトに叩き付けるような凄い降り様に、夏の夕立ちかスコールかって思っちゃったよ。チョット遠くを見ていたらお婆さんが1人、突然の雨のせいか、雨宿りをしているのが見えた。「寒くないかなぁ。」と心配したりもした。外で遊んでいた子供達も、この突然の雨から急いで逃げるようにして、自転車を漕いで行った。激しく降る雨で、白く景色が霞んでいく。雨が当たるところは特に酷い。雷も相変わらずゴロゴロと音をたてていた。あー、出掛けようと思っていた矢先だったのに、出ばなをくじかれたみたい。

 仕方ないので、この雨が止むまで再びウチで過ごす事にした。と、そんな風にしていたら、ソファーの上で寝ちゃってたアタシ。起きてみたらドップリ陽も暮れてて、雨も止んでいた。すっかり買い物に出掛ける気力も失って、お茶を淹れて気分転換してみた。b0032921_481439.jpg



華泰茶荘から購入

きひびじんちゃ
貴妃美人茶

25グラム  ¥2730




 3〜4日前に、華泰茶荘のメルマガが送られてきて読んでいたら、この貴妃美人茶の冬茶が入荷したと書いてあったので、早速買ってみたのだ。去年買おうとした時は、既に遅くて完売してしまっていたから、今回は飲んでみたいなと考えていた。実はウチにはもう1つ、別の貴妃美人茶があるんだよねぇ。まッ、ソレはこの次の機会にでもUPするとして...。 b0032921_421451.jpg  

 この貴妃美人茶は、最近よく利用されるウンカのついた茶葉を、東方美人以外のお茶に利用して作られたモノだ。このウンカが噛んだ茶葉を、伝統的な凍頂烏龍茶の製法に基づき、しっかりと焙煎して作られたお茶と紹介されている。2ヶ月くらい前だったか、華泰茶荘へ行った時に、オーナーの林さんに伺ったら、「次回の入荷は来年の7月ぐらいですね。」と言われていたので、まだまだ先だなーなんて思っていた。そうして忘れていたところに、メルマガで「300グラム、限定入荷!」と書いてあるのを見たら、案の定、購入してしまっていたのサ。
b0032921_4292993.jpg
              茶葉をクリック!→
 このウンカに噛まれた茶葉を利用して作られるお茶が、増えてきたようだ。ウチにも今、ウンカに噛まれた茶葉が3種類はある。この貴妃美人茶と元祖的な存在の東方美人に、それから蜜香緑茶だ。これらのウンカに噛まれた茶葉を使ったお茶の特徴と言えば、蜂蜜のような甘い香りなんだろうか。蜜香緑茶もそんな風に確か紹介されていたような気がする。

 今回の貴妃美人茶は、蜂蜜と言うよりは、熟した果実香と言った方が近い感じがする。あくまで、アタシ個人的にはだけども。飲んでみると強めに火入れした風味がしてきて、ソレは以前に飲んだ舞色や、竹里館の東方美人の印象と重なる。1、2煎目はかなり、飲み応えのある味なのだ。高温で淹れてスグに飲むよりは、少し冷ましてから飲んだ方が、すんなりと体に入っていって、蜜蘭香のようなライチの香味が感じられると思う。茶水の色は、濃い赤茶色。かなり赤いのが鮮やかに写る。

b0032921_4533511.jpg ココ最近、また胃の調子がすぐれないので(原因は分かっているので、しばし我慢と言ったトコロなのだ。)、食欲が無くて嬉しいやら、困るやらな状態のアタシ。でまァ、こんなモノぐらいしか食べる気にはならず、この貴妃美人茶と合わせてみた。限定モノついでに、Kit KatのCafe' Latteを上に乗せちゃったりして☆。b0032921_4582692.jpg 不思議とこの組み合わせがイケたりした♪。黒蜜きなこのアイスを口に入れてから、貴妃美人茶を飲んで混ざり合った味が、何とも上手に表現出来ないけど、ウマい!コクのある黒蜜が、貴妃美人茶が合わさる事で、しゅわーッとスッキリとクリアな甘味に変わる感じ。この混ざった味が良いのだ。「わー、イケるやんッ♡。」と調子に乗って、パクついてたらアッと言う間に無くなってた...(^^;。何煎か淹れているうちに、火入れの強さも抜けてきて、柔らかい味わいになってきた。このくらいの方が、アタシは美味しく思う。コレも少し寝かせてみたら、アタシ好みの風味になりそうかな。そんな予感がする。飲み終えて気分が落ち着いた頃、ふっとさっきの雨の音を思い出してみた。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-27 05:09 | 「お茶」と
2005年 04月 26日
春眠暁を覚えず 〜花便り Vol.2
 一昨日に続き、朝早くに(でもないけど...。)ダンナ様に起こされる。知らないうちに明け方、雨が降っていたようでソレが止んでいた。太陽も出ていて良い天気になりそうだなと思っていた。けれど、また雲行きが怪しくなったと思えばまた、雨が突然ザーッと音を立てて降ってきた。変な天気。お給料日だったから色々とヤラなくちゃいけない事があって、外に出なくちゃいけないのに、また雨〜?ヤダなぁ。雨が止まないと、外に出る気がしないよー。(そんなのどうでもイイって?)何て考えていたら雨が止んで、今のうちにと自転車に乗って銀行とか郵便局とかに向った。
b0032921_212063.jpg
 雨が止んだら途端に太陽がまた照り始めた。雨上がりのこういう太陽の光を浴びていると気持ちが良くなる。さっきまで雨が降っていた時には閉じていたチューリップも、陽が注してきたら花を開かせてきた。スゴい太陽の光を反射している。色が今まで以上に鮮やかに見える。
b0032921_21326100.jpg
 チューリップのアレグレットが満開になったら、ダリヤみたいに見える。つい2〜3日前までは、花びらがどうなってるのか全然分からないくらいに、複雑な咲き方をしていたけれど、こう満開になるとヤケに平べったく平面的になるんだなぁ。とても同じ花とは思えなくなる。b0032921_2174368.jpg アンジェリケの方も、満開になった。色もたいぶ薄くなって、白っぽくなってきた。花は咲き進んでくると、色が褪せて薄くなってくる。こうなってくると、終わりも近いのかなと感じる。満開ないなるのは嬉しいし楽しみでもあるけれど、終わりが近い気がして、寂しくもなってくるのだ。蕾が上がってくる頃ぐらいが、気持ち的に1番盛り上がるのかも知れない。このアンジェリケもこうなってくると、別の花に見えてくる。しゃくなげの花のように見えた。終わりがもうスグのところまで来ているけど、こういう変化を見れるのは、今の時期だからなんだよね。
b0032921_2241761.jpg 
 ブラックダイアモンドも満開だ。コチラも色が褪せてきて、中の色が白いという事が分かるくらいに開いている。花びらの縁も、水分が減ってきているから軽く内側にウェーブがついてきた。八重咲きのチューリップって、満開になるとチューリップとは別の花に似てくるんだねぇ。今までは一重のチューリップばかり育ててきたから、改めて知った気がする。
b0032921_2295543.jpg←写真をクリック! 
 ラベンダーってあの花を見たら、アレで花が咲いていると思っている人、多くない?アレはまだ実は、咲いていない蕾をいっぱい抱えた状態だって知ってた?ホントはこういう風に、1つ1つが蕾になっていて咲いてくるんだよ。コレはちょうど咲いてきた状態なの。中にオレンジ色っぽい雄しべが見えるでしょ。コレが1つの花。だから花の集合体なんだよね、この1本ってサ。

 昨日は前日に続いて、鉄観音を飲んでみた。新茶の入荷を待ったり飲むのも、今の季節ならではの醍醐味みたいなのがあるけど、以前に買って飲んでいたお茶にも目を向けないと、なんてチョッピリ思ったからだ。
b0032921_2392388.jpg


遊茶から購入

てっかんのんおう
鉄觀音王

25グラム  ¥1800
(現在は取り扱い無し)



 コレはアタシの記録ノートを見てみると(タマに書いてたりする。)、どうやら買ったのは去年の3月頃らしい。このお茶の紹介文を引用すると、こんな風に書いてある。最近、トレンドの中心となりつつある「酸性型」の鐵観音。カテキンの酸化度および、火入れを低く抑え、品種の持つ酸味を引き出している。
b0032921_2554220.jpg←茶葉をクリック! 酸性型のタイプの割には、茶葉はそれ程青くはなく、明るいグリーンのところと黒味を帯びた茶緑のような色合い。このままの状態だとまだ、青臭さはあまり分からない。あれから1年、買った当時の記録ノートの感想とは違っているだろうか。
b0032921_344357.jpg
 茶壷を使って淹れてみる。(記録ノートには、茶壷を使って淹れたと書いてある。)久し振りに淹れてみると、茶壷の蓋から上がってくる香りは、青い香りがしてくる。ココ最近、火入れの強いお茶を飲んでいたのもあって、そう感じるのだろうか。

 飲んでみると青い香りの後に、甘い花香がする。ソレが時間が経つと共に、グリーンな柑橘系のような酸味のある香りが強くなってくる。余韻としても酸味を感じるようになっきた。茶水の色は、淡いイエローグリーンだ。当時の記録よりは、若干青い印象が強くなったように思う。花と草の匂い。何かソレだけ思い浮かべると、十分に春っぽい。甘さも煎が進むごとに、口の中にまとわりつくような感覚を覚えてきた。花をお茶にしたら(花茶があるけれど。)、こんな感じにもなるかなと考えたりして(^^;。飲んでいくうちに、菊花茶を飲んでるような気になってきた。こんな味の菊花茶を、ドコかで飲んだような...。記憶違いかな。まだまだ春眠暁を覚えずなアタシだから、記憶を辿る力は今、ない。あはは...(^^。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-26 03:20 | 「お花」と
2005年 04月 25日
春眠暁を覚えず 〜花便り
 昨日の朝は早起きだった。起きたのは午前6時。ダンナ様がサーフィンに行ったので、その出掛ける時の雑音と、何度かのドアの開け閉めの音で目が覚めたのもあった。それとまたもや頭痛。また雨降るでしょ?前の日の夜から、何となくは肩凝りとボンヤリとした痛みはあった。でも朝になったら頭痛が酷くなってて、肩凝りもチョット半端なかったのだ。仕方なく起きて、無理矢理ゴハンを即席で作って食べて、鎮痛剤を飲む事にした。

 そんな風にしてゴハンを食べて鎮痛剤を飲んだら、また寝るのもどうかと思って、結局そのまま起きてしまった。まだ時間が早かったから、バルコニーの花たちに保護剤の散布と、蕾を大きくさせてきているので肥料をあげた。ついでに天気が良さそうだったから、洗濯をして(サーフィンからダンナ様が帰って来ると、洗濯物が倍増するので今のうちにと...。)、バルコニーを掃き掃除して、部屋の中も掃除しているうちに、午前は終わってしまった。
b0032921_1525461.jpg←写真をクリック! 水遣りとかしていると、遅れをとっていたローズゼラニウムにもやっと、蕾が上がってきた。遅いぞー、お主ッ!他のコは、もうとっくに咲いているじょー!と、アタシには似合わない言葉を発してみる。コレってどんな花が咲くんだっけ?スッカリ忘れている。1番このコが早く大きく成長していたのに、花が咲くのは1番最後。昔ばなしの「うさぎとかめ」みたいだ。怠けるなよー、早く咲きなさいよー! b0032921_1585490.jpg                                      
                   写真をクリック!→ 
 そういうクレマチスも、どうやら花芽らしきモノが出来てきた。何せ初めて育てるクレマチスだから、ドレがドレだかあんまり分かってないアタシ。前に見たのと違うように見えるから、花芽だよね?誘引してそんなに日にちは経ってないんだけど、もうアッと言う間に立てた支柱より大きくなっちゃったヨ。ありゃりゃ、どうしよう。失敗?
b0032921_284755.jpg←写真をクリック! 
 朝から薫るラベンダーは、頭痛気味のアタシには自然の鎮痛剤みたいだ。ソレはいいけど、眠気にも誘われちゃってたり?(笑。)あーダメダメ!まだ寝ちゃダメ!上とチョット下の2段で咲いているんだよね、ラベンダー。ラベンダーも放っておくと、かなり大きくなるんだよね。根元なんか木質化してくるしサ。コレもそうなるのかな。イヤだなー、ソレ。そういう風にならないようにするには、方法があるんだろうか。
b0032921_2163461.jpg          
               写真をクリック!→
 忘れそうなぐらい小さく儚げに咲いているのが、名前通りの忘れな草。ウチのバルコニーで咲いている花の中で、明らかに1番小さく咲いている花。小さくてホント可愛いんだけど、切り花で買うと結構なお値段になるのよねン、コレ。 

 でまた、こんな風にボンヤリと花たちを眺めていたら、時間は容赦なく過ぎていた。時計を見ると、もう午後3時。こういう時間ッて、自分ではゆっくりと流れているように感じてても、現実的にはモノ凄く早いんだ。あッ!アゲハ蝶が飛んでるッ!今年初めて見た。そう言えば、もうアタシの眠気が限界かも知れない。見るモノ全てが、もわーッと見える。視界が狭まる。あー、お昼寝しよう。

 とベッドに直行して、倒れたアタシ。早起きはいいけど後から辛くなる(^^;。頭痛と肩凝りは治まったけど、春だからなのか、最近眠いぞ!アタシ!秋と言い春と言い、人にとって心地良い季節は、とっても眠いのだ。そんな事はお構い無しに、ウチの花たちはグングン育って目が離せない。ホント、力強いよねー。

 1日の全てを終えて、やっとお茶で一息入れる。夕べはコレを淹れてみた。
b0032921_233182.jpg

遊茶から購入

せいそうかんのんおう
正叢觀音王

25グラム  ¥1100





 コレは確か秋茶だったかな?花を見ていたら、何となくコレが飲みたくなった。花香の後にじんわりと甘い乳香がする。花の甘い香りを吸っていると、この香りを楽しみたくなったのだ。渋味は少なく、スッキリとした味わい。食後に飲むと、とても落ち着く感じがする。b0032921_2415830.jpg           茶葉をクリック!→
  
 正叢とは、純粋な鉄観音種を使っているという意味。茶葉の色は、灰緑色をしている。湯に注すと、次第に無色透明な水色がこの灰緑色に染まっていく。茶杯の縁がその色に染まった頃が、飲み頃だ。飲んだ後の余韻も、花のように甘い。b0032921_2505556.jpg
←写真をクリック!今回のBest Shot!
 茶杯の中で大きく蘇った茶葉には、まだ土の上で育っていた頃の面影が見られる。しっかりとしたステムの伸びた先には、太い葉脈を持った茶葉が2〜3枚程残されている。今も土の上で育っている茶樹は、こんな風なんだろうか。時に陽の光を浴び、時に霧に包まれ、時に風に晒される。そして旅立ちの時を迎えるのだ。春眠暁を覚えずなんて、君たちには今、縁が無いのだろう。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-25 03:00 | 「お花」と
2005年 04月 24日
流れ
b0032921_194497.jpg 朝起きて、少し晴れかけた空を眺めて見た。見ていると、下界の風の流れと差があるみたいで、雲は意外な早さで流れている。風はほとんど感じない程度だけど、空の上では風が流れているようだ。さっきココにあったはずの雲が、もう彼方の方にあったりする。アタシがいるコッチでは、風も穏やかで気持ちの良い朝を迎えている。それでも少しは肌寒く感じだけれど、朝らしい気分だった。
b0032921_1151751.jpg 
                   写真をクリック!→ 
 今日の花たちはどうだろうと目を遣ってみると、いつもと変わりなく、健やかな気配だ。こんな朝の時間は、昼間になるとそうでもない香りがまた、すーッと自然に甘い香りを感じさせてくれるのだ。最も強く香ってくるのが、アップルゼラニウム。気が付けば、下に下にと伸びている。水面に浮かんで咲いている睡蓮みたいにも見える。b0032921_1254854.jpg 

 この花って、こんなに下に伸びてくるんだなと思った。このまま伸びていったら、下に付いちゃう感じ。キリのいいところで、カットしなくちゃいけないなぁ。切るのチョット勿体無い気もするけど、仕方無いよね。移動させる時に引きずっちゃうもの可哀想だし。だけど蕾が下の方にもびっちりとある。切ってもスグに新しい芽を出すのは分かってるんだけど、こういう風に伸びてしまうと、勿体無い気持ちが強くなってしまう。髪を切る時と似ている。伸ばすつもりのなかった髪が、いつの間にか伸びてロングになってしまうと、切るのが勿体無くなって、思い切り切る事が出来なくなっちゃう。この前のアタシがそう。伸びて傷んで切った方が断然いいのに、心を鬼にして頑張って「10㎝くらいカットして下さい。」と言うのがやっとだった。
                   写真をクリック!→b0032921_1381087.jpg
 今、バルコニーで目を引くのは、青い花々。コレはシルバーツリーの花。買った時はまだ全然咲いていなかったんだけど、最近になって咲き始めた。産毛が反射してシルバーに光る感じと、この花の薄いブルーがポイントになっている。今はまだ、高さが20㎝くらいだけど、コレって結構大きくなるんだよね。オーストラリアが確か原産で、乾燥には強い植物だったと思う。だけどその点に少し疑問があった。この前、水を上げないでいたら、コレだけがグニャリとへたばっていたのだ。一緒に植えているハーブゼラニウムとかは平気だったんだけどな。今度もう1回、調べてみよう。
b0032921_1535669.jpg 
 もう1つ目立っているのが、ラベンダー。コレはホントに香りがいい♪。ラベンダーの落ち着きのある香りが、こういう朝には何となく心地良かったりする。2年くらい前に、レースラベンダーを育てていたんだけど、コレはほとんど香りがしなかった。だけどこの今のラベンダーは全然違って、かなりの芳香がある。ラベンダーって種類によってかなり、香りの差があるみたいなので、コレは買って良かったと思ってる。花の色も濃いパープルで引き立っている。

 そんな1日の始まりに、以前に台湾茶ドットネットから頂いたサンプルを淹れてみた。
b0032921_202195.jpg

台湾茶ドットネットのサンプル

みんぜんぴろちゅん
明前碧螺春

30グラム  ¥1260
(現販売価格)



 蓋椀で2回分くらいの量があったので、じっくり飲んでいた。知っている人はお分かりのように、コレは大陸の碧螺春ではなく、台湾の碧螺春だ。品種は黄柑というモノだ。コレの冬茶が限定で入荷した時に一緒に送られてきたサンプルだ。冬茶は甘さが強く、濃い感じがあった。ちなみにこの明前碧螺春は去年のモノ。
茶葉をクリック!↓
b0032921_2102232.jpg 既に今年の明前碧螺春は入荷している。この明前碧螺春は冬茶と比べると、甘味は弱いけれど、反面春らしく爽やかで軽い味になっている。口に含めると、日本茶の渋味を抜いた旨味みたいなのがある。高温で淹れているけど、大陸の碧螺春のような収斂味はほとんど無い。軽やかな味が、春風の如く口の中を巡るのだ。そういやまだ、アタシは今年の大陸の碧螺春を飲んでないなぁ。龍井ばかり追い掛けていたような...。碧螺春も入荷してきてるから、来週には買いに行かねばッ!春は色々と忙しい。流れに任せて思い立ったらスグ行こうッ!そして、Activeにいこう♪。(←体が疲れない程度に...、笑。)

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-24 02:24 | 「お花」と
2005年 04月 23日
 日々見ているウチのバラ達。このところ特に成長著しく、1日1日色んな表情が見られるのが楽しい。バラ以外のモノでも、ソレは同じだ。去年の秋に植えたチューリップも、早咲き遅咲きはあるものの、入れ代わりで咲いてきている。

b0032921_2243910.jpg チューリップの中でも人気の高いアンジェリケが咲いてきた。薄いピンクの八重咲きは、アタシの好みに反してかなりロマンティッックだ。1日の間に花を開いたり閉じたりして、ただ咲いているだけじゃなくて、生きているという証をアタシに示しているようだ。b0032921_2313594.jpg 
       画像をクリック!→ 
 同じ八重咲きのタイプでも、一段と色鮮やかなのが、このアレグレットというチューリップ。とってもダイナミックに咲いているのだ。5球植えたはずなんだけど、咲いたのはこの1球のみ。沢山咲いたらスゴかったんだろうな。赤と黄色の目を引く色遣いと、ドコが雌しべでドコが雄しべとか、そんなのがもう全然分からないような感じで花弁が折り重なって咲いているのだ。アンジェリケは大人しい控えめな女の子で、このアレグレットは対照的なジャジャ馬娘のように見える。
b0032921_2411755.jpg やっと黒いチューリップシリーズのブラックパーロットも花が開き始めた。ブラックと言ってもヤッパリ、濃い紫色なんだけどね。先に咲いていたブラックダイアモンドとクイーンオブナイトよりも、花は細く小さめなんだけど、切れ込みのある花びらを大きく広げている。自分の存在をこれでもかッ!ってくらいにアピールしている。ソレが何か、妙におかしくて笑っちゃったりする。ソレにこのコだけ、なぜかカメラ目線だし。他のコ達は、みんな明後日の方向を見てるのに、このコは目立ちたがり屋なのか?!

b0032921_251179.jpg そんなチューリップ達だけど、バラも蕾が大きくなってきている。コレはERのチャールズ・レニー・マッキントッシュの蕾。このコの蕾ッて、いつも思うんだけど、ガクがスンゴくまきまきしてて、可愛い♪。まきまきと言うか、ねじれてるンだけどね(^^。だけどこのコはあまり樹形を整えていないから、チョット不格好なんだよね、全体がサ。1番花が終わったらチャンと剪定してあげよう。 
b0032921_312813.jpg←画像をクリック!
 このまぁるい蕾は、ERのアンブリッジ・ローズ。今朝見てみたら、蕾がダラーんと項垂れていたので、急いで水遣りをしたらこんな風にシャキーンッ!と復活したのだ。ついウッカリ忘れるトコでした、水遣りを。雨が降っていたものだから、そんなにまだ水を消費してないだろうなと思ってたんだよね。危ない危ない!まだ今は、1〜2日に1回の水遣りでいけてるんだけど、コレが夏とかになったら1日2回のハイペースになるんだよね。ウチは鉢植えなので、水の消費がとっても早い。
b0032921_313191.jpg 
 このコはまるで、竹の中から出てきたかぐや姫状態で蕾が見えてたりする。コレはFのカフェ。このカフェは、ERのタモラと同様に一昨年からずっと欲しくて、やっと去年の冬に苗を手に入れる事が出来たのだ。だから何をするのも見るのも初めてで、花が咲くのがとっても楽しみなバラなんだ。一方のタモラはどうなのかと言えば、少々生育不良気味。ウチに届いた苗の枝振りはなかなかだったんだけど、年末で忙しくて、スグには植え付け出来なかったからなんだよねぇ....(T T)。今のトコロ、蕾は辛うじて2コ程付いているけど、コレも1番花が終わったら、仕立て直さなければと考えているのサ。

 あー、冬には気付かないんだけど、こうやって季節が巡って暖かくなってくると一気に、生きてるンだぞーーーッ!と言っているようだ。冬は休眠期だからアレだけど、これから先また、忙しい毎日をこのコ達の為に費やさなければならない。頑張らなければッ!

 そんな自分を景気付けるのに、またもや初めて作っちゃった♪。b0032921_3284130.jpg
 お菓子作り初心者のアタシが作ったベイクドチーズケーキと、Formosa Tea Connectionの老凍頂山烏龍茶を一緒に食べてみました。レシピより砂糖は少なめにして、レモン汁は大さじ1杯のトコロをレモン1/2個分入れちゃいましたッ☆。だからレモンチーズケーキと言った方が良いのかも?かなり爽やかな味に、自画自賛。まぁ欲を言えば、ベイクドと言うよりレアっぽくて、少し固いかなー?と。ソレでも初めて作った割には美味しいと思うけどな。次回は自分流にアレンジして作ってみよッと!こうやって自分で作ったお菓子をブログに残すのも、「証」になるのよねぇ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-23 03:36 | 「お花」と
2005年 04月 22日
The Sabbath .
 緑茶はこれから美味しい季節を迎える。龍井を筆頭に、碧螺春や黄山毛峰等など。まだまだ今年は、天候不順の為に入荷がドコも遅れ気味だが、もう後少しすれば、大概の緑茶は飲めるようになると思う。アタシも今春の緑茶や紅茶を幾つか飲んだ。こうやっている今も、こんなのを飲んでたりする。b0032921_462814.jpg 昨日作ったアイスティーで、Leafullで買ったNORTHTUKVAR DJ-1を、この方の囁きに従って(笑。)作ってみた。多めの茶葉を使って、少し長めの時間で抽出してみた。

 色は思っていた通り、F/F特有の淡い色彩。収穫の時に輝く藁のような色だ。コレも結構アッサリした味かなと思っていたけど、確かにそういう味なのだが、飲み干した時に、喉の奥の方で甘味を感じる。コクがあるとまではいかないが、その微かに感じる甘味欲しさに、口に含む速度が早くなるようだ。
b0032921_424997.jpg
 そう言って、F/Fで作ったアイスティーを飲むアタシだけど、食後に淹れたのはコッチ。何となく落ち着いた味に触れたくなったのだ。飲んだのは台湾茶ドットネットから去年の冬に購入した、阿里山茶〜醇厚。買った頃より月日が経ってきたせいか、以前に飲んだ時よりも、だいぶ落ち着いてきた感が出て来た。焙煎はしてあるモノだけど、火入れを感じさせる香味は弱まり、旨味や滋味は深くなっているように思う。茶水の色も、以前よりは澄んで見える気がする。新茶を飲んでいるうちに、こういう焙煎のしているお茶が、チョット恋しくなった。
b0032921_437208.jpg ←茶葉をクリック!
 食後に飲んだのもあるけど、体がホッとして安堵感のようなモノを得た。スゴい久し振りに茶壷を使って、淹れたようにも思った。緑茶はほとんど、蓋碗か茶杯に直接入れて飲んでいたから、余計にそう思ったのかも知れない。竹茶盤の上に、茶壷と茶杯などを置いてみて、「あー、お茶淹れてるなぁ。」としみじみと実感してみたり。

 新茶が賑わう季節だけど、時にはチョット前に戻るのも、ソレもまた面白いのだ。特にこういう火入れをしているお茶は、時の移り変わりと共に、その風合いを変えてくるから。変化を楽しむのも新たな発見とかあったりして、更にそのお茶に対しての興味が深まっていくようだ。昔の事を思い出したりして笑っちゃうような、そんな風景と似ているみたい。新しい時間がどんどん過ぎて行くけれど、ふとホンの少し前を思い出す事も大切。大切と言うか、忘れない様にしたいなぁ、アタシは。b0032921_553522.jpg

       
    人気blogランキング参加中!
 
    最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-22 05:09 | 「お茶」と
2005年 04月 21日
Yearn for
 また降りましたね、雨。桜の満開だった頃が、もうだいぶ前のように感じます。こんな雨の日は、ぼーッと何も考えないで過ごすのが最適なように思うのです。少しずつ、春は深まっているのでしょうが、まだまだ夜になると冷え込むようです。朝もバルコニーで出てみたら、「さむッ!」と言っちゃったし...。

 夕べはこんなお茶を淹れました。b0032921_1362671.jpg


緑碧茶園から購入

りょくせつぎんしん
緑雪銀針

25グラム ¥830(缶入り)





 福建省の福鼎県で作られている緑茶で、この地域の名産のお茶との事。産毛がびっしりとあり、これを残すように作られている為に、釜炒りや揉捻をほとんど行わないで製茶されている。ほとんど白茶の白毫銀針と一緒のようなモノなので、お湯を注いでもスグには茶葉は沈みません。水面に浮いている状態が続きます。

b0032921_149798.jpg←茶葉をクリック!  じっくりと少し冷ましたお湯で抽出した方が、断然いいと思います。淹れる前は、この手のタイプの特徴なのか、干し草系の香りがします。ただ実際に淹れてみると、最初の1煎目はこの干し草ッぽい味と香りなのですが、2煎目以降は徐々にですが、甘味が強く感じられる様に味が変化してくるのです。トロリとする舌触りと共に、ほのかに花蜜のような甘さが伝わってきます。前に飲んだ時には、こんなに甘さがあったのか?茶葉自体の味が変わってしまったのか、アタシの今の味覚がおかしいのか。でもこの妙に感じる甘さが、こんな夜には奥の臓にしみ入る気がする。茶杯に残る香りも、どこか蜜の香り。お茶を継ぎ足そうとした時に、微かにその香りがしてきたのだ。b0032921_27122.jpg 
 この甘い香りがしてくるのは、何にも考えない日のお陰か。無心と無欲と無気力(爆!)の1日を送ったからなのか。だったらそんな毎日を送ってみようかな。あー、ダメダメ!そんな毎日を送っちゃー。増々ダメ主婦に磨きを掛けるようなモンだよねぇ★。ちったぁ働かんとッ!(←少しはヤッてますよ、主婦業。)

人気blogランキング参加中!
 
最後まで読んだら、押してッ☆。 
Top▲ | by hanacha3 | 2005-04-21 02:17 | 「お茶」と
| ページトップ |