※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2005年 10月 31日
苦しいッ!
 昨日は午前中から、あるお店に予約を入れていたので、風邪を引いて体調の悪いダンナ様と一緒にお出掛け。カーナビ通りに行けば、時間に間にあったろうけど、何せ風邪の熱で頭が朦朧としているダンナ様ですから(只でさえ、運転中に前を見ないので危険なのですが...。)、途中で2度も道を間違えて、渋滞に捕まり、15分程遅れて到着。相変わらず休日は混雑してた。

 さて、予約を入れてドコへ行ったのかと言うと、コチラ。のーとみさんや平田さんの記事を読んでて、「是非、食べに行きたいッ!」と思ってたトコロです。日曜日のお昼の時間帯だったので、念のため予約を入れたのです。北海道での法事もあったので、バタバタとしてた中で結婚記念日を迎え、美味しいものを食べる唯一(?)の機会を楽しみしてました。

b0032921_11435670.jpg まずお店に着くなり、案の定混雑してました。予約を入れてて正解でしたよ。寒気を感じ始めたダンナ様は、注文するなりお茶をオーダー。体がどうもダメらしいです。行く途中で何度、八つ当たりされた事か...(^^;。まぁ、そんな事も忘れてしまおうと、料理が来るのを待ってました。ちょうど今は上海蟹のシーズンとの事なので、コースでオーダーしてみました☆。まだ新しい店内は、オープンキッチンで明るく、今までの中華街のお店とはまた、少し違った雰囲気でした。堅苦しい印象もなくて、とても居心地の良い感じでした。あー、お腹空いたよ〜。早く来ないかな〜♪。

b0032921_1153550.jpg まず運ばれてきたのが、前菜の盛り合わせ。鶏肉や豚肉などのお肉類のモノが中心の前菜。どれもこれも柔らかく、ジューシーな感じで、美味でしたよ。どれだったか忘れちゃったけど、ほのかに八角の香りもしてきて、正に今のアタシの好きな味ばかりでした。b0032921_11531827.jpg前菜が食べ終わる頃にやってきたのが、カニ仔入りフカヒレスープ。色鮮やかなスープの見た目から、濃厚な味かと思いきや、意外や意外にアッサリとした上品な味付けのスープでした。フカヒレも結構な量が加えられていて、コリコリとした歯ごたえを噛み締めながら、優しいカニの味わいと一体になって、スルスルと口に入っていきました。コレはコレで美味しいのですが、もう少し濃厚でも良い感じかな?

b0032921_1210133.jpg 次に着たのは、自家製XO醤とプリプリ大海老の炒め。コレが1番、アタシ的に美味しかったです♪。エビが本当に大きくて、プッリプリとした食感でしたよ。噛みしめるとまた、更にエビのプリプリ感が感じられて、ずーっと噛んでたいくらい。(←何考えてるんだか...。)醤の香りがふわッと鼻から抜けていくと、思わずゴハンが欲しいと思ったくらい。でも、まだまだお皿がやってくるので、それは次回にでも(笑)。

b0032921_121863.jpg 続いて運ばれてきたのが、牛肉とキノコの黒コショウ炒め。一口して自分で気が付いたのが、「牛肉って、こんな味だったわねぇ...、確か。」と。それもそのはず、最近のアタシは、自分でもスッカリ忘れていたんだけど、「減らせ!中性脂肪」と題してからは、あまり牛肉を使って料理をする事がなくなっていたのでした。全くお肉類を食べていないというワケではないのですが、主に豚・鶏肉にしてたので、牛肉の味というのを気付かないうちに忘れていたようです。なのでコレを食べていた時は、料理自体の味がどうのというよりも、「牛肉ってこんな味だった。」という事に頭がいってたのです。牛肉の味を確認してた一皿でした。

b0032921_12264193.jpg そうなると、空きっ腹にでもビールですがな。久々の青島は、効きますわ。それも幾らお昼時とは言え、お腹空き空きの空きッ腹ですからねぇ。体調の思わしくないダンナ様をよそに、完全に手酌ですよ(^^;。そしてメインのお皿がやb0032921_12322263.jpgって来ました♪。上海蟹の姿蒸しです。オス・メスの上海蟹からは、微かに甘い紹興酒の香りがしてきます。今はオス・メス両方とも美味しい時期、つまり旬らしいので、他の沢山のお店では、上海蟹のフェアみたいな感じで賑わってました。食べやすいように、お店の人にまず、カットして頂いてと。

b0032921_1238030.jpg 殻を外すと、見えてきたのがコレです。ホントに美味しそうな色に染まったのを見て、ウヒャウヒャな気持ちになってしまったアタシ。もうこんなのを見たら、中性脂肪がどうとか、コレステロールがどうとかなんて、全くもって、眼中なしッ!です。一b0032921_12402684.jpg通りカットしてもらったら、一番美味しいところから、パクッ!と。あまりにも興奮していたのか、デジカメもブレてしまってます。蟹を食べるのも、何ヵ月振りでしょうかねぇ。上海蟹のミソの味って、どんな感じなのかにゃ?と、心踊らせてパクリ☆。あらー、まるで濃厚な卵の黄身みたいな味なのねぇ。(←表現力が乏し過ぎるワ、アタシ。)日本の蟹みたいな臭みもなくて(アタシは全然気にならないけど、苦手な人はこう言うのよ。)、ホントに卵の黄身みたいな感じ。舌触りも、黄身に似てる。ミソや卵だけでなくて、脚も食べれるそうですが、ダンナ様の体調が悪くなってきてたので、勿体無いのですがテキトーに食べる環境になり、お腹もだいぶこの辺りからピークを迎え始めてきちゃいました。それはそうでしょう。あまり食欲の無いダンナ様の分まで食べてたので、1.5人分くらい食べてますよ、アタシ。

b0032921_12522626.jpgb0032921_1258458.jpg あぁ、後どれくらい出てくるんだろうと、心配になるくらいになりつつも、そんな事お構い無しぐらいにお皿はやってきます(汗)。キヌガサ茸のカニ肉あんかけがやって来て、スグさま、カニ肉入り小籠包と続きます。もうホントに、このままお腹がはち切れそうなくらいです。「コレでもう、終わりでしょうー!」と思ってると、人生そんなに甘くない!まだあった〜!

b0032921_13235.jpg カニ肉入りイーフー麺の到着〜!スゴい、スゴ過ぎますよ、この量は。とは言っても、大抵コースというものは、このぐらいの数の料理は出るもんですよね。もう流石に空きッ腹で来ていたアタシの胃袋にも、いい加減に限界が見えてきました。この麺が、この中の料理の中でも、割とコッテリとした味付けでした。最後の最後で出て来たのもあって、そう感じてしまったのかも知れませんが....。あー、もうホントに限界です!

b0032921_1381226.jpg そしてホントに最後の一品。デザートの五目豆入り豆腐花です。お豆たっぷりのほんのり甘いデザート。コレも甘さ控えめの感じで、お豆腐の味が生きています。甘さが苦手のアタシですが、もう少し甘くても良いかな?もうお豆腐ですから、スルスルと流し込んで、やっとコース終了です。ホントに本当に、ご馳走様でしたッ!美味しかったッス!

 このお店は、割とアッサリとした味のお料理が多くて、素材の味を上手に引き出してるお料理たちでした。珍しくダンナ様も、「体調悪くてあんまり食べられなかったけど、もう1回、元気な時にアラカルトで食べたいなぁ。」と言ったくらいでした。アタシも久々に、自分の体には毒な(?)食べ物を満喫したので、今年はもう食べられないでしょう(笑)。なぜか毎回、結婚記念日にお店に食べに出掛けるとなると、アタシかダンナ様のどちらかが体調を崩している時が多いので(←神様の悪戯?)、今度は2人とも体調を万全にして参りたいと思います!あー、1.5人分は、キツイっす!夜ゴハンは要りません!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-31 09:48 | goes out to eat
2005年 10月 30日
熱と悪夢と看病と。
 昨日は前の夜からウチのダンナ様の風邪がぶり返して、熱を出す勢いになってた。後からベッドに入ったら、ダンナ様の体の熱でお布団の中が異常に温かくなっており、アタシまで風邪が移りそうな感じだった。何でも仕事でムカつく事があり、トラブルまで発生し、更に忙しさが酷くなったのもあってかなりイライラしてた模様。ウチに帰ってくるや否や、疲れが一気に出たので急に風邪がぶり返して、熱を出した感じ。それなのに、「週末はこのストレスを発散する為にも、サーフィンに行く!」と言ってきかない。元々体が疲れるとスグに風邪を引くダンナ様なのだが、サーフィンを始めた頃ぐらいから、そんな事もかなり少なくはなってきていた。

 しかし!だ。そうこうしてるうちに、歳は取ってきてるので、いい加減に体が疲れている時くらいは、「体を休める」という事を学んで頂きたいものだ。昨日も土曜日だというのに、朝から前の事務所のエアコンを外す作業の立ち会いとか掃除とかで、働くダンナ様。風邪薬を飲んで車で行くと言ってたのを、半ば無理矢理、「仕事が終わる事に、アタシが車で迎えに行くから、行きは電車で行きなさい。」と言って、電車で行かせた。それでも結局は夕方ぐらいまで事務所の片付けやらをしてたので、また熱が出てきていた。

 それにアタシも珍しく夢を見て、目覚まし時計が鳴る直前に目が覚めてしまった。夢だからぼんやりとしか覚えてないけれど、怖い夢だった。どうも戦争をしている最中らしく、なぜか近くにサッカーの中村俊輔がいた(笑)。察すると、どうもアタシ達は国に騙され見捨てられて、対戦相手の飛行機から落とされようとしてる爆弾か何かで殺されようとしてるところみたいだった。周りの人達は、「あいつら(多分、国の事を言ってるんだと思う。)は、俺らの事を騙して自分達だけ助かろうとしたんだぜ!」とか言ってる声がしてた。もうスグ、爆弾が落ちてくるーーッ!助けて!と思ってたら、目が覚めた。イヤーな目覚め。「あぁ...、夢か。」と思ったら、目覚ましが鳴った。こんな事って、たまにありませんか?目覚ましが鳴るホントに少し前に、パッと目が覚めてしまう事。コレって、何なんでしょうね。

 そんな怖い夢や、ダンナ様の軽い看病をしたりで、アタシも微妙に疲れた。気分をリラックスしようと、先日お義母さんが送ってくれた品をお茶請けに、お茶を淹れた。

b0032921_116421.jpg


Formosa Tea Connectionから購入

とうちょううーろんちゃSP
凍頂烏龍茶SP('05 春茶)

50グラム ¥4000(完売)



 夏にあった「OZONE 夏の大茶会」で買っていた、このお茶。少し寒くなった頃合に飲もうと思ってて、今まで封を切らずに残しておいた。そんな事考えてたら、すっかり今年も後残り2ヵ月。朝晩冷えてくるようになると、火入れあるお茶が恋しくなってくる。

b0032921_1244457.jpg このお茶は、後にコンテストで頭等奨を受賞したロットらしい。お気に入りのお茶の1つの、老凍頂山烏龍茶凍頂山1980よりも若干だけど、柔らかく感じる火入れ加減に思う。香ばしさとか甘みや旨味、酸味などのバランスも良く、スッキリとした爽やかな味わい。茶葉をガッツリ目に入れても、あまり濃ゆ〜くは水色も出ない。そのせいなのか、口当たりも優しい。

b0032921_1313383.jpg 「この前、色々と頑張ってくれたお礼に...。」と、義母から送って頂いた、北海道定番のお菓子「白い恋人」をパクリとする。ミルクの味が濃いクリームには、濃香系が合うだろうとも思ってたけど、ヤッパリそうだった(と、思う。)。一緒に口の中から儚く消えていく。微妙な疲れのアタシには、今のこの感じがちょうど良い感じ。大きめの茶壺から茶海に注がれるこのお茶の流れを見てたら、実に滑らかなこと。真直ぐと一糸乱れぬ流れで、茶海へと動いていくのだ。マイケル・ジャクソンのMoon Walkの感じ。床を滑るように、静かに移動していくのだ。音もなく、静かに注ぎ落ちていく流れ。見ているだけで、安らぎさえ感じるようだった。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-30 01:21 | 「お茶」と
2005年 10月 29日
チョッピリLevel Up!
b0032921_111283.jpg 今年から苦手なお菓子作りにチャレンジしているのだが、昨日は少しだけレベルアップ(?)して、Apple Pieなんぞ作ってみました♪。しかしそれにしても、お菓子って作ってみて改めて知ったけど、ホントにお砂糖をスゴい使うのよね〜。そりゃあ、こんなのばっかり食べてたら、人間太るワ。アタシの場合、甘いのはどちらかと言うと苦手なのだけど、たまには食べたくなるサ。で、お砂糖の分量をアタシの好みの「少なめ」にでもしようかと思ったんだけど、一応分量が大事なお菓子作りだと思って、躊躇しながらも言われた通りの分量のお砂糖を入れる。オーブンから焼き上がったApple Pieの出来映えは、初めてにしてはまぁまぁかな?粗熱が取れた段階で、チョットだけ味見。う〜ん、ヤッパリ甘い。これで何となく、「この分量のお砂糖を入れると、このぐらいの甘さなのね。」と分かった。今度作る時は、グッとお砂糖を控えようと決めた。

 この前、買ってきたApple Pieを食べた時から、異常にApple Pieをもう1度食べたくて仕方なかった。多分、一緒に淹れたお茶との相性が悪かったのが原因だと思う。だから今回は、無難に紅茶と合わせる事にした。

b0032921_1243316.jpg


バンブー茶館から購入

こうとうてんこうおう
高档シ眞紅王

30グラム ¥2000




 Tipsがふんだんに入った茶葉がお気に入りのアタシ。これもご多聞に漏れず、100%金芽ばかりの茶葉の紅茶。シ眞紅は元々好きな紅茶なのだけど、今まで見てきた茶葉の中でも、芽の姿はかなり堂々とした貫禄がある。茶葉の感じはしっかりとしていて、太く大きい。割と今までの金芽、銀芽系の茶葉は華奢なイメージのもの(例えば、こんなのとかそんなのとかあんなのとか。)が多かったように思ってたんだけど、これは特に秀逸。

b0032921_1341023.jpg 下手すると、今までの茶葉よりも倍近く大きく太いものすらあったりする。実際に淹れてみると、コクがしっかりと感じられ、シ眞紅らしい渋味の少ないふくよかな甘みが口一杯に広がる。そして微かにカカオのような香りがあり、オレンジやレモンのような柑橘系の風合もある。そう!この感じがシ眞紅なのだ。

b0032921_1403273.jpg Apple Pieをオーブンで軽く温めて、冷たいアイスクリームを乗せた。見る見るうちに、上に乗せたアイスクリームが溶けていく。少し甘いと思っていたApple Pieが、アイスクリームと一緒に食べると、スッキリと軽い味になった。その後にシ眞紅を流し込むと、milkyなものへと変わり、それがまた美味しかった。水色は濃く、渋さを思わせるのだが、それがまた全くというくらいに感じさせないのも、シ眞紅の魅力かも。そして、お砂糖要らず。自然の甘さが、体を自然に温めてくれるのだ。最近また、手先が冷えてくるようになってきたんだけど、飲んでいくうちにポカポカしてきた。体が温かいうちに、このままお風呂に入って、寝ちゃおうッかな。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-29 01:32 | 「私的」Cooking
2005年 10月 28日
やっと手に入れました。
b0032921_145323.jpg 何度も注文しようと思ってお茶リストをメールで送って頂いていたのにも関わらず、なぜかずっと注文する事が出来なかったココのお茶。今回やっと、注文する事が出来た(笑)。北海道でそれなりにガンバった自分へのご褒美がてらに、やっと注文。そして到着!

 今年の初めまで、高知市内にいた学生時代の友人がいたのだが、その友人に1度「お願いだから、ココのお茶を買ってきて!」とお願いした事があった。しかし、その友人はお店を見つけられずに、最近こっちに戻ってきてしまった。なので結局は自ら注文する事になったのだ。

b0032921_1483513.jpg


バンブー茶館から購入

みつらんこうたんそう2ごう
蜜蘭香単叢2号

50グラム  ¥4500




 送られてきたお茶リストの中には、見た事もない名前の単叢が沢山並んでいて、どれもこれも「全部飲んでみたいッ!」と思わずにはいられなかった。そしてほとんどが立派な名前が付いていて、何か飲んだら御利益でもありそうな感じだった。その中から厳選した、今夜は2号さんを淹れてみた。

b0032921_1553385.jpg 所々、金色に染まった部分の茶葉が見られ、封を切った途端に、甘く美味しそうなマンゴーのような香りがしてきた。この香りだけで十分に美味しい。単叢は個人的には好きなんだけど、、調子に乗って沢山飲んでしまうと、必ずと言っていいほど、翌日ぐらいにはヤラれてしまうアタシ。果たして今回は如何に?

 早速茶壺に茶葉を入れて、ガーッと茶海に注ぎ切る。蜜蘭香らしい華やかな印象を受けたけど、ギュッとくるような渋味はなく、非常に優しく円やかな味。桂花を思わせるような香りの後に、ふわ〜ンとした乳香みたいな香りがしてきた。そして軽くてスッキリした味の広がりなんだけど、これが不思議に余韻が恐ろしく長い。飲み干してしばらく時間が経っても、まだまだ香りが口の中に残り続けている。何も入っていない口を膨らませて、そこに溜まった空気の香りだけでもまた、とても良い香りがするくらい。

b0032921_235194.jpg 茶杯に移してから少し冷めてきた頃になると、水の感触がトロンとしてきて、飲んでみたら異常に甘く感じられてビックリした。久々に美味しい単叢を飲んだ気がしてならない。1発目から単叢を飲んで美味しいと素直に感じられたのは、老地方茶坊さんの蜜蘭香皇単叢以来。何で今まで頼まずにいたのか、惜しいッ!事をしてしまったなぁ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-28 02:10 | 「お茶」と
2005年 10月 27日
若輩者です
b0032921_546233.jpg“弱肉強食”
 以前に軽く触れたのだが、春の時には自分でも怖いくらいに一気に沢山の花を咲かせてくれたERのアンブリッジ・ローズが、秋のこの季節になり、蕾があがってきたと喜んでたら、幾つかの蕾が「自爆」していった。その姿がコレだ。奥のは膨らんできているのだけど、手前の蕾は最初は黄色くなっていたのが段々と黒くなり、最終的にはポロリと落ちてしまうのだ。付けている蕾を全部咲かせる程の体力が、今のこのコにはないんだろう。だから強いモノが残ったのか?自然に起こる、自然の摂理か。

 この光景を複雑な気持ちで見ていたら、子供の頃に知った「カッコウの子育て」を思い出した。カッコウって、自分で産んだ卵を自分で育てないで、他の別の鳥の巣に置いて育てさせちゃうッて鳥だったような...?卵から孵ったカッコウのヒナは、その巣に元々いた卵を下に落としてしまって、自分だけを親鳥に育てさせるんんじゃなかったけ?(←歳のせいか、段々とうる覚え気味になってきた?)そんな事を微妙にシンクロさせる光景に見えた。

 何かそんな事を思い出してたら、情けなくなってきた。「アタシが自分で管理しなくて、どうするんだよー!」ッて。自然に起こってしまう事だから、自分じゃどうにもならない事かも知れないけど、何かねー、切ないッ!

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-27 06:08 | 「お花」と
2005年 10月 26日
それでも朝はやって来る
b0032921_12545499.jpg 北海道からの疲れも、何とか軽減されつつある。先週1週間はそんな事もあり、バタバタと過ごしてきたワケだが、東京に戻ってきてからは、自分の生活リズムがなかなか元に戻らなくて、居心地が悪かった。ホントは疲れてて早く寝たいのに、妙な興奮状態が続いてて、眠いのに眠れない感じだった。だから朝まで寝付けなくて、気が付けば陽が昇ってたりする事もあった。空気が澄んできて、朝の風景も夏のそれとは違ってきてた。陽の当たる所はポカポカと温かく感じるけども、当たらない所では逆に冷えすら感じる。こんな日々を繰り返し、また冬が近付いて来るのだ。

b0032921_1335625.jpg 夏の時よりも、新宿の高層ビル群がクリアに見える。周りをずーっと見渡すと、これだけ高いビルが立ち並んでるのに、まだ足りないのか、クレーンをあちらこちらに見る事が出来る。そんなに作ってどうるすんだ?羽田からウチに帰って来る途中、品川周辺を通ってきたけど、あの辺りの高層ビルの数も相当だなと思った。

 新宿のビル群を見ていると、つい昔の事を思い出す。「あの辺りによく、飲みに行ってたっけ。」ッて。ついでに言うと、東京に来たばかりの頃は、漠然とアタシは新宿とか丸の内のOLになるものと思ってた。何か普通で格好いいように思ってたらしい。でもそんな想像は、スグに消えて無くなり、「アタシにはOLなんて向かない。」という考えに変わってた。まー、そんな考えの前には教職でも取って、ガッコの先生にでもなろうかと思ってたワケだが、その思いも「ヤッパリ、アタシには向かないや。」となり、親にムダなお金を払わせてしまった。教員になると親には言っていたのに、何が悲しいのか化粧品のおねーちゃんになってしまったしねぇ(^^;。「大学まで出してやったのに、何で化粧品のおねーちゃんになるんだ。」って何度言われた事か...。それも懐かしい思い出というヤツには違いない。

 そんな昔も今も、変わらずにこうして朝はやって来るのだ。あの頃と今とでは、アタシの中のドコかは変わったのだろうか。クラス会とかで昔の友達に会っても、「お前は全然変わってないな〜。」と言われるアタシ。そう、多分あんまり変わってないと思う。学生の頃に、色んな考えを持っている人達に沢山会って、朝まで飲んで話して、色んな考え方があるんだと知った。そんな事もあったから、今のアタシがある。毎日大した違いのない時間を送ってるけど、毎日同じなワケじゃなし。思った事感じた事、してみた事、備忘録感覚で始めたブログ。やり始めたら1年が過ぎた。この先には、何があるのか。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-26 13:39 | 「私的」語り言
2005年 10月 25日
素敵な時間
b0032921_242069.jpg 朝起きたら、昨日はとっても良いお天気♪。この前はまだ開きかけだったERのアンブリッジ・ローズが、綺麗に花を咲かせていた。春よりも小さいけれど、まぁるくてミルラの香りが芳しいぐらいだった。朝の光に照らされて、花弁が透けて映っている。ホントにと〜っても、良い香り♡。朝からこんなに素敵な香りを感じられるのが、幸せ。何度も鼻を近付けては、その香りに酔いしれちゃう感じ。朝晩だいぶ涼しくなってきて、水遣りの回数も2〜3日に1回くらいになってきた。夏に比べたら、かなり楽。今の季節が、バラにとってもアタシにとっても、最高の時間かも。

b0032921_214315.jpg ベタなくらい、真正面からの1枚。後ろから注す朝日の光が、自然な陰影を出してくれて、更に可愛いお姿。花びらがギュウギュウに詰まってて、その1枚1枚を手に触れては感触を確かめてちゃう。傷つけないように、そーっと触れるアタシの手の感触は、咲かせてくれた事への感謝になる。たった1輪でさえも、スゴく幸せになれる不思議な花。

b0032921_2203811.jpg そして憂いを感じさせるような、横顔の1枚。朝日の当たり具合によって、まるで印象が違って見えてくる。正面からだと「元気ハツラツ!」って感じに見えるけど、少し下を向いた横顔からだと、どこか少し淋しそうにも見えてしまうのは何故?何だか見ているアタシまで、そんな気持ちになってしまいそう。そんな気持ちになりそうでも、あの蜜々しいくらい濃厚なミルラの香りだけは、忘れさせない程に朝の澄んだ空気の中を泳いでいる。ああ、もうこの香りをいつまでも残しておく方法はないの?と、ムリな我がまますら考えてしまうくらいに、罪な香り。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-25 02:35 | 「お花」と
2005年 10月 24日
最近の冬のお気に入り♪
b0032921_0505258.jpg このところのアタシの冬のデザートには、かなりの頻度でこの2つが登場している。先に発売されていたハーゲンダッツのショコラ クラシックは、チョコ系のによくある甘く残る感じがなくて、程よくホロ苦ビターな味がお気に入り。喉に張り付くようなイヤな後味もなく、スッキリとした爽やかな風味がアタシの好み♪。なので無くなると、買い足しては冷凍庫に納品されてます。

 ブラックセサミの方は、最近よく黒ゴマのものが出てるけど、期待を裏切らずゴマの風味を損なわずに、コクもよく出ていて、アタシの嫌いな喉にへばり付く感覚もなくて良い。コッチはどちらかと言えばダンナ様の好みらしいのだが、つい食べずに入れたままにしておくと、チャッカリとダンナ様の夜のデザートと化してしまうので、その点が難点(?)かな。

 まだまだ北海道での疲れから抜け出られず、一体いつになったら元に戻れるのかと、我ながら心配。もう歳を取るって、スゴいのね〜。っていうか、結局は自分次第なんだと思うだけどね(^^;。でも分かってても、ダラダラと果てもなく過ごしています。

 夜ゴハンはHealthyに豆腐鍋で、野菜とお豆腐をガッツリと食べちゃったアタシ。この時期の白菜は、ヤッパリ美味しいのだ。お豆腐も余裕で1丁は食べちゃったもんね。昆布でしっかりと出汁を取ったら、もう後は野菜の旨味だけで十分美味しい♡。去年の事を思い出したら、ウチですき焼き作らなかったなぁ...。何でだろ?今年は作って食べようッと。

b0032921_16212.jpg 夜ゴハンの後に、疲れ過ぎて食べる事を忘れていたアップルパイを。未だに何も考えられない状態が続いているので、Formosa Tea Connection樟樹湖烏龍茶を淹れた。北海道に行く時に、あっちで淹れて飲もうと思って、小分けして持っていってたんだけど、バタバタしてて結局は初日にホテルに泊まった時ぐらいしか飲めなかったんだよね。なので、荷物に紛れて少しクラッシュしちゃった。そのせいなのか、それとも元々合わないのか、微妙な雑味みたいなのがあって、アップルパイとは合わなかった。失敗だわ。いつもなら美味しく飲めるのにィィィ...!ぐやじいィ。普通に英徳紅茶とかと合わせれば無難だったかも?何か寝る前に、後味悪しな感じ。

 お口直しにまた、違うの淹れようかな。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-24 01:20 | 「お茶」と
2005年 10月 23日
本日2杯目なり
b0032921_1494816.jpg 何かスッカリ、朝晩冷え込むようになりましたねぇ...。時の経つのが早いこと。(←自分もスッカリおばちゃん気分。)昨日は思ってた通り、体がどうにも動けず、お昼頃まで爆睡してました。遅い朝食兼昼食を食べて、その後はダンナ様が借りてきたDVDを観てた。誰が出てて、どんなストーリーなのかもよく分からないまま観てた。取り敢えずTittleだけは覚えてた(笑)。「Butterfly Effect」とかいうヤツだった。ミステリーらしいけど、観ているうちに何となく、「24」を観てるみたいな感覚になった。こうアッチもコッチもいっぺんに、視界を移動して見ちゃうみたいな感覚。だから妙に疲れた。(←今は何をするにも、かなり疲れる。)DVDを見てたら体が冷えてきたので、温かいミルクティーが飲みたくなってきた。普段はあまり淹れる事のない紅茶で、ミルクティーが飲みたくなったアタシ。ヤッパリ体が疲れている模様。だけどスッゴく美味しかった♪。

b0032921_159676.jpg


楽人居から購入

せいざんしょうしゅ とっきゅう
正山小種 特級
37.5グラム ¥1365





 前に楽人居さんでやっていたセールの時に、まとめ買いしていたモノ。こう寒さが少しずつ感じられるようになると、紅茶がまた美味しく恋しくなるものです。だいぶ以前に、別のお店の正山小種を飲んだ事があったけど、その時はいかにもあの正露丸のような匂いが辺り構わずに広がっていたけど、この正山小種はと〜っても落ち着いた香りだった。松の木を燃やして着ける燻焙香が、絶妙。

b0032921_261677.jpg 香りも然ることながら、味わいも上品で且つ円やかな感じ。ミルクティーにしたけれど、チャンと正山小種らしいSpicyな風味も感じつつ、ミルクとうまく溶け合っていた。よく正山小種は薄く淹れるとスンナリ口に入ると聞くけれど、この茶葉だったら大丈夫だと思う。全然あの香りが嫌みじゃないのだ。逆に心地よいくらいに感じられる。結構ハマる味になりそう。

b0032921_2165737.jpg 夜は夜でまた、ゴハンを食べた後で気持ち体が冷えてきたので、王道のダージリンを。本日2杯目なり。もうダージリンもA/Nが入荷し始めている。早いなぅ...(^^。A/Nの前のシーズンのS/Fの中で、アタシの好みに1番Hit!したTHURBO農園 Tippy Clonal DJ-254を。夜ゴハンの後にちゃっかり見てしまった「踊る大走査線 MOVIE2〜レインボーブリッジを封鎖せよ!〜」」のせいか、織田裕二のマネをしまくるバカなメオト2人。何度も何度も「ねぇねぇ、コレはコレは??」と繰り返し、「レインボーブリッジ、封鎖出来ませ〜んッ!」と武田鉄矢の「ボクは死にましぇ〜ん!」が混ざったような言い方をしまくる2人。端から見れば、かなりアホです。こんなモノマネ問答を、コ1時間程やってのけるメオトです。そんなかなりアホなメオトも、もうスグ結婚4年目になろうとしております(^^A。(←よく持ってるな〜。)来週末にはメオトで美味しいモノをと、上海蟹の時期でもあるので、中華街へと行こうと計画中です。この1週間、何かと疲れたし、移動や何やらで懐もかなり寂しいので、この時ばかりは中性脂肪を減らす事も忘れて、ハシャいできますワ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-23 02:35 | 「お茶」と
2005年 10月 22日
待っていてくれたみたい...。
b0032921_19192562.jpg 小雨が降る中、まだギリギリの状態で咲いていてくれたGenerosaのソニア・リキエル。だいぶ色も褪せ、しべも黒くなってしまったけれども、あの濃厚な香りは健在だった。雨が降っているせいか、湿度のお陰でより一層深く、香りが漂っていた。思わずその香りに誘われて、鼻を近付けずにはいられないくらい。すぅっと息を吸い込むと、体の中に香りが入ってきて、とっても幸せな気持ちになる。まだ北海道での疲れが残っているけども、この香りを感じている間だけは、そんな事も忘れられるような気がする。

b0032921_19303850.jpg もう1本の方のソニア・リキエルも、まだ花を形に残してくれていた。多少、花弁の縁が痛んでしまってるけども、それでも帰って来るまで散らずに残っていてくれたのが、嬉しいのだ。気持ちと願いが伝わったみたい。なかなか次の花が咲いてくれなかったけども、こうやってまた再び花を見せてくれた事に、心からの感謝♪。北海道に行っていた時も、なぜかバラを育てているウチが結構あって、それを見る度に、「ウチのコはまだ、咲いててくれてるかなぁ...。」と思い出していた。

b0032921_19373762.jpg ERのアンブリッジ・ローズの蕾も1つ、咲かせ始めてきた。でも悲しい事に、幾つか蕾を付けていたうちの5コぐらいが、所謂「自爆」になっていまってた。前に花を咲かせ過ぎちゃったのかも知れない。花を咲かせるパワーが足らなくなってしまったのだろう。残念...。でもまだ少しだけ蕾が残っているので、それを大事にしていこうと思ってるトコです(^^;。

 北海道から戻ってきて、東京もだいぶ寒くなってきたみたい。ウチのバラも幾つかが、葉を落とし始めてるんだけど、早くない?アタシの場合、結構自然のままに花を咲かせたり、葉も落ち始めたらそのままにしてしまうので、もしかしたらこのまま休眠し
ちゃうのかも?後どれくらい今年は花を咲かせてくれるのかなぁ...、なんて考えてしまう時期なのかもね。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2005-10-22 19:45 | 「お花」と
| ページトップ |