※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2006年 02月 28日
アラ?来てたのね。
“ぷっくりちゃん、現る”
b0032921_17157.jpg 箱根から帰って来た、次の日だった。月末の忙しい時間の合間に、ウチにこのコがやって来てた。前に買った倣古壷が使い易かったのもあって、ついヤッパリ大きめの倣古壷をもう1コ、別の作家さんの茶壷で新たにオーダーしてしまった。(笑)今回は前のよりも、ややぷっくりとした容姿のコで、全体的に丸みを帯びた形のモノ。

b0032921_1214283.jpg このコは火入れのあまり入っていない、青めの茶葉用に使う予定。もしかしたら、火入れのしてあるのとか濃香系の茶葉の方が合ってるのかも知れないけど、青い茶葉が美味しく入りそうな感じがしたのだ。生茶っぽい青めの茶葉は、茶壷であまり美味しく入らない時は蓋碗で淹れる事が多いんだけど、茶壷でも淹れたいという願望もあって、団泥なら良さそうだなと思っていて、今回の購入に至った次第。

 で、温泉と同様に、このコもお鍋の中の温泉に浸からせて、青めのお茶を淹れてみた。このコを使っての初めてのお茶に選んだのは、Formosa Tea Connection留籠頭烏龍茶('05 冬茶)。結果はビンゴッ!だと思う。数煎淹れても、あまり水色がくすんでくるような事がなくて、割と綺麗な色を保ったままの状態で美味しく淹れられた。

b0032921_1302320.jpg 少しザラザラっとした手触り感のある団泥で、育てていくのも楽しみだ。今週1週間くらいは、この手のお茶を淹れ続けてみて、土の変化の様子を見てみたい気分。1週間でも、何か変わっていくのが分かるといいなぁ♪。取り敢えずは毎日のエントリーの中で、報告していこうと思ってます。土の感じからすると、育ちも早そうな予感のする土だし、楽しみッ♪。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-28 01:35 | 「お茶」と
2006年 02月 27日
春を探しに行ってきた...。
“えッ、雨かよ!?”
b0032921_20424437.jpg 週末を利用して、久々に箱根に行ってきた。突然ダンナ様が、「あーーーッ!! もう仕事イヤだ!疲れたッ!温泉行きてぇ〜ッ!」と言い出し、何度となくこんな事を言い出しては、「泊まる所は、お前に任せる。」と勝手に決めては、色々と探すハメになるアタシ。で、泊まってみたい旅館を決めては結局のトコロ、尽くダンナ様の仕事が忙しくなり、アタシの努力は虚しくもムダになってきた。なので今回は、「言い出しては毎回、結局行けなくなるんだから、泊まる所は自分で探して予約を入れて下さい。」と、突き放してみた。週末はドコも満室で、なかなか泊まりたい旅館の予約が取れなかったんだけど、何とか泊まってもいい!?旅館に予約を入れる事が出来た。

b0032921_2052043.jpg 宿泊プランを、露天風呂付きの朝夕食部屋出しにして、このところダンナ様の実家である函館に行ったりと、何かとバタバタと忙しくしていたので、取り敢えずのんびりと過ごす事にした。源泉掛け流しの露天風呂は24時間、誰に気兼ねする事もなくゆっくりとお風呂に入れるので、夕食の前と朝の起きがけに入った。朝は生憎の雨になってしまったけど、それでも外の空気を吸い込みながら入る温泉はまた、格別に気持ちが良かった。お湯をコレでもかッ!というくらいに使えるのは、普段の生活からすれば、贅沢にも思えた。それでも折角、露天風呂が付いてる部屋を自分で選んだにも関わらず、共同の大浴場に入りたがるダンナ様は相変わらずだなとも思ったりした。(←どうも、泳ぎたいらしいのだ!?)

b0032921_2121044.jpg 箱根に着いてから、ダラダラと目的を持たずに散歩に出た。温泉が多いからか、川や滝が多く見られた。水が流れる音を聞いていると、やはり心が和んでくるようだ。空気も幾分、軽く感じるし、気分も晴れやかな感じになってくる。沸き水も出ていて、ポリタンクに水を汲みに来ている人も大勢見掛けた。泊まっていた旅館でも、夕食を終えた後に、沸き水を汲み上げたのを部屋に置いてくれたんだけど、とても柔らかくて美味しかった。冬の冷たく冷えた水は、お風呂上がりの渇いた喉を、優しく潤してくれた。

b0032921_2192437.jpg 箱根に行ったので、冬の富士山を見たかったんだけど、天気は雨。遠くにぼんやりと霞んで見えるくらいしか、富士山を見る事が出来なかった。で、仕方なく、ダンナ様が行った事がない箱根彫刻の森美術館に行ってきた。アタシは美術に興味が全く無いワケではないけれど、何気にダンナ様はこの類いのモノが好きで、絵画集とかいったのを持ってたりする。色々と作品を見ては、誰々とか口に出してはじっくりと楽しんでいたようだった。毎日仕事に追われて、何かとイライラとした時間を過ごしているダンナ様の、心と気持ちの洗濯が出来たのであれば、それで十分に良かったのではと、天気の事なんて忘れて楽しく過ごせた時間だった。

b0032921_21245778.jpg 「露天風呂付きの部屋って、実際泊まるまでは『そんなにいいか?』って思ってたけど、部屋でのんびりと過ごせるから結構良いかもね。」と、ゆっくり休みに来てても貧乏性のダンナ様はいつも、ドコに行っても忙しく外に出掛けたがるの性格。半ば、半強制的に出掛けなくなるような環境だったから、また外に出たがるのでは?と思ってたけど、たまのお休みぐらいは、体をキチンと休ませて頂かないと、逆にアタシも疲れるものです(^^;。今度もまた、ゆっくり過ごせる時間が取れれば良いのですがね(^^。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-27 21:23 | 「私的」語り言
2006年 02月 26日
春を探しに。
b0032921_22181819.jpg 段々と近付いてきている春を探しに、小旅行をしてきた。旅館に着いて、周辺を軽く散歩する。週末は家族連れやら、企業の団体やらで、ドコの旅館も満杯だとか。

 そんな状態の中、辛うじて取れた旅館の予約。さて、ドコに行くのやら。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-26 22:27 | 「お花」と
2006年 02月 25日
Toast in celebration.
b0032921_394779.jpg オリンピックもほぼ見たい競技も終わって、アタシ自身もやっと、睡眠を普通に取りたい気持ちになってきた。今日からメオトで、久々のチョッピリ遠出の予定。しかし、目的地に出掛ける前に、ダンナ様の仕事の都合で、事務所に立ち寄ってから出掛けるハメに。まぁ仕方ない。

 やっとゆっくり眠れる気になってきたので、軽い祝杯を上げる。睡眠の質を良くする為に、ワインを1杯だけ。後はもう、終わりに近くなったイチゴちゃんも頂く。

 雨が降っていた頃、連日の睡眠不足解消を軽くしておこうと、お昼寝を決行したのだけど、ヤッパリ案の定、ウトウトし始めると電話が鳴って起こされた。それも2回も、1時間置き程に。最悪だわ。

 でも、そんな事もないだろうという時間になったし、お出掛けに備えて、今晩は寝てやります。お風呂上がりの1杯は、瞼を重たくさせます。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-25 03:29 | 「私的」語り言
2006年 02月 24日
アジア勢&日本人初!
b0032921_1234358.jpg Liveで見続けた、トリノオリンピック・女子フィギュアFree。上位の選手が演技をする頃には、もう朝の6時半頃になっていた。

 SP3位に付けていた荒川選手が、SP1位と2位にいたサーシャ・コーエン(アメリカ)とイリーナ・スルツカヤ(ロシア)を抜いて、逆転の金メダル!オメデトウ!

 プッチーニ作のトゥーランドットに合わせて、とても滑らかなスケーティングでした。スピードとかジャンプのレベル等、そういう技術を見せるだけでなく、曲のイメージにとても合った、本当に素敵な演技だったと思います。荒川選手と言えば、「イナバウアー」と注目を浴びていましたが、それをあの時に見ていたアタシは、思わず感動してました(^^。曲の中に溶け込むかのような演技は、ご本人曰く、「最高の満足する演技ではない。」という事でしたが、見ている観客の人には、込み上げてくる何かがあったと思います。

 トリノオリンピックではもう、日本人選手はメダルは取れないのか!? との声もあったようですが、最後の最後で本命の女子フィギュアで金メダルが取れて、良かったなとホッとしてしまいました。

 何でもオリンピックで日本人がメダルを獲得したのは、92年のアルベールビルオリンピックの時に銀メダルを獲得した、伊藤みどり以来だとか。そして、アジア勢では初の金メダルらしい。日本だけでなく、アジア全体にも嬉しい、そんな荒川選手の金メダルになったのではないでしょうか。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-24 12:19 | 「私的」語り言
2006年 02月 23日
もう少し!
b0032921_254553.jpg 睡眠恐怖症というよりも、今のアタシは夢見恐怖症気味。そして完全に、昼夜逆転の生活。本当はスッゴい眠いから、いつまでも眠りたいくらいなのに、眠れない。それも本来の夜に眠るという事が出来ない。でも本当に眠りたいんだ!だけど、今夜もまだ、眠れない。

 だって3時から、トリノオリンピックの女子フィギュアスケートのFreeをやるんだもの。もうココまで来たら、見ずにはいられない。

 だから、気合いのお茶を(笑)。コレを見終えたら、多分今まで眠れなかった分、いや、ソレ以上に眠れると思う。

 気合いのお茶には、ガブガブ飲める海風號黄金桂を。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-23 23:54 | 「お茶」と
2006年 02月 22日
熟睡出来ない夜には....。
 見る夢にある一定の習慣性みたいなモノがあるならば、今のアタシは正にそんな感じ。あれからベッドで眠る度に、妙に気になる夢を見てしまい、早朝に目が覚めてしまうのだ。今朝もそう。今朝の夢は、この前の夢とは違って、起きた瞬間から内容については忘れ始めていたから、あまりどういう夢だったのかはハッキリと憶えてないんだけれども、起きた時の感覚としては、あまり良い夢ではなかったのには間違いない。起きた時の気分がまたイヤな感覚で、何となくだけど憶えているのは、現実にないような夢ではなくて、実際に起こり得るような物事で、自分がイヤな目にあっているような感じの夢だったと思う。こうなってくると、何だかベッドで眠り、夢を見るのが怖くなってきた。今は眠気の強いバイオリズムに入ってきているから、本当は熟睡したいのに、それが出来ないもどかしさ...。辛いわぁ!

 で、こうなったらと腹を括って(!?)、ベッドで眠る事を諦めた。日付け変わって深夜3時くらいからトリノオリンピックの女子フィギュアSPをやるから、それを終わるまで(←ッて、ソレは朝じゃン。)見続けてやろうと思った。眠いのは山々だけど、イヤな夢を見るよりはマシでしょう。それに限界まで起きていれば、夢を見る事なく眠れるに違いないと考えたからだ。

b0032921_555305.jpg その為にも臨戦態勢を取ろうと、お茶を淹れる事にした。今夜のお茶は、楽人居の祁門工夫(一級)。それに眠気の強いバイオリズムになると、なぜか胃腸の調子が悪くなるので、何か一緒にお腹に入れておこうと、ダンナ様がバレンタインデーの時に事務所の女のコにもらってきた、ガトー・ド・ボワイヤージュのカトルカール・オ・ショコラ1/2に枝付きレーズンを少々ツマむ。

 割としっとりした生地で、食べるとムッチリした食感のカトルカール・オ・ショコラ。カヌレかな?とも思ってたんだけど、ヤッパリ少し違うみたい。それなりに美味しいけど、今のアタシには、枝付きレーズンの方が体に優しくて美味しい。妙な夢を見るようになってから、食欲があまり無くって、少しずつしか食べられない。今夜の夕食も、お茶碗にほんの少しだけご飯を盛って、後はチョコっとだけおかずを食べた。夢のせいなんだわッ!きっと。あんまり夢に引きずられるのも嫌だし、早く忘れてしまえればなぁ...。それよりも、ああいう夢は見たくない。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-22 23:45 | 「お茶」と
2006年 02月 21日
念願のッ!
b0032921_264964.jpg 前々から欲しかった、ル・クルーゼのココット・ロンドのグリーンを手に入れた!グリーンの色も様々な色があって、ジェイドとかとも迷ったんだけど、このカクタスにしてみた。カクタスっていうのは、サボテン色を言うらしい。最初に手に入れたココット・ロンドは大きいサイズで(28㎝バージョン)、沢山作れるカレーとかシチューとかを主に作る時に使ってたんだけど、普段の時でも使いやすいサイズのモノがヤッパリ欲しくて、ずっとグリーンの20㎝か22㎝のモノが欲しかったんだ。

 ウチに届いた時に嬉しくて、思わずパチリと記念の1枚。相変わらず小さくても重いけど、明日はコレを使って、早速料理をしようと思っているトコ。

 ル・クルーゼの魅力は、使っているだけで、料理がとても美味しそうに見えてしまうトコかしら!? もちろん、料理もチャンと美味しく出来るんだけどね(^^。楽しく料理をする道具って、毎日する事だからこそ、大事なモノなのよね。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。


Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-21 23:06 | 「私的」Cooking
2006年 02月 20日
新芽便り
b0032921_15424684.jpg 我が家のバラ達も、気が付けばいつの間にか、小さな新芽を枝先に見せるようになっていた。まだ寒い日が続いているのに、ヤッパリ静かに春の足音が近付いているんだろう。ついこの前までは葉もほとんど落ちて、丸裸になっていたはずなのに、人がほんの少し放っておいた(?)隙に、こうやって驚く事をしでかすのだ(^^。驚かせるのが好きな、我が家のバラ達。コレは、ERのザ・プリンスの新芽。去年は今までで1番多く、花を咲かせてくれた。今年もそんな気配を漂わせている。

b0032921_15484757.jpg ついこの前、植え替えしたばかりのERアンブリッジ・ローズも少しずつだけど、新芽を覗かせてきた。太い枝が3本あって、その3本が密集して伸びてしまっているんだけど、まだまだ若い枝だから切れずにいてそのまま。チョットでも枝の伸びる方向が同じになってしまうと、ブツかってしまうくらいの密集振り。今年これから、新しい枝が出るかどうかは分からないけど、もう同じような場所から出ない事を祈りたい。花付きは、春は自分でもビックリするくらいに良過ぎたんだけど、秋はそれほどでもなかった。多分、春に咲き過ぎて、体力が足らなくなってしまったんだろうなぁ。

b0032921_0574083.jpg コッチは未だに植え替えしてない、ERのキャスリン・モーリー。細い枝先からチョコんと、柔らかい葉を出し始めた。枝の暴れっぷりもなかなかのもので、細い枝を四方八方に自由気ままに伸ばしていた。その伸びた枝を、この前チョキチョキと剪定してみたけど、チャンと花を咲かせてくれるかなぁ。去年はまだ、ウチに来たばかりなのもあって、落ち着いてなかった為なのか、あまり思ったようには咲いてはくれなかったっけ。

b0032921_125015.jpg コレは見てスグに分かる、チューリップの芽。遅咲き・早咲きもあるんだろうけど、幾つかはまだ、芽が出ていないチューリップがある。このチューリップは葉に斑が入っているタイプのもので、チャイナタウンという、ピンクとグリーンのパステルカラーのチューリップみたい。去年は植えたチューリップの球根の数も多かったから、少々密集して植えたのもあり、予想より咲いたチューリップは少なかったから、今年は去年よりも咲いてくれると嬉しい。

 とまぁ、こんな感じのウチの花々たち。いい加減に、もう2年くらい植え替えしてないバラがあるので、今月中には何とか終わらせたいと思ってるトコです(^^;。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-20 15:42 | 「お花」と
2006年 02月 19日
気になる夢
 普段あまり夢を見る事のないアタシだけど、年に数回は一応夢を見る。夢を見ないとは言うが、本当は見ているんだけど、覚えていないだけかも知れない。それか毎晩熟睡をしていて、見ていないのかも知れない。

 そんな夢をあまり見ないアタシが今朝、妙に記憶に残っている夢を見て、ふと目が覚めてしまった。このところ、また睡魔に襲われているので、時間なんて関係ないくらいに眠くなるし、寝ても寝ても寝足りないくらいだ。そんな状態なので、いつもよりも早めにベッドに入った。

 寝ている間に見た、その夢というのは、ウチのキッチンに自分が立っていると、上から水が垂れてきているのに気が付いて、天井を見てみると少し染みが出来ていて、その染みから水が滴り落ちてきていたのだ。「上の階の住人が、何かしているのか?」と思ったアタシは、常駐しているマンションの管理人の所に行き、天井から水が垂れてきている事を伝えた。

 それを聞いた管理人が、水が天井から落ちてくるのを確認しに、ウチにやって来た。ところが、やって来たのがその管理人の他にもう1人、見た事のない若い女性が付いて来た。見た感じ特に管理人の仕事をしているような人でもなく、「この人は一体、誰なんだろう?」と思っていた。

b0032921_1285767.jpg その日は休日だったみたいで、ウチにはアタシとダンナ様もいた。ところが、その管理人の人達がウチに来た時に、一緒にいたダンナ様の様子が妙におかしくなってきた。ヤケにソワソワしたり視線が泳いでいたりと、落ち着かない。いつものダンナ様なら、こんな風にはならないと思っていると、なぜか『女の勘』ではないが、「この若い女性とダンナ様に何かあるのでは...?」と感じるようになった。なぜならその女性もまた、ダンナ様に対する態度が、初めて会った感じではなく、前々から知っているような雰囲気だったからだ。ダンナ様に話し掛ける言葉とか目線とかが、馴れ馴れしいとか、親し気というか...。

 それでアタシは、その場でカマを掛けてみた。どんな言葉でカマを掛けたのかは憶えていないのだけど、ダンナ様は一向にその女性は知らないと言い張っていたのに対して、女性の方はアッサリとそれを認めるような言葉を吐き出した。そんな光景を見て、「何で、ダンナ様はこの人と浮気なんかしたんだろう?」という裏切られたショックと、腹立たしい怒りが両方込み上げて来た。

 という場面で、夢から目が覚めた。横で軽い寝息を立てて、気持ち良さそうに寝ているダンナ様を見ていたら、「コレは夢?」と一瞬考えてしまった。もちろん夢だったんだけど、何だか妙に気になって、結局起きてしまった。

 夢には様々な意味があるって聞くけれど、この夢にどんな意味が込められているのかは分からない。たまに夢を見るアタシだからこそ、何か意味があるのだろうか。

 そんなアタシには、もう1つ、以前に見た夢で気になるのがある。何度かこのブログにも書いている事だけど、去年、アタシの目が突然復視(モノが二重に見える状態)になってしまい、病院を幾つか回ったという話。実は目が元に戻った頃に気が付いたんだけど、そんな状態になる前に、ヤッパリ少し気になる夢を見ていたのだ。

b0032921_1218273.jpg その夢は不思議な夢で、白い霧のようなモノに囲まれた中にアタシがいて、その中でアタシの顔に、自分の顔がアタシに触れるくらいに近付けてくる小さい女の子がいた。その女の子はまるで市松人形にようなおかっぱ頭をした、目のとても大きな子供で、アタシに顔を近付けてこう言うのだ。「お顔見せて、お顔見せて。目ぇ見せて、目ぇ見せて。」と、何度も繰り返し、アタシに言うのだ。その夢は珍しく何日かの間、見ていたのだけど、今思えば、目がおかしくなるという事を知らせていたのかも?と思うのだ。見ていた頃は、とても奇妙で印象に残っていた夢だった。だけど、普段あまり夢を見ないアタシには、眠っていた時に見ていた夢が記憶に残っている事自体が、意味があるように思えてしまう。

 この夢もまた、アタシの身に起ころうとしている何かを、暗示しているのだろうか?

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-02-19 23:41 | 「私的」語り言
| ページトップ |