※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2006年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2006年 03月 31日
お客さん、新しいの入りましたよ〜!
 海風號に行ってきた、花冷えの昨日。ホントは一昨日に行くつもりだったんだけど、生憎の理由にて行けず。ドアを開けて中に入ると、「昨日来るって言ってたから、用意して待ってたのに。」と言われてしまう。誠に申し訳ありんすなのである(^^;。

 結構、海風號の茶葉が切れかけていたので、2種類を持ち帰ってきた。もう今年の春茶が一昨日に入ったとの事。「もう!hanacha3さんが来るって言ったから、コレを用意してたんだよ。」と、ウソかホントかは分からないが、その言葉はヒジョーに嬉しいものであり、胸に染み入るのでございますよ。(笑)

b0032921_5295188.jpg


海風號から購入

きんしょうてっかんのん
金奨鉄観音
('06 春茶)
50グラム ¥2000




b0032921_5352018.jpg ホントに久し振りに飲める、金奨鉄観音である。程よく飴色に染まった茶葉。確かアタシの記憶に間違いが無ければ、去年のクリスマスのセールの時に、もうウチのストックが無くなったので買おうとしたところ、品切れしてたのら。その時には既に金奨鉄観音を飲んでいない環境にあったから、多分半年近くの間、飲んで無かった事になるワケだ。

b0032921_5404758.jpg コウタロウさんから戴いた真鍮のスプーンを早速使って、数ヶ月振りに飲む、金奨鉄観音。一口飲んでみて、「そうそう、この味と香りよね〜。」と思い出す。ほんのチョッピリだけ、ガッツリと多めに茶葉を使って淹れてみた。飲ませたダンナ様もまた、「このお茶、ウマイじゃん。」とポツリ。ほのかに蜂蜜みたいな甘い香りと、ちょうど良い加減に感じる火入れの風合いが、アタシにはヤッパリかなりのストライクであり、懐かしく思える。飲んでみても相変わらずの煎の利きようが、エラい。10煎近く、またはソレ以上淹れてみても、しっかりとしたモノを持ち続けている。忘れかけていたのに、飲み始めると、チャンと前の残っている味覚が思い出せるのだ。そういうのって、素敵だと思いませんか?

 人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-31 05:50 | 「お茶」と
2006年 03月 30日
花冷え
b0032921_2311473.jpg 風が少しだけ、冬に戻ったような今日の夕方。久々に海風號に行った。風が強いだけじゃなくて、チョッピリ寒い感じの感触。せっかく満開になった東京の桜も、散ってしまうんじゃないかと思ったりしたけど、コウタロウさん曰く、「大丈夫だよ。こういう時は、咲いた花がキュッと締まるから。」だと。そうそう、こういう時を、花を使った言葉で言えば『花冷え』と言うのだ。日本の情緒ある言葉である。

 コウタロウさんが茶葉を掬ったのに使っていた、柄の長い銀のスプーン(?)に目が止まる。「素敵ですね、ソレ。」と言うと、「イイでしょ、コレ。」と嬉しそうに見せてくれた。多分、海風號に来た事のある人なら、1度は見た事があるかも知れない、銀のスプーン。全体的な姿もそうなのだが、特に素敵で可愛いと感じたのが、柄の部分ではなくてモノを掬い入れるトコロ。何とも言えない絶妙なカーブというのか円みというのか、手にとても馴染むフォルム。アタシが靴を選ぶ時みたいに、全体的なフォルムの良さに惹かれてしまうのと、同じような感覚が感じられるのだ。他にも真鍮のモノとかも持ってるとの事で、見せてもらう。

b0032921_23263535.jpg その真鍮のタイプが、コレ。柄は海風號で使っている柄の長い銀のモノよりも短いのだが、円に近い銀のタイプのモノとは違って、少し卵形なのだ。「わあ、コレも素敵ですね。」と。「お茶の道具で使う茶則とかだと、何か使いずらいじゃん?格好も悪いしさ。この方が全然使い易いし、お洒落だと思わない?」と言いながら、茶則も持つ仕草をしてみる。

 確かに、あの茶則も持ち方といい、姿といい、あまり格好のいいモノではない。他にも無いかと探すのだそうだが、なかなか良いのが見つからないんだそうだ。見せてもらった銀と真鍮のスプーンを手に取って眺めていると、不意にコウタロウさんが、「コレ、上げるよ。遅くなっちゃたけど、誕生日のプレゼントにさ。コッチの銀のヤツより、コッチの方が絶対使い易いよ。」と言って下さった。ワーイワーイッ!と喜んでいると、「そんなに喜んでくれると、嬉しいなあ〜。」と。イヤイヤ。ホントに嬉しいっす。今夜から早速、使わせてもらいます♪。と言いながら、ウチに帰ってからも、嬉しくてず〜っと、手に握り締めてたりする。欲しい人も結構いるらしく、「自慢してよ。」とコウタロウさんが言うので、自慢しちゃいます。欲しいと狙っていた方、スミマセン!アタシが戴いてしまいました m(_ _)m。

 ついでに一緒に、ブルガリでコウタロウさんが貰ったというマウスパッドも戴いてしまった。ヤバイ、超嬉しいんですけどぉ。このマウスパッド、時計にしちゃおうかなあ?ハンズで(笑)。でも、勿体ないかな〜。

 今夜はウチに連れてきた今年の鉄観音を、ガンガン淹れまっせ!毎度のお心遣い、アリガトウございます。

 人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-30 23:29 | 「お茶」と
2006年 03月 29日
飲み比べしてみたりする
 今日の午後は出掛けようと思って準備してたら、電話。体調悪いから、帰るってサ。ふ〜、明日に行くか。せっかく行こうと思ってたんだけどな〜(^^;。まッ、仕方ないか。ゴメンなさいッ!m(_ _)m。(←チョット後ろ髪引かれる気分?)

 東京の桜も満開になって、春休みにも入ってるから、週末は人出が多そうだなと...。夕べも某中国茶のお店のスタッフの方からメールが来て、少しやり取りしてた。多分もう、去年の夏くらいから行ってなくて会ってないんだけど、こういうご連絡は嬉しいものです。

 午前中に、茶葉の整理を少しだけやっていて、見付けた文山包種。見付けたからではないけど、お茶も飲みたい気分になったから、淹れてみる事にした。

b0032921_1812264.jpgb0032921_1831747.jpg 







  見付けたのは2種類の文山包種茶で、これは華泰茶荘の清茶・極品香(’05物)。多分もらった茶葉だと思う。茎がかなり大きく長めに残っていて、ガシガシした感じ。蓋碗にお湯を注いでみると、ハーブ系の香りがしてきて、スーッと抜けるようなメンソールに似た香りがする。味の方は茶葉自体が少し時間が経ったものあるけど、香りに重点を置いているのか弱め。飲み干した後くらいに、ほのかに甘みが上がってくる程度かな。でもなぜか煎を重ねる毎に、ビミョーに海藻ちっくな香りが...。アタシの体調がおかしいのか?チョット笑える。

b0032921_1905979.jpgb0032921_1912987.jpg






 
  もう一方の文山包種は、遊茶の精選文山包種茶('05 冬茶)。茶葉は上の極品香と比べてみると緑が濃く、見た目はコッチの方が海藻ちっく。甘い金木犀のような香りが、特に際立って上がってくる。水色も若干だけど、濃く出ている。割と強く味はあるし、グーからパーへぐらいの広がりは感じるけれど、奥行きは無い気がする。けど、まあまあな感じ。どっちかと言えば、香りを楽しみたいお茶だと思う。だけど飲むには煎が弱いから、ガブ飲み派のアタシにとっては、些か面倒だったりする。なぜかと言えば、お湯を注ぐだけでなく、茶葉も替えなくちゃいけないから。所謂、ただの面倒臭がりなだけ。

 普段あまり文山包種を飲むのが少ないので、せっかく見付けたんだからと、飲み比べしてみたけど、何せ少々日にちが経ってるのもあるから、強い個性みたいなのを感じる要素があまり無かったみたいです(泣)。元々クセがあまりないお茶だし、だったらヤラなきゃ良かったじゃん!とか、考え凹んだりして。

 人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-29 16:52 | 「お茶」と
2006年 03月 28日
麻痺してる
b0032921_3574670.jpg 昨日も、外出してウチに帰って来た時に飲んだアイスコーヒー以外は、延々とコレを飲みまくっていた。何だか休日に食べ過ぎたので、反省するかのごとく、淹れては飲む、飲んでは淹れるののEndless。眠気が来ても、止めようとしない。ひたすらに飲んでいた。ずーッと飲んでいると、お腹も空いてきたりする。だからお腹が空いたら、ヤッパリ食べる。

 そんなにお腹が空いていなかった夜も、ダンナ様が帰ってくるとなれば、否応無しに食事の仕度をしたりして、ヤッパリ大なり小なり食べたりする。そして、お腹が一杯になるので、またひたすらにプーアールを淹れては飲む。

 飲みながら、朝見逃した「saku saku」の再放送を見る。今週でカエラちゃんのMCが終わっちゃうので、冒頭に「木村カエラ 辞任会見」なるものをヤッてたりした。かなりウケる。その後も更に、STAR WARSのパロディ風に小芝居をしたりするのを見て、更にウケた。今週の「saku saku」は、全て見逃せない。

 先日の深夜、某中国茶のお店のスタッフの方から、緑茶が入荷しました!とのご連絡メールが、携帯に届く。昨日の午後に返事を送ると、早い段階で返事が送られてきて、その後2時間くらいの間、携帯でメールのやり取りした。お茶の話もさておき、普通のバカ話で盛り上がる。

 相変わらず、毎日飽きる事無く、迷惑メールが膨大に送られてくる。ハッキリ言って、迷惑なんだけど。だけどソレが当然みたいになってきてて、面倒なはずなのに、1コ1コを確認して削除しまくる。同じ名前で、シツコいくらいに送ってくる。ウザいの極まりない。あんな陳腐な文章を、いったい1日に何人のアドレスに送っているのやら。ホントに迷惑なのに、毎日ご丁寧に確認して削除する自分。感情無しでする行動。麻痺してるのか?

 夕べの夜はまた、肩凝りと頭痛が始まる。この痛さ加減だと、多分雨の降るのは今日の夜当たりかな?と推測する。どうやらその予感は的中するよう。何度となくやってくるこの頭痛と肩凝りにも、無意識に対応出来るようになる、これも麻痺の一片。

b0032921_3584958.jpgコレを書いてる今も、延々とひたすらに淹れては飲むプーアール。食べ過ぎでなのか、飲み過ぎてなのか、そんなのも分からない程に、既にお腹の中は一杯イッパイ。それでも手が止まらずに、延々と淹れるプーアール。これも一種の麻痺。もう何杯飲んでいるんだろう。その感覚すら持っていない。これこそが、本当の麻痺。

 人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-28 03:52 | 「私的」語り言
2006年 03月 27日
早速ですが。
“中国茶、なのにコーヒー。”
b0032921_14371636.jpg週始めの月曜日。所用を済ませて、書店に駆け込んでみた。 

本の並んでいる棚を、目を凝らして探す。

 あった...。

帯の文章は、平田さん。
「ゆるゆるの中国茶を教えてくれたのは納富さんでした。」

なるほど。

春の陽気にそそのかされて、無心でチャリンコ走らせた。

喉が渇いた。

中国茶の本ではあるけれど、今飲みたいのは、冷たいアイスコーヒーだった。

思うがまま、気分次第の、「ゆるゆる」のアタシである。

のーとみさん。
おもしろ可笑しく、楽しませて頂きます。


 人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-27 14:50 | 「お茶」と
2006年 03月 27日
How a terrible coincidence!? ~嗚呼、何て偶然~
 昨日は外で夜ゴハンをと、駅の方へ歩いて行った。お店に入ってゴハンを食べる前にブラブラしてたら、ほんの短い時間の間に(多分30〜40分位なんだけど。)、ぬわんとッ!3人もの芸能人に会った。

 最初に見たのは(会ったと言うよりも、見たが正しい。)、スキマスイッチの大橋卓弥さん。チョット深めにキャップを被っていたんだけど、周りの人に全然気が付かれていなかった。でもご本人は、気が付かれたら?みたいな心配をしていたのか、辺りをキョロキョロしていたんだけどね(^^。

 ソコを出てスグに見たのは、な、な、何とッ!今を輝く(?)デビューしたばかりのKAT-TUNの田口淳之介クン。(←だと思う。)一緒にいた人と別れて、1人で無印に入っていった。アタシたちメオトもちょうど無印に行こうとしていたので、ほぼ同じ足並みで入店!(笑)何か小物を探していたようで、アタシの隣で色々と見ていたっぽい。顔がスッゴい小さくて、「アレがジャニーズなのかッ!?」と、感心したメオトです。(バカ)

 メオトの買い物を済ませて、じゃゴハンでも食べようとなって、行こうとしていたお店のある場所の角を曲がったら、今度は『トリビアの泉』の司会をしている、俳優の高橋克美サンがジャージっぽい姿で1人でいるではないですか!ダンナ様とあまりにも短い時間に3人もの芸能人を見たので、「何か今日はやたらといるな〜。」と話したぐらいでした。元々アタシが住んでいる所はこの手の方々が多く住んでるようで、前にも何度か小泉今日子を見たりとか、内田裕也をTSUTAYAで見たりとか、ウルフルズのメンバーも家族連れでスーパーで見掛けるし、何かとそんな事が多いんだけど、さすがに今夜はすごかった!しかし、時間がビミョーな時間だったので、ジャニーズにキャーキャー騒ぐような若いコもあまりいなかったし、アタシぐらいの年の人達が多かったので、どなたも気が付いてなかったようです。前日はサザンの関口さんを見たし、不思議な日だったな〜。

 とまあ、色々な人を見掛けた夜は、今年のF/F第2弾という事で...(^^;。食べ過ぎなのもあって、昼間はずっとコウタロウさんから譲ってもらったプーアールを飲んでて...。夜は別なモノをとコレを淹れてみました。

b0032921_4464521.jpg


Leafullから購入

THURBO農園 ('06 F/F)
DJ-1
50グラム ¥3150





b0032921_4504618.jpg この前のNORTH TUKVAR農園 DJ-2よりも、何となく茶葉が少し茶褐色に近くて、silver tipsが多めな気がする。香りもそんな感じの香りで、青々とした香りではなくて、紅茶らしさが感じられる。茶葉がなぜかとってもサラサラっとしてて、茶葉を掬おうとするとパラパラと落ちていく。そして、周りにこぼすような事をしでかす。

b0032921_459369.jpg お湯を注いでみると、ヤッパリ水色が少し濃い気がする。THURBO農園のF/Fは去年も飲んだかな?多分初めて飲んだような...?? 記憶喪失? 味も青い風合いではなくて、しっかりとした印象。冷めてくると芳ばしさも出てきて、アタシが知ってるF/Fっぽさじゃない。年間を通して、F/F・S/F、そしてA/Nと、THURBO農園のって割と均一な作りなのかしら?と思ってしまった。均一な作りと言うか、ある一定のレベルを常に保っていると言うべきか。もしそうなら、シーズン毎の微妙な違いはあるにせよ、ソレはソレで大変だなとも思う。茶葉の出来自体は、その年ごと、季節の天候によって違うし、製茶の環境も多少は異なるはずだから、技と経験があってこその事。もしそうだとしたら、人の勘って、スゴ〜いッ!匠の技ってヤツよね。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-27 03:58 | 「お茶」と
2006年 03月 26日
お腹いっぱい!
 昨日は早起きして、朝から(←と言っても、食べたのはお昼近かったけど。)珍しくガッツリと、ご飯を作って食べたアタシ。その後は前日のエントリーにも書いてあるように、お天気が良かったので自転車で学芸大学まで行き、夜は作りたかったヤツを作ってみた。

b0032921_138916.jpg タイ料理とかベトナム料理とかが、実は大好きなアタシ。昔はよく食べに行ったんだけど、最近はとんとご無沙汰。なので自分で作ってしまえ!と、初めて作ってみた。買ってからずっと開けていなかったナンプラーを、初めて開けて料理に使った。作ったのは、生春巻きと汁ビーフン。生春巻きのタレには2種類を用意。1つはオーソドックスなナンプラーにお砂糖や唐辛子、レモン汁なんかを加えたモノと、もう1つはナンプラーに甜面醤と刻んだピーナッツを入れたモノ。生春巻きは最初、具を包むのに苦労して、チョット不格好になったけど、まあまあの出来。中にはミントやバジル、それに大葉等々のハーブ類をたっぷり♪。汁ビーフンは、これまた大好きな香菜をたっくさん入れて、あの香りに食欲が増してしまった(笑)。

 つい久々の、あの味にハマってしまい、チョット食べ過ぎた。消化させる為にも、蘭亭さんから買って来たお茶を早速淹れてみた。

b0032921_150304.jpg


蘭亭から購入

しきしゅん
四季春
[’06 早春摘み]
20グラム ¥480
(価格間違いの可能性あり)



 実はあんまり、値段を見ずに買ってしまったりする(^^:。チョットばっかりお話に夢中になってしまって、合計の金額しか覚えてなかったりして。蘭亭さんは10グラムから量り売りしてくれるので、とっても便利。美味しかったら、次は量を増やして買えばいいしね。(←忘れた言い訳!?)

b0032921_1584190.jpg 早く摘まれた茶葉なので、粒は小さめ。割としっかり揉捻されているみたいで、茶壺にお湯を注いでからも、簡単には茶葉が開かない感じだった。藤原さん曰く、多めの茶葉を使って淹れると、玉露のような味わいなるとの事で、その方法で淹れてみた。沸騰したばかりのお湯で淹れると、確かに玉露のようなトロンとした喉越し。

b0032921_264284.jpg 香りは爽やかな花の香りのよう。少し冷めたぐらいにトロンとした喉越しを感じる事が多いけど、アツアツの状態でこの感覚があるのが、不思議だった。実際に冷めてくると、更にその感覚が強く実感出来る。ほんのり甘くて、柔らかい味。水色は薄く緑に色付く黄色。緑茶っぽい感じの色で1煎目だったら、緑茶と見紛うくらい。消化の為にもと思って淹れたのにも関わらず、やっと数年振りに買う事の出来た、叶 匠壽庵のブツも食べちゃったよーッ! あ〜んッ、アタシってばバカバカッ!! 今日は間違いなく食べ過ぎです。クワバラクワバラ...。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-26 02:19 | 「お茶」と
2006年 03月 25日
Very feelings of spring!
b0032921_16413948.jpg 今日はお天気も良くて、風も穏やかな感じだったので、久々に自転車に乗ってサイクリング!って気分になり、チョット足を伸ばして、ウチから学芸大学まで行って来ました。寄り道せずに行けば、学芸大学までは10分くらいの所を、桜も咲き始めたので、ブラブラと桜並木の下を走り抜けて来ました。途中にあった小さな公園では既に、3分咲きくらいになった桜の木の下で、お花見をしている人もチラホラリ。その公園で、親子連れでサッカーボールを蹴っていた、アタシの大好きなサザンオールスターズの関口さんがいらっしゃいました♪。ご近所にお住まいなのでしょうか? (まッ、この辺は結構その関係の方々をよく見掛けますが。) チョット嬉しかったです(^^。

b0032921_16482723.jpg 全体的にはまだ桜の咲き具合は、こんな感じだったのですが、膨らんだ桜の蕾が淡いピンクに染まっているのを見ていても、何だか絵になるんですね。空の色もとっても青くて、あちこちから様々な花や木々の香りが漂ってくるのを感じると、自然に気分が晴れやかになってきます。春はこういう気分になれる素敵な季節だなと、改めて実感させられます。

b0032921_16525097.jpg 桜並木の下を走っていると、足元からさほど変わらないぐらいの所から、桜の芽が沢山出ているのを見付けて、じっくりと観察してみました。こんな間近で桜の花を見られるのは初めてのような気がします。咲いているソメイヨシノは、見上げないと見られない感じですが、こんな目線で見られるのが不思議。桜の木が生きているっていう事を、目の当たりにした気分でした。切り花ではない、正に生きている証拠を突きつけられているような。

b0032921_16591516.jpg 桜と入れ違いに、咲き終わろうとしているコブシの花。バックの青空と対照的な白く大きな花が、とっても印象的でした。淡い香りが辺りを包んでいるようで、春風に添って追い掛けてくるようです。その下では、水仙やチューリップなんかも沢山植えられていて、更に甘い香りがしてきます。公園の小径に椅子を出して、日向ぼっこをしているご老人とかもいて、気持ち良さそうにうたた寝している姿は、何とも朗らかに見えます。春の日射しは、ヤッパリ気持ちが良いですものね。

b0032921_1794720.jpg そんな光景を見ながら、学芸大学に到着。駅のガード下にある名店街の蘭亭さんへ行ってみる事に。近くなので、前々から行ってみたいと思っていたのですが、あまりにも近すぎて...(笑)。入荷したばかりの四季春と青心大有(中の横線の無い字)を飲ませて頂き、お勧めの四季春とオリジナルのブレンドティーと、その他に色々と戴いてきてしまいました。アタシと話している途中で、藤原さんがネーミングを変えたトワイライトティー改め、トワイライトタイム。後で淹れてみようっと♪。「平田さんのブログを読んでて、前々から来たかったので、今日やっと...。」と話すと、「平田さん、書いてました?ウチのお店の事?あらあら〜。(笑)」と、おっしゃってました。また来ますね。

b0032921_18164841.jpg蘭亭さんを後に、ウチに戻る途中、またまた前から気になっていたお店、Patisserie SOURIREへ。白壁にオレンジ色の外観が車で前の道を通る度に目に入ってきてて、ずっと気になってたのです。b0032921_17262374.jpg オーナーシェフの方は、ジャンポール・エヴァンや資生堂パーラーなどで経験を積んだ方のようです。店内にはチョットだけEat in出来るスペースもあって、軽くお茶も出来るみたいです。1つ1つが小さめのsweetsです。ケースの中に並んでいた中から、シュー・ア・ラ・クレームとシュー・バナカのシュークリーム2種類と、タルト・マングを購入。ウチに帰って来て、マンゴーの入ったタルト・マングに、Leafullで買っていた、TUMSONG農園 A/N DJ-297と一緒に頂く。マンゴーの甘酸っぱいのと、薄く焼かれたタルト生地のサクサクとした食感と香ばしさに、甘さも控えめな感じでちょうど良い満腹感。軽い運動(?)をしてきたので、午後のティータイムには十分でした。

 巡り巡ってやって来た春の心地良い時間を、今年初めて楽しんだ午後でした。Round and round...。
 今の気分は、カエラちゃんの“Circle”がしっくりくる♡。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-25 17:48 | 「私的」語り言
2006年 03月 24日
The world that exists in globe.
“閉じ込められしモノ”
b0032921_1232433.jpg
葉の上に、ぽつりと1つ、留まる球体。

風のユラメキの思うがままに、揺られし雫の儚い姿。

透明な球体に映り込むのは、何?



人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-24 23:22 | 「お花」と
2006年 03月 23日
台湾を読みふける
“久々に、読みたくなった”
b0032921_16425031.jpg 久々に中国茶関連の本が読みたくなって、家にある本を再び読みあさっていたのだが、さすがに少し飽きが生じて、新しい本を探していた。

 近所の書店を数カ所探していたけど、欲しい本が見つからなかった。仕方なくでもないが、初めてココから注文をしてみた。直ぐに届くかと思っていたら、ココにも在庫が無かったようで、注文してから2週間程掛かって送られて来た。

 1冊だけ注文するのも何かと思って、ついでに検索してみたら、今年出版されていた本が他にもあったので、それも一緒に注文してみた。届いた本は、書店に置かれているのとは違い、誰の手も触れられていないくらいに、真っさらで綺麗な状態。何だか折り目を着けるのも、勿体ないくらい。

 さて今日からゆっくり、台湾茶でも飲みながら、本を堪能していこうか。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2006-03-23 16:58 | 「お茶」と
| ページトップ |