※トラックバック・コメントされる方へ。
お手数ですがトラブル回避の為、初めて当ブログにTBされる方は、コメント欄にも書き込みをお願い致します。
書き込みが無くエントリーと無関係な場合や商用目的と思われる場合のTB、またはコメントに関しても、大変申し訳ありませんが削除させて頂く事がありますので、何卒ご了承下さい。
2007年 12月 11日
自然な成り行き
b0032921_2362643.jpg

















 頭の中で、ほんの少しだけ予想(予測)していたのだけど、ダンナ様が早く帰宅したので、急いで夕食の準備をした。作って食べ終わって気が付いたのが、最近よく、ダンナ様が食器の後片付けをしてくれてるという事。別にアタシから頼むワケではないけれど、後片付けをするのと引き換えに、「お茶、淹れて。」と言われる。それを言われるのが、アタシもおおかた想像が付くので、自然とお茶を淹れる準備に取り掛かる。準備って言っても、自分が飲みたいお茶を出して、茶壺を温めて、茶杯に注ぐだけの事だけど。

 この事の流れって、とても自然な成り行きと言うか、動きを示す線の引き方に余分なものが無いような気がした。それは真っ直ぐなラインでもあり、何本もの放物線でもあり、1日の最後に到着する場所みたいな感じ。お茶で締めくくる事が、生活に馴染んできたかのような。何だか妙に安心出来て、居心地のいい時間だと思う。

 そんな心が温まるお茶に、今宵はFormosa Tea Connection福壽山烏龍茶で。「まだあるんかい!」って突っ込まれるかも知れないけど、残り2回分かな?って程だけあった。最後の1回はいつも、アタシが1人で飲む為のもの。多分このお茶を、もうメオトで飲む事は無いと思う。スキなものは、最後に取っておくタイプのアタシ。スキなお茶の最後は、自分で占めたい。

人気blogランキング参加中!

最後まで読んだら、押してネ☆。

Top▲ | by hanacha3 | 2007-12-11 02:34 | 「お茶」と
<< 我慢が出来ない。 | ページトップ | 鬱蒼と。 >>