※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
<   2007年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2007年 03月 31日
時の過ぎるは、早いもの。
“NAOKIのケーキの予定だった。”
b0032921_15231359.jpg





















 先日、義母がウチに来る時に、出すつもりだったはずのケーキ。今まで見た事が無かったケーキだったので、買って来たのでした。結局は、義母がお菓子を持って来てれたりしたので、出せず終いになってしまったんだけど、残してしまうのは何だったので、ケーキ三昧となっていたのでした。

 コレは、義母が帰った後で、1人で食べてた写真。(笑) ピスタチオとチョコがムース状になったもののケーキで、ショコラフィレンツェというケーキらしいです。このピスタチオが憎い(!?)くらいに、美味しかったんですよ♪。ピスタチオのちょっとだけ感じる青臭さみたいなのが無くて、サッパリとした味わいになっていて、なお且つ溶けてしまいそうな質感。何となくケーキのデザインが、パリセヴェイユっぽいなあって思ったりしたけど、まぁケーキのデザインって、そんなに違わないかなって思ったり。

 チョコ系のケーキには岩茶も美味しいので、楽人居の鉄羅漢で。このお茶、好きで美味しくて、勿体振ってたりした(^^;。でもコレも、残り1回分程となってしまった。(泣) コレを今度飲む日は、一体いつの事やら。

 予定が沢山詰まったこの1週間も、無事に終わりそうだ。体が疲れたっていうよりも、精神的に疲れたって感じ。気遣いとか心配とか、妙な緊張とかドキドキ感とか!ゴスのライヴから帰って来た夜なんて、興奮が冷めなくて、1人でずっと朝まで祝杯!みたいなのをやってたし。よ〜く見たら、ワインをボトルの半分くらいいってて、「ヤバい!」って思ってセーブした。

 は〜ッ....。とにかく無事に終わって、良かったっす!来週はいつもの1週間を過ごせそうです。



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-31 15:22 | 「お茶」と
2007年 03月 30日
満開の桜と共に。@中野サンプラザ ~近過ぎて~
“満開宣言”
b0032921_23283991.jpg



















 昨日の夜は、就職活動以来となる場所に行って来ました。その場所は、中野サンプラザ。10数年振りにやって来たこの場所で、この日ちょうど、桜が満開になったとTVで言っていたのを聞いて出て来た。これからゴスペラーズの坂ツアー、『セルゲイ』2回目の賛歌になる。

 会場の前の時計広場の前には、沢山のファンの人達がいて、初めてしみじみとファンの人達の顔を見たような気がした。今までキャパの大きい会場で見てたのもあって、あんまり周りの人達を見る事って無かったんだけど、こうやって見てみると、やっぱりアタシとほぼ同世代の人が多いんだなぁって思った。一緒に来るはずのダンナ様は、この日も仕事で来るのがギリギリになりそうだと連絡があって、先に中に入っててと言われてた。ちょうど中野の駅に降り立った時に、ダンナ様から「新宿を今出た。」とメールが来て、中に入らずに、前で待ってると返信。10分ぐらいで、ダンナ様も中野に到着。

 開演の30分前に入ったんだけど、自分でチケットが送られた時に、席がどの辺の場所なのかをHPで確認していた。前の方なんだなと思ってたら、直前にチケットの半券を取られた時の言葉に驚いた。

最前列になりますので、◯番の入口からお入り下さい。』

b0032921_23495899.jpg 一瞬、へっ!?となる。おいおい〜、最前列じゃあないでしょう〜!と、頭の中で、手を顔の前で横に振る自分を想像する。HPで確認したら、確かに前の方だったけど、最残列じゃなかったはずと。ホールの中に入って、座席の位置が分からなかったので、自分で確認した場所辺りをウロチョロしてたんだけど、ヤッパリ分からなくて、「この席なんですけど...、どこですか?」って聞いてみた。そうしたら、「コチラの席です。」と案内された席は、ホントに最前列だった!意外なところに、surpriseというのもは転がっているものなんだ。ダンナ様と席に座って、「スゴいじゃん、1番前の席だって。」と言われる。ステージからスンゴい近くて、心臓がドキドキしてきた。

 いざ開演になり、ゴスペラーズのメンバーがステージに出て来た。水戸の時から早3ヶ月。ライヴが始まると不思議と思い出してくる。で、最初の曲が終わり、メンバー紹介なんかの時になって、メンバーがホントにアタシの半径1m以内にいる事を自覚する。正面の最前列じゃなくて、左側の方の最前列だったんだけど、コレが結構良かったと思う。アタシの大スキな酒井クンを筆頭に、主に黒沢クンが立ち位置的にいる事が多かったんだけど、次に酒井クンが立つ事が多かった。

 いやぁ...。最前列ってホントに嬉しくてビックリしたんだけど、あまりにも至近距離過ぎて、顔が見たいんだけど恥ずかしくて直視出来ないもどかしさを憶えました。最前列の席に男の人が座っていたのが目立っていたのか、どうも黒沢クンがウチのダンナ様を見ていたような瞬間が何度もあり...。(←まぁ、自分を見てる!っていう錯覚には、誰もがなると思いますが。)でもね、ホントに見てたんだと思うんですよ、見てるな〜って。(笑) 「黒沢クン、ウチのダンナ様見てる?」って思ってアタシが黒沢クンを見ていると、その目線に気付いたのか、今度はアタシと目が合う?みたいな(^^;。ウチのダンナ様も、「黒沢クンさあ、俺の事を見てるんだよねえ。」って言うくらいだったし。そんな場面がライヴの間に何度もあって、いや絶対に見てたんだと思います。(爆)

 ライヴの最中に、何処からともなく、爽やかなグレープフルーツみたいな香りがしてきたんだけど、その香りが感じなくなると、またライヴに夢中になって忘れちゃってたんだけど、後からダンナ様が、「安岡クンだっけ?彼からいい香りがしてきてたね。」と言ってきたので、「あぁ!何かグレープフルーツみたいな爽やかないい香りでしょ?したした!」って、チョット盛り上がって。近くの席だった人、感じました?安岡クンのいい香り♡。前の席って、離れた席とは違った景色や空気を感じられるんだなぁって、実感しちゃいました。MCの話も面白くて、ずっと涙流して笑ってました。北山クンもいつものようにクルクルっと高速(!?)ターンを連発してたり、安岡クンは雨模様になってたし。黒沢クンが「Street Corner Symphony」の時に間違えちゃって、おでこをパチっと叩いてたのも、可愛かったし。

b0032921_0104770.jpg なりきり〜の時には、音程の取れないダンナ様に耳を傾けて、「O.K.!です!」ってな感じで、大スキな酒井クンが親指でサインをしてくれたのを見て、羨ましいような恥ずかしいような。また、黒沢クンが目の前で熱唱しているのをダンナ様が口をポカ〜ンと開けて、誰も拍手をしていないタイミングで、思わず手を叩いて拍手し始めちゃったりと、色んな楽しみを感じられたライヴでした。てっちゃんがMCで、サングラスのフィット感について話してたのを聞いたら、ライヴ中に右の頬を動かしているのを見て、「あぁ、今サングラスの位置を直してるんだ。」とか思って可笑しくて笑っちゃったり、久々にサングラス越しにあの小さな目が見えたりと。ただ、ホントにホントに恥ずかしくて、直視出来ずなアタシ。だって、目の前ですよ!手を伸ばせば届く距離。スキだからホントはもっとチャンと見ていたのに、見られない。完全に目が♡になっていて、恋する少女になってました。(←30過ぎて、何をやってるんだか。)スローな曲の時には夢心地でうっとりしてしまい、「このまま、時が止まればいいのに...。」と、叶わぬ願いを願ったのでした。

アンコールも終わって会場の外に出ると、満開になったばかりの桜が、風に散って飛ばされたのを見て、「あぁ。終わっちゃったんだ...。」と、現実に引き戻され。ウチに帰って来てからも、興奮のせいで、結局朝まで眠れず。次の武道館は、さすがにこんなに至近距離では見られないだろうけど、近過ぎると心臓に良くない(^^;。嬉しいけどね♪。でも武道館も、ホント楽しみです。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-30 05:27 | 「私的」ゴスペラーズ
2007年 03月 29日
予定は未定ということ。
“用意はしてたけどね。”
b0032921_432385.jpg




















 前日の義父母との食事の後には、まだウチに見た事が無い義母だけが来るのが残った。というワケで、昨日はまだ慌ただしい午前中に、義母がやって来た。早めにホテルをチェックアウトして、近くの泉岳寺に行って、その足で電車に乗り、ウチまで来た。予定を沢山詰めている義母は、忙しい。ウチに来てコ1時間程で親戚との待ち合わせの場所へと向かった。

 義母が来るとなってから、ダンナ様と打ち合わせ!?的な事を話していて、「おふくろにコレを出したら、絶対に興味持つから。」と言われ、お茶を出す時にアタシが普段使っているトリオを出せとか、デザートはパティスリーNAOKIのケーキを出そうとか、色々と準備をしていた。ダンナ様を見送って、自転車で急いで買いに行き、部屋の中の掃除は行き届いているか?とか、準備に余念がなかった。まぁ、そんなにうるさい事を言う義母ではなく、どちらかと言えば天然で陽気な義母なので、そんな心配しなくても良かったんだけど、初めてウチに来て、それも嫁のアタシと1対1だったので、それなりに緊張してたり。(笑)

 そんなんで義母から駅に着いたと電話があり、迎えに行く。ウチまでの道を典型的な世間話をしながら歩き、「今日は暖かいですねぇ。」とか、「この天気だと、桜が咲き進みそうですね。」とか話しつつ。納車したばかりの車を義母に見せるのに駐車場に先に連れて行き、そこでパチリとデジカメ撮影する義母。「おとうちゃんに見せないと♪。」とニコニコで言う。

 車を見せて、ドキドキしながらウチのドアを開けて、いざご案内。「汚いですが...。」と一般的で無難な言葉を発し、リビングに通した。「あらぁ。綺麗にしてるじゃないですか。」と言ってくれたけど、どうでしょうか!?(汗) いつもは、こんなんじゃない部屋ですけど(^^;。

 で、そこから準備していたのが全部、『予定は未定って事なのね』となる言葉を掛けてしまったアタシ。あまりにも天気が良く暖かだったので、「お義母さん、飲み物は温かいのにします?冷たいのにしますか?」と言ったのが失敗になる。えーえー。もちろん答えは、「そうねぇ。暖かいから、冷たいのを頂こうかしら。」となった。あー、もう失敗なのですよ。準備していた紅茶ではなくなり、急遽鉄観音のオンザロックで対応するハメに...。それじゃと、デザートを出しておこうと思ったら、今度は義母が、「hanacha3さん。コレ、◯◯(←ダンナ様の妹)がこの前の旅行で買って来たお土産のお饅頭なんだけど、良かったら食べて。」となり、食べずにはいられなくなる。コレでアタシが準備していたデザートもお茶も茶器も、全てが水の泡と化した瞬間でした。(爆)

 義母が持ってきたお饅頭を食べつつ、無言の時間を少しでも減らそうと、とにかく近況を話しまくり、気が付けばもう1時間。「そろそろ出ないと、待ち合わせの時間にアレよねぇ? hanacha3さん。」と言われて、再び義母を駅まで送った。「お義母さん、お気を付けて〜。」と改札で手を振り、終了。何だか色々と準備してた割には、な〜んも出来なかったなと。夜の食事からウチに帰った後も、酔っ払ってとっとと先に寝てしまったダンナ様をよそに、1人でずっと、部屋の片付け具合とかをチェックしてたら、ほとんど寝ない状態で朝になり、義母を見送った後には、ボーっと思考回路がイカれたまんまで街を徘徊。(笑) ウチに着いて気が付けば、手には意味の分からない買い物袋が幾つか。その後やっと、いつもの平穏な部屋で1人。ボーっとしており、お腹も空いたので、結局食べなかったデザートのケーキを頬張る事に。

 買っていたのは、ルーレショコラ。お茶はまったりと、岩茶の九龍袍。大人のしっかりとしたチョコの味が、岩茶と合います。その後は、さすがに疲れてベッドに直行し昼間も憚らずに(←いつもだけど。)爆睡。

b0032921_563055.jpg そして夜にはダンナ様の手に、ミスドのオールドファッション抹茶チョコが。えぇ。徘徊した上に、意味の無い買い物袋に混じって買っていたのです。ウチにケーキがあるっていうのに、ミスドを!アホ過ぎます、アタシ。「hanacha3さん。痩せたんじゃないの?」と言われましたが、お義母さん。コレじゃ、痩せませんよアタシは(^^;。沢山残ったsweets。どうしましょうかねえ。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-29 02:31 | 「お茶」と
2007年 03月 28日
行って来ましたッ! @芝公園
“東京タワーを見上げて。”
b0032921_0163862.jpg





















 実は結婚記念日に行きたかったお店に、今宵やっと行く事が出来ました♪。記念日の10月に予約をしてみようと電話を入れたのですが、生憎席が埋まってしまってて、予約が出来ず。今宵の予約も実は、約2ヶ月前に入れたもの。長かったですね(^^;。

 義理の両親たちを渋谷で待ち合わせをして、タクシーで移動。運転手さんに住所かお店の名前を言えば、分かってもらえると思ってたのですが、どちらも通用せず。(汗) 仕事のトラブルで遅れて来る事になったダンナ様からの電話で、ようやく場所を伝える事が出来て、到着。

 行った先は、芝公園にある『とうふ屋うかい』。義父の退職祝いを兼ねての食事会となりました。6時半に予約を入れたのですが、道路が混雑していて、少し遅れて到着。500席を超える広い2000坪の敷地に、築200年の造り酒屋を移築した建物だそうです。裏口の方からしか見た事が無かったのですが、中から見るとホントに東京タワーの真下にあって、その迫力はモノ凄かったです。あまりにも近過ぎて、一緒にカメラに収まるのも難しいくらいで。かなり広いお店なのですが、年度末なのもあってか、かなりの方が来てました。ほぼ満席に近くぐらいに。

b0032921_1674995.jpg
 今回はコースで頂いてきました。義父母は「雪」で、アタシ達は「月」のコースで。遅れて来るダンナ様を待ち、30分程経ってから食事をスタート。まずは先付の春寄せ蛤(左)に、進肴のあげ田楽(右)から。先付は春の香りが心地良く、薄味で素材の香味を生かした味付け。特にウドが歯触りが良かったです。進肴のあげ田楽は、みんなが美味しいと言って食べた程で、お味噌の甘味があっさりとしつつも、お味噌の風味もあり絶品。お好みでネギを散らします。コレを食べてたら、白いゴハンが欲しくなりました。(笑)
b0032921_1610776.jpg
 次は御造り(左)で地魚となっており、鮪と黒むつ、それともう1種類の3点盛りだったのですが、後は不明(^^;。義父は「これなら函館の方が美味いな。」と言うので、それは当然だと同感。煮物はあいなめの揚げ浸し(右)で、ミョウガの爽やかな香りがまた良く、あいなめもふっくらとしていました。出汁が上品に感じられます。料理が盛られているお皿が、とても場所柄に合い(笑)、義母も「こういうのに入れるのねぇ。」と、感心しておりました。
b0032921_16104723.jpg
 続いて来たのが、八寸(左)と鍋仕立の名物 豆水とうふ(右)です。八寸の内容は、鯛子含煮・生麩ふきみそ・幼鮎揚げ・鮑大根やわらか煮・鱒木の芽寿司・空豆・梅長芋の7品。生麩好きなアタシは、ふにゃぁっとしながら食べ、貝類の嫌いなダンナ様から鮑を頂戴したり♪。アタシは代わりに大根を。この頃から、義父が頼んだ日本酒が仄かに効き始め、デジカメの画像も若干荒れ気味!?になってます。名物と言うくらいの豆水とうふは、コレもお好みで味が薄いようだったらお出汁を掛けてとなってますが、それを使わなくても十分に美味しいお豆腐でした。大豆を煮たものでお豆腐を茹でているそうで、豆のコクもしっかりあって、微かにお出汁の味もあり、このスープだけでもアタシはご飯が食べれそうでした。(←なぜか今回は、美味しさの基準がゴハンになってます。)
b0032921_16113453.jpg
 結構お腹が満たされ始めたアタシ達を他所にして、後少し。焼物の甘鯛桜葉焼き(左)とご飯ものの筍炊き込みご飯・赤出し・香の物(右)。そして突然、WBを変えてたりしてます。義父母もダンナ様も、ダンナ様の妹も、既に満腹になりつつあり、家族全員が早食いで、特に義父は大食漢(!?)なのですが、そのスピードに置いて行かれないようにと、アタシも急いで食べてました。お昼を早めに軽く食べただけだったアタシは、余裕で1人完食!(爆) 甘鯛はこの時期にピッタリの正に春爛漫を感じさせる桜の香りが楽しめ、筍のご飯も美味しかったですよ。義父母の方の「雪」コースには、うかい牛炭火焼が付いてきます。一切れ頂いたのですが、あまり脂がきつくなくて、年配の方でも食べやすいお肉でした。
b0032921_12207.jpg そしてラストに甘味のうぐいす水羊羹で〆です。早食いのダンナ様家族ですが、ココまで食べるのに約2時間。意外にも、ゆっくりした流れでの食事になりました。時計を見ると、9時過ぎになっており、L.O.は8時なのですが、それでも部屋から見える他の個室には、まだ大勢の方々がいて、ゆったりと食事が出来るお店だと感じました。

 食事を終えて、中庭に出ると、義父母もデジカメを持って来てたので、一緒に東京タワーをバックに記念撮影。でも、あんまりにも近過ぎてチャンと入ってるかどうかが心配(^^;。帰るお客さんは、結構記念撮影してましたけどね♪。義父母は宿泊先のホテルへと帰り、アタシ達もタクシーで帰って来たのですが、車中でダンナ様に「幾らだったの?」と聞いたら、ええッ!?と目が眩むような驚く額であり...。(←それじゃ、1ヶ月分の食費じゃんみたいな。)まぁ。凡その事は分かってたし、払ったのはダンナ様だったので、「まっ、いいか。」と。何はともあれ、今宵もご馳走様でした♪。あー、あげ田楽がまた食べたい。

b0032921_0215411.jpg

・本日のお店
とうふ屋うかい 東京芝店
東京都港区芝公園4-4-13
Tel 03-3436-1028
定休日 無休





にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆


とうふ屋うかい 東京芝店(懐石・会席料理 / 赤羽橋、芝公園、御成門)
★★★★ 4.0


Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-28 00:14 | goes out to eat
2007年 03月 27日
NAOKI三昧で。〜多分その1〜
 昨日UPしておいたケーキの他に買ってたものを、ご紹介。っていうか、連日色々と準備やら何やらで、既にヘトヘト気味なので、昨夜も速効で爆睡してた(^^;。ゴハン食べてお茶飲んだら、もうウトウトと始まり、お風呂なんぞ入ったら、起きてる事が耐えられず...。アタシにしては、珍しい兆候となりました。
b0032921_4312161.jpg
 ムース・オ・フィグ・ヴァンルージュ(左)と、パティスリーNAOKIで多分1番人気があると思う、ゆうたんのおやつ(右)です。ヤッパリこちらも手の平サイズと、食べやすい大きさ。ムース・オ・フィグの方は、フィグと書いてあったので、つい購入。(笑) 食べてみるとフィグは上に乗ってる程度で味はあまりせず、実際には紅茶味のケーキです。が、説明では、黒いちじくのムースに、ブルゴーニュワインが何たら...とありました。(汗) アタシにはその風味が分からず仕舞でしたが...。一番下の部分に茶葉は入っていて、程よく香りムースの味わいが軽くて美味しかったです。そして甘さ控え目。(←コレは重要。) ゆうたんのおやつは初めて食べたんだけど、Pastelのなめらかプリンのような柔らかいプリンで、バニラビーンズが贅沢に使われてました。あちらよりはコクのある感じです。明日は早々に義母が来るので、ココのケーキでお茶を出そうと思ってます。近いし(^^;。

 ちなみにお茶は紅茶ではなく、この日も海風號の金鉄で。だって、スキなんだもん♪

 今日は夕方から食事です。義理の両親との食事なのに、カメラ持参で参ります。(笑) アホな嫁だと思われそう。



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆
Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-27 13:31 | 「お茶」と
2007年 03月 26日
既にヘトヘト。
 昨日は車の納車をした後、渋谷と青山に立ち寄り、明日義理の両親がコチラに来るので、お祝いのプレゼント等を買った。義父が先日大学を退職したのだが、学会があるのでやって来るついでに、義母も一緒に来るのです。なので、お祝いを兼ねて夕方から食事の予定があり、次の日には、まだウチを見た事が無い義母が遊びに来ます。そんなワケで、汚いウチ中を片付けやら掃除やらしなければならず...。(←普段からやっていれば、何の事もないのに。) ウチに帰ってからも、しなくちゃいけない事があったのに、体は動かず。ダルさが勢い良く駆け巡りました(^^;。

b0032921_16183364.jpg ウチに帰る途中で、代わったばかりの車にガソリンがあまり入って無かったので、スタンドで補給している間、スグ近くにあるパティスリーNAOKIへ。何かもう、ヘトヘトのグダグダ感でいっぱいで、疲労をどうにかしてヤル気に変えたくなったからかも知れない。お会計を済ませてケーキを受け取ると、すっかり様変わりしていたお店のショッパーのデザイン。百貨店に出店するようになったからなのかなぁ?前のクラシカルなデザインじゃなくて、割と今どきっぽいデザインになってました。自分のヤル気を出したかったという理由もあったのですが、義母が遊びに来るので、何をお菓子に出そうかと思っていたのも、理由の1つだと追記しておきます。(笑)
b0032921_15395640.jpg
 買って来たのは、ジャージー(左)とクレーム・キャラメル(右)と、他に数点。(笑) 小さめのサイズなので、2コは全然余裕ですけど。相変わらず甘さ控え目の上品でしっかりした味わいのケーキ達でした。ジャージーの方は、クリームにコクがあり、口に入れると香りがとっても豊かに感じます。クレーム・キャラメルは、見た目はプリンですけど、まぁほぼプリン的です。(汗)

b0032921_16474183.jpg 紅茶を飲みたかったので、久々に楽人居の銀芽シ眞紅工夫(禮品)を淹れてみました。少しだけ薄めに淹れてみたりして、バランスを取るように。ちなみに最近また、調子が今ひとつな状態なので、それも考慮しつつ。する事が山積みの中で、この時間だけが、のんびり過ごせてるように思います。これからまた、準備の時間に戻ります。あー、現実逃避したい気分。ダンナ様の両親に会うのは、全然全く平気なんだけど、片付けだけがイヤなんだよねぇ。主婦失格ですよ。(←片付けるのって、ホント苦手。)



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-26 14:11 | 「お茶」と
2007年 03月 25日
I'll become busy.
“CAFEで一休み”
b0032921_18532928.jpg


















午後から車の納車となり、ディーラーに行って来た。
ダンナ様が「車を買い替える」と言ってから、たった3週間。
アッと言う間に納車となる。
呆れてモノが言えないというか、そういう時だけ腰が軽い。(笑)
生憎の雨模様で、担当の人も苦笑いしてた。

今までの車とサヨナラして、ウチに帰って来ると別の車になってるのは、
些か変な気持ちだ。

途中、渋谷で買い物をして、
慣れない車を降りて、
新しく出来た青山のカフェでお茶にした。

お腹が空いたので、
冷たいジャスミンティーと、
焼きバナナとシナモントースト(!?)をオーダー。
雨が降ってヤケに湿度が高く蒸し暑かったので、
冷たいお茶は、心地良い。

明日から怒濤の1週間が始まると思うと、
体がダルい。
火曜日の義理の両親との会食から始まり、
週末まで予定がギッシリ。
何でいつもは暇なのに予定が1コでも入ると、
アタシの予定を知っているかのように、
誰かれ予定を入れて、と連絡が来る。
アタシは体が1コしかない。
そんなに動けませんよ(^^;。



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ最後まで読んだら、ポチっと☆

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-25 15:51 | 「お茶」と
2007年 03月 24日
So many...
b0032921_3401394.jpg
















チョットした名言を、昨夜聞いた。
『僕らの音楽』を見ていた時に、
ミスチルの櫻井さんと対談していた阿木燿子が、
言っていたひと言。

『致死量に至らない、毒を入れる』

山口百恵の歌っていた『プレイバックPart.2』も、
言われてみれば確かに、そんな感じのスパイスというか、
毒がある。

言葉って、とっても目には見えない不思議な魅力を持っている。
ミスチルの櫻井さんの書く詩の世界は、
きっと日本人にしか理解出来ないと思う歌詞だし。
あれを英語とかに訳して歌ってしまうと、
多分本当の意味が伝わらない気がする。

古典の授業で習ったような言葉を、
今の言葉に置き換えてしまうと、
その感情や風情が伝わらないように。

日本語は、その独特の言葉だからこそ、
素敵な言葉なんだと思う。
たった1つの言葉でも、そこから広がる意味がある。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-24 02:37 | 「私的」語り言
2007年 03月 23日
穏やかでありたい。
“曇り時々雨”
b0032921_411373.jpg

















昨日は途中から、例の睡魔がやって来て、
凄まじく眠くなった。
夕方になると、記憶は殆ど無い。
ソファーの上で気付けば寝てしまい、
目が覚めてみれば、TVで世界フィギュアがやってた。

その後、ダンナ様との連絡がタイミングが悪くて取れず、
イラッとして久々に軽いケンカとなる。(笑)

何とか手早く食事を作り、
ホッと一息のお茶。
今宵は、海風號の金奨鉄観音を。

嗚呼、穏やかな人でありたい。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-23 02:57 | 「お茶」と
2007年 03月 22日
春ですね。
“Christmas rose.”
b0032921_21212.jpg















 毎年バラの他に、幾つか別の花を育ててみようと思って買ってみるんだけど、なぜかバラ程は育ってくれなくて、遭えなく撃沈してダメにしてしまう。その代表格の花にクレマチスがあるんだけど、なぜかウチでは蕾までは付けてくれるけど、その前に酷いウドンコ病とかになっちゃって...。

 クレマチスとバラって、バラ好きさんの間では、もはや定番的な存在の組合わせで、とっても素敵なんだけど、アタシには向いてないのか、微笑んでくれない。それならば!とまたもや一念発起してチャレンジするのが、クリスマスローズ。クレマチスだと剪定するのに種類によって様々なのが、アタシには面倒というか難しくて、とっても理解しずらい。それならば寒い冬から春にかけて咲いてくれるクリスマスローズだ!って思って。クリスマスローズって、開花株なんか購入したら、バラが一体何鉢分の苗が買えるんだろうって思うくらい、1鉢が高い花。それでも毎年株が大きくなるし、毎年同じ花が咲くとは限らない不思議な花でもある。花と思われてる部分は萼(がく)なんだけども、それの美しさと花持ちの良さに惹かれて買ってみた。

 まずは手始めにと、大盤振舞い的に開花株を。ピンクのダブルのクリスマスローズ。様子を見ながら、少しずつ研究せねば..。下を向いて儚げに咲いているクリスマスローズは、上手く育ってくれれば良いなぁっていう、希望に満ち溢れた1枚から。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-03-22 01:58 | 「お花」と
| ページトップ |